さよなら子供たち (1987年)

d0235336_233753.jpg  
  
時代背景のたまらなくノスタルジックな、ルイ・マル監督の半自伝的、晩年の佳作。

ナチス占領下のフランス、カトリック寄宿学校に疎開しているジュリアンは、転入してきたボネと友情を育むが、彼は収容所送りを免れるため名前を変えたユダヤ人だった―。


寄宿学校ならではの静謐のなかで、四六時中生活を共にする少年たちの、いたずらや腕白の日々がとても瑞々しい。
ドイツ兵が街を横行しても、空襲警報に脅かされるくらいで、大人たちほど悲観的に暮らしていない元気な子供たちに、飾らない良さをいっぱいかんじる。

いまだに親元を離れて寂しいジュリアンと、なにやらワケありの転入生ボネは、さいしょ、お互いを意識しあいながらも、相手の様子を窺うていどの仲だった。
なんでもできるボネにライバル心を抱きつつ、プロテスタントだという彼の変わった行動が気になるジュリアンだったが、いつしか、ふたりの間には言葉にならない純粋な友情が芽生えていく。

素材そのまま、見事なまでにさりげなく、激動の時代のなかでジュリアンが経験する、初めての深い友情と別れが描かれている。

d0235336_22255221.jpgd0235336_22302554.jpg







裕福で優しい母親のいるジュリアンと、ひとりぼっちのボネ。ボネは素性を隠した自分の運命をどこか諦観してるようなところがあって、ついにゲシュタポに連行されていく段になっても、いつもとおなじ表情を崩さない。
涙を流すのはジュリアンばかりで、その淡々とした演出がたまらない。
ふたりは互いの愛読本を交換して、さよならをする。当然、ボネの未来にあるのは“死”だけれど、あくまでドライに閉じる幕切れが素晴らしかった。粉飾なしの切なさは、なにものにも代えがたい。
d0235336_22304928.jpg
















ルイ・マル作品はまだあまり知らないけれど、『地下鉄のザジ』や『死刑台のエレベーター』が記憶に新しい。それぞれ趣向が違っていておもしろい。
はじめてのルイ・マル作品は、忘れもしない萎え映画『ダメージ』で・・・・こちらは好きになれなかった。以後しばらくは、マル監督に変な先入観を抱いていたものだった。

                                    (103min/フランス=西ドイツ)
[PR]
by haru733 | 2012-12-13 00:00 | フランス映画 | Comments(2)
Commented by リラ at 2012-12-15 16:41 x
haruさん、こんにちは。
大変ご無沙汰してます。

この映画は、子供たちのあまり感情を表さない中に、だから余計に悲しみを感じて、観た後涙が止まらずに心の中にぽっかりと穴が開いたような感じにさせられました。
佳い映画でしたね。
Commented by haru733 at 2012-12-16 09:03
リラさん、こんにちは。
ご無沙汰しています。慌ただしい日々、すこし落ち着きましたか。

少年たちの感情を抑えた表情が、なおさら悲しくさせましたね。
戦争が生んだ悲劇を、別の角度からあらためて見た思いでした。
忘れられない佳作です。


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目