カテゴリ:ノルウェー映画( 2 )

孤島の王 (2010年) 人は誰でも王になれる

d0235336_23235997.jpg

 1900年から1970年までノルウェーの孤島“バストイ”に実在した少年矯正施設を舞台に、矯正という名の非人道的な虐待の実態と、極限の状況下で繰り広げられる少年たちの心の葛藤、そして脱走計画の顛末を、力強い映像でサスペンスフルに描く―。 (allcinema)

極寒の孤島、1915年に実際に起こったという命懸けの反乱と脱走は、観客をも凍えさせて、ドキドキと息をつかせなかった。
“バストイ”に新たに送られてきた札付きの悪エーリングは、その日からC-19と呼ばれる。室長としてエーリングをサポートするのは、出所目前の優等生オーラヴ/C-1だ。ふたりの間には徐々に友情とよべるものが芽生えていくのだが....。

エーリングは島に来てすぐ当たり前に脱出を考えている。暴力と罰を恐れてすっかり飼い慣らされた施設の面々とは、一線を画す強靭さ。とばっちりを恐れるオーラヴは、自分が出所するまで決行を待つよう頼むのだが.....かくも男の友情はあっさり裏切ってしまえるドライさが魅力なわけで、エーリングもまたさっさと脱走を成功させて孤島に大波乱を巻き起こすのだった。
d0235336_23234697.jpg
d0235336_23235281.jpg

物語は、逃げたエーリングが捕えられ、再び島に戻されてから際立つ。少年たちは彼のガッツに触発される形で、体制に反発しはじめ、最悪の結果へとひた走っていく。
理不尽な暴力にも過度な罰則にも立ち向かう、エーリングという反骨分子が投入された孤島の集団は、数では優に勝る勢いで、院長以下非人道的な寮長らをじわじわと追い詰めていくのだった。

おもしろいのは、はじめから無骨で問題児のエーリングが、生来誠実な男であると分かりはじめることと、同時に、優等生オーラヴが、恵まれない家庭環境で育った底知れない闇と、良心に裏打ちされた怒りを発露する件かもしれない。
オーラヴがどうしても許せなかったのは、寮長ブローテンによる新入りC5への性的虐待の事実だった。エーリングとの出会いで、無事島を出て行くことしか考えられなくなっていた自分の卑怯さに気づくオーラヴだったが、意を決しての告発は、院長に脅され握りつぶされてしまう....ここから彼の理性は一気に揺らぎ、鬼気迫る報復の化身となっていく。

“バストイ”にいる彼らはもちろん理由あってここにいる、この反乱はたしかに行き過ぎなのかもしれない。
それでも、投入された軍隊の追っ手を振り切って、ゆいいつ島から逃れたエーリングとオーラヴが迎える悲劇的な結末だけは、苦しくて助けてあげたくて仕方がなかった。
これが南国の出来事ならまたちがう。逃げる=死と直結した大地、ノルウェーの孤島という極地で起こっていることに意味がある。
たとえばアキ・カウリスマキ作品はだいすきだけれど、主人公たちの、なにも持たない着の身着のままの人生が素晴らしくおもえるのは、やはり極寒の地にあってこそ。うららかな南国で身一つなのとは大いにちがう。北国の映画が好きなワケはそんなところにもある。

身も凍る寒さと凛とした美しさのなかで繰り広げられる暴動の顛末は、たしかなカタルシス。エンディングには当時の“バストイ”を撮影したモノクロフィルムがながれる。事実は重たい。

(監督 マリウス・ホルスト /117min /ノルウェー=フランス=スウェーデン=ポーランド合作)
[PR]
by haru733 | 2013-02-12 00:00 | ノルウェー映画 | Comments(0)

クリスマスのその夜に (2010年)

d0235336_2320448.jpg
 クリスマスに封切になった本作も、札幌では只いま上映中。

フィンランドにアキ・カウリスマキありなら、ノルウェーにはこのベント・ハーメルあり!
どこか浮世離れした脱力系の裏に鎮座する香り高い哀愁、ユーモラスなドラマを紡ぐ北欧の個性派だとおもう。
(あらすじ) だれもが特別な夜を過ごしているクリスマス。ここはノルウェーの小さな町、妻に家を追い出されたパウル、急病人の手当てに駆り出される医師クヌート、その彼が出会ったコソボ出身のカップルの出産、イスラム教徒の女の子に恋する少年トマス、クリスマスだというのに故郷に帰る電車賃もないヨルダン・・・・。それぞれに孤独や悩みを抱えた人々が織りなす悲喜こもごも。
この夜、ささやなかな一歩を踏み出していく、愛すべきヘンな人たちの物語は、どうしたっていとおしい。夜空に輝くオーロラが一夜の希望を照らして、しっぽりとした感動に包まれた。身の回りの余計なものぜんぶ捨てて身軽になりたくなる――そんな凍える町のあったかい群像劇だった。
ハーメル作品は、『キッチン・ストーリー』『酔いどれ詩人になるまえに』『ホルテンさんのはじめての冒険』など、どれもとても好きです。



(85min/ノルウェー=ドイツ=スウェーデン)


 
[PR]
by haru733 | 2012-02-03 09:12 | ノルウェー映画 | Comments(0)


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本と食の工房 O塾
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目