インターステラー (2014年) 新しい地平へ

d0235336_14102421.jpg

 『2001年宇宙の旅』以来の革新的な世界観。宇宙物理学を駆使した内容は、コンパクトに表現することさえ私には難しい。いつかお気に入りだったN○Kの科学番組を思い出しつつ、未知の観念と圧倒的なビジュアルに興奮する3時間。
砂嵐が町を襲う、終焉間近の冒頭から、もうずっと目を逸らせない。家族の未来を救うため、宇宙船の乗組員となった元パイロットのクーパー(マシュー・マコノヒー)は、いつ帰還できるともしれない旅に出る。
時は重力の影響下、クルーに流れる時間は、地球のものとは違う。愛する家族は、残り時間わずかな地球で、ただただ任務の成功を願い、失望し、祈り、信じることしかできない―

NASAの登場、宇宙空間の静寂、巨大ブラックホール”ガルガンチュア”の造形、5次元空間。あらゆる展開とビジュアルが目を見張るおもしろさ。
SF映画の金字塔『2001年宇宙の旅』は神で、2001年を越す作品はとうてい出ないとしても、本編がすばらしいのは、フィルム撮影にこだわり、CGを極力廃して作り上げた見事なリアリティ。同時に秀逸な人間ドラマまで描きながら、エンタテイメント大作である万能ぶり。
画面の中心は壮大な宇宙空間で、人も宇宙船も、端っこに頼りなくちっぽけに存在させる、ミクロでありマクロである、人と愛の有り様を巧みに描きとる。
d0235336_14103195.jpg
d0235336_14103858.jpg

 穏やかな夜に身を任せるな
 日暮れに老いても、燃やせ
 消え行く光に向かって 怒れ、怒れ


イギリスの詩人ディラン・マーレイス・トマスの詩の一遍が印象的。
21世紀になっても、宇宙にある物質で解明されているのは、全体のわずか5パーセントにすぎない。それでも私たちは、宇宙への情熱を忘れ、夜空を見上げるより進化した手元のスマホばかりを見ている、とノーラン監督は言う。主人公クーパーも言っていた。「昔の人はもっと空を見上げていたものだ」と。
アメリカの月面着陸は捏造―そんな黒歴史まで動員して、ノーラン監督が描きたかったのは、意識を外へ外へ、未知なる宇宙に向かって人類は進化していかなければならない、ということなのだそうだ。

時空を越える作品にロマンはつき物。伏線の多用されたドラマチックな不可思議ストーリーと、立派な科学者へ成長する娘との確執と絆に涙した。
これまで、『インセプション』も『ダークナイト』も、熱狂するほどではなく、ここに感想を認めることさえしてこなかったのに、クリストファー・ノーラン監督はやはりすごかった。と同時に、いかにキューブリックの『2001年宇宙の旅』がずーっと先をいっていたか、ひれ伏したいおもい。しかし、HALという恐るべき人工知能もさることながら、本編の変形式モノリス形ロボは、最高に使えて、最高にシュールに動く。

 劇的な環境変化によって、寿命が尽きかけている未来の地球。新たに発見された宇宙のワームホールを利用し、居住可能な新たな惑星を探すという、生きて帰れるかわからない重大な使命を担う壮大な旅に、まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男(マシュー・マコノヒー)と、数少ないクルーが選ばれる。人類の限界を超え、不可能にも思える史上最大のミッションのため、前人未到の未開の地へ旅立った一行は、自らの使命を全うし、愛する家族の元へと生還することができるのか……。 (goo映画より) 

 (169min)
[PR]
by haru733 | 2014-12-02 18:08 | アメリカ映画 | Comments(2)
Commented by kanae at 2014-12-02 21:00 x
よかったのですねー
私も近いうちに!
楽しみです。

それにしても今日は寒かったですね。
Commented by haru733 at 2014-12-02 21:35
こんばんは。手放しにおもしろかったです。
始まりからワクワク。
銀河系を飛び越えるそのスケールの大きさといったら。CGを使わない作品はいいものですね。

流石にマイナスの気温は冬ですねー。わたしは車で劇場へ出掛けたのでした。


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目