大阪*京都旅 京都篇

d0235336_11102051.jpg

 夕方、JRの車窓を眺めながら京都駅に到着。タクシーでホテルへ。チェックインを済ませて、この夜は四条の辺りをぶらぶら歩いて、創作つけ麺をいただいて、ホテルで晩酌して眠りました。

翌朝は早くから出発。一日バス乗車券をフルに使って、まずは嵐山方面へ。竹林を歩くのは、生まれて初めての経験でした。
ついでに世界文化遺産の庭園のある天龍寺へ。

小雨が降りしきるなかを、コートのフードかぶってしのぎながら見学。いかにも日本らしい美しい景観に見惚れました。大方丈と書院は広々していて、歩きまわりながら更にお庭を愛でるひと時。
d0235336_11105641.jpg
d0235336_11112493.jpg
d0235336_11114747.jpg

d0235336_1195099.jpg

渡月橋を渡って散策したら、一路、金閣寺へ。路線バスの旅ふたたび。

神社仏閣は数あれど、だれもがおもわず感動詞をもらしていた金閣寺は、格別ではないでしょうか。
三島由紀夫の原作と映画が好きで、ずっと念願だった金閣寺です。まっすぐ感動詞が出ます。近づくとプラモデルみたいだけど。臨済宗のお寺で、ほんとは鹿苑寺(ろくおんじ)というのだそうです。
d0235336_1112517.jpg
d0235336_11122853.jpg

d0235336_16205632.jpg

ここのお庭が、とてもすばらしかったのです。天龍寺もそう、たくさんの人が手をかけて維持されています。
昔ながらの姿で働く女性たちの姿が、自然に溶け込んでうつくしい庭です。



バスを乗り継いで、つぎは叡山電車で一乗寺へ。こだわりの本屋さん恵文社へ行きたいというのは、わたしの希望。
想像していたより、広くて、ごみごみしておらず、正直言って鳥肌が立つようではなかったです。古書が少なかったのもあるかな。こんどは、標本とか剥製とか何でもあるDARWIN ROOMへ行ってみたいものです。

こちらでは、ずっと読みたかった種村季弘さんの『雨の日はソファで散歩』、ちくま文庫版やら、恵文社エコバッグやら、コーヒー豆缶など購いました。
d0235336_11132339.jpg
d0235336_1114113.jpg

旅に持ってきたのは、積んである少ない文庫のなかから選んだ、西田幾太郎さんの『善の研究』でした。もうひとつの三浦綾子さんでは、旅に似合わないもの。だけど西田幾太郎さんは小難しくて、ちっとも頭に入らず、、この夜から、『雨の日はソファで散歩』が旅のお供。すごくおもしろい。
先日観た『ヨコハマメリー』に登場する、根岸家について書かれたエッセイはまさにタイムリーで興味津々。すてきだなと思っていた装丁は、クラフト・エヴィング商會によるものでした。

ついでに、旅先のヘンテコ写真集。鴨川にいた弥次さん喜多さんと、芸術家が作った魔除けの像。
d0235336_11142986.jpg

d0235336_1114516.jpg




この日、最後の寺院は清水寺。20年前に修学旅行で行った感慨をまだ覚えている場所です。忘れたからまた行きたい、と言うのは家人の希望。一番の観光名所でごった返す清水の舞台。
d0235336_11153724.jpg
d0235336_11152311.jpg

寺社を訪れるたび、おみくじを引きつづけていた息子氏が、ここにきて凶を引き当てるのでした。
見慣れない凶の字。不穏です。

帰り道、ちょうど暮れはじめた坂の景色が美しい。明かりが灯りはじめて、ここからは、夜の祇園を散歩しながら帰りました。舞妓はんには出会えなかったけれど。

d0235336_11163153.jpg
d0235336_11164560.jpg






d0235336_11171444.jpg
d0235336_11172934.jpg

d0235336_11174661.jpg

最終日。寺はもういいと言う声が聞こえてくるけど、最後の寺へ。みうらじゅん氏おすすめの仏像曼荼羅に期待が膨らみます。京都駅から程近い東寺は真言密教のお寺。ゆいいつ予習して行ったところでした。
講堂、金堂、食堂が見学でき、こちらも否応なく感動詞連発。そして魅入るばかり。
講堂の立体曼荼羅。大日如来坐像の大光背の37つの化仏像を、観れてうれしい。人々の信仰を集めたり、畏怖されたり。アイドル視されるというのも頷ける仏像の魅力にあらためて触れました。
なんとこの日、日本一の大きさを誇る五重塔が拝観期間にはいったというのです。やったー。
外からみるより狭く感じる内部は、こちらも密教の曼荼羅空間を形成していました。
d0235336_1116594.jpg

そうして東寺まで来て、息子氏はまたも凶を引き当てるのでした。



それにしても、大阪と京都はほんとうに違っていました。大阪は人が気安くて、ご飯がおいしくて、ちょっと柄の悪い人が多かった。京都は、おしゃれな人と美人と細面のイケメンが多くて、とっつきにい人が多かった。あくまでも第一印象ですが。
それでは北海道人は、旅人にどう映っているのだろう。そんなことおもいながら帰路につくころ。新千歳空港はまたも大雪で、着陸できずに引き返すかもしれないという…
津軽海峡の上を旋回すること1時間。なんとか除雪が完了して千歳に降り立つことができました。リスクいっぱいの冬の旅が無事に終わっていきます。


                                                       おしまい

[PR]
by haru733 | 2015-01-12 18:04 | 旅行 | Comments(2)
Commented by kanae at 2015-01-14 19:51 x
おかえりなさいませ。
無事飛行機も飛んだようで良かった!
良い旅だったのですねー。
お寺が沢山!
京都は修学旅行で行ったきりですが、いつかまた訪れてみたいな。
ハリーポッターもかなり気になります(笑
お土産、今日楽しくいただきましたよー。
ごちそうさまでした。
Commented by haru733 at 2015-01-15 21:24
あのシチュエーションで飛行したのは幸運でした。いつでも旅は楽しいです。
北海道にいると、仏閣や仏像や歴史的建造物に常に飢えてしまいます。近くにあったら、きっとたくさん通うのでしょうねー

アンチ、ディズニーランドのくせ、またUSJなら行きたいです。


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目