カテゴリ:カナダ映画( 3 )

わたしはロランス (2012年) 愛がすべてを変えてくれたらいいのに 

d0235336_1447462.jpg

 はじめてのグザヴィエ・ドラン監督作は、ものすごくおもしろいものだった。
たとえば、ジョン・キャメロン・ミッチェル氏やペドロ・アルモドバル氏の作品をはじめて観たときと似てる。
カラフルで、ちょっと奇妙で可笑しくて、感性豊かで、ゲイであることを告白した監督にしか描けない世界。
倒錯した性のあり方は歪だけれど、他にはない、人生を生きる深い切なさで満ちている。

カナダ・モントリオール。国語教師をしながら小説を書いているロランス(メルヴィル・プポー)は、30歳の誕生日を迎え、交際相手のフレッド(スザンヌ・クレマン)にある告白をする。それは、かねてから女性になりたいと思っていたということだった。
ショックを受けたフレッドは、一度は非難しながらも、かけがえのない存在であるロランスを失うのを恐れて、良き理解者となることを決意する。やがて、偏見から職場を解雇されたロランスに、追い討ちをかけるように、フレッドの浮気が告げられるのだが―。

フレッドの不満や不安や孤独をおもえば、他の男と全うな道を探る気持ちはよくわかる。もう若いとはいえない歳頃の感覚が、当時23歳のドラン監督には手に取るようにわかって、描けてしまうらしい。
同時に、カミングアウトしたあと、偏見ひどい田舎町を離れ、外国で作家として成功していくロランスは、ゲイとなった人特有の生きる強さを纏っていく。
ゲイの方たちがとことん傷つき悩んだ末、身につけるらしい堂々たる生き様を、わたしはすごいとおもっていて、人生を達観できる能力は、ただの男よりもただの女よりも、ずっと優れていると感じずにいれない。うらやましいほど。
もともとイケメンであったメルヴィル・プポー氏が、皺の目立ちはじめた顔に化粧して、女装姿で凛としているだけで不思議と胸を震わせる。そして、フレッド役のスザンヌ・クレマンの存在感がまたすごいのだ。

鮮やかな色使いで、どのカットもとても美しい。何度もアップで映し出される、感情丸出しのふたりがあまりに魅力的だ。目に焼きつく絵になる場面を切り取って、繋げて、時間軸を遊んだテンポのよい作品は、さいごまで引き込まれたままだった。

恋人で、家族で、親友だった、ロランスとフレッド。ふたりは、ロランスの告白を境に、偏見と好奇の目に晒され、求めるものが違っては離れ離れになる。それでも、別れたあとも想い続けて、再会を果たすとき。
もう互いの元へ戻ることはないと知れる、微かな心のズレが切なさを醸し出した。
そうしてドラン監督は、ふたりが出会った瞬間へ、一気に引き戻す....憎らしいラストカットだった。

 (168min/カナダ=フランス合作)
[PR]
by haru733 | 2015-03-06 12:41 | カナダ映画 | Comments(0)

灼熱の魂 (2010年)

 
d0235336_20302581.jpg
 至高のミステリーとして話題を呼び各方面で絶賛された、過酷なエンタテイメント。
『お母さん、あなたが生き続けた理由を教えてください』――母に秘められた過去が、胸を揺さぶる。

 (あらすじ) 初老の中東系カナダ人女性ナワル・マルワンは、ずっと世間に背を向けるようにして生き、双子の子どもたち、ジャンヌとシモンにも心を開くことがなかった。そんな普通とは違った母は、謎めいた遺言と二通の手紙を残してこの世を去る。手紙は、二人が存在すら知らされていなかった兄と父親に宛てられたもので、遺言に導かれ初めて母の祖国の地を踏んだ姉弟は、その数奇な人生と、自らの出生の秘密、家族の宿命にはじめて向き合っていく――。

d0235336_20304059.jpg
 
宗教や宗派間による対立が火種となった内戦で、母親は何度も命を落としそうになりながら生き延びた。許されない恋というのはどこにでもあるけれど、その恋が、死やそれ以上の悲劇を引き寄せるなんて、わたしには到底理解できない世界。殺し合う宗教って、いったいなんなのだろう。
母親が背を向けたのは、世間だけじゃなく、子どもたちに対してもだった。姉のジャンヌは、いち早く中東の祖国へ兄を探す旅に出るけれど、弟シモンはカナダに留まる。まともではなかった母に反抗していたらしいシモンの態度が、たくさんを物語っている。
母の過去を知らずに育った双子の姉弟たちにしても、長男、父親にしても、驚愕の結末を突き付けられて、それでも生きていかなくてはいけない彼らが気の毒でしかたがない。このわだかまりはそういうところから来ている。果たして母に愛はあったのか・・・それさえわからなくなってしまった。
遺言どおり手紙は届けられ、母親の真意が明かされるラスト。結末に納得して劇場を出たはずなのに、時が経つにつれて、更なるわだかまりを憶えるのも事実。

レバノン出身の劇作家原作らしく、内戦の悲劇を扱った、先のよめないエンタテイメントは、あくまでも娯楽である良質のミステリーだった。回想と現実を行き来しながら、抉られるような痛みと恐怖を味わえる。

(監督・脚本 ドゥニ・ヴィルヌーヴ/131min/カナダ=フランス)
[PR]
by haru733 | 2012-03-30 23:20 | カナダ映画 | Comments(0)

レッド・バイオリン (1998年)

d0235336_2132557.jpg
 伝説の名器“レッド・バイオリン”に魅せられた、さまざまな人々の波乱に満ちた運命を描いたドラマ。1挺のバイオリンをめぐり、17世紀のイタリアからオーストラリア、イギリス、中国、そして現代のカナダまで壮大な物語を紡ぐ―

 手にした者が数奇な運命を辿る曰く付きのレッド・バイオリン。1681年のイタリア、出産で妻子を失った悲しみから、職人ブソッティ(カルロ・セッテ)が生み出したその赤いバイオリンは、何年にも渡り様々な人間の運命を翻弄します。そして現代―モントリオールでオークションに出品されるのです。
時間軸の交差や、サスペンスの趣は、2時間を越える物語に起伏を与えていて好感持てます。過去と現在を行き来する構成が、作品に深みを与えていく。

物語の軸となるのはレッドバイオリンを作った職人と、お腹の大きなその妻。臨月を迎えた妻は、使用人にお腹の子の未来を占わせます。タロットカードに出た未来予想図が、一枚めくるごとに、後々のバイオリンの持ち主の運命にシンクロしていくという、とても不思議なお話。
はたして持ち主たちは、難産で死んだ妻の生まれ変わりだったのか....不思議な占いを数百年に渡って体現したのは、持ち主たちだけじゃなくレッドバイオリンも同じ。妻の魂は、バイオリンに宿っていたということなのでしょうか....ややわかりにくさが残りました。

現代のシーンでも、様々な人間ドラマがあります。鑑定の仕事を受け持ったモリスもそのひとり。 レッド・バイオリンが辿った数奇な運命とその赤の意味を知り、すっかり虜になったモリスは、自らが手に入れることしか考えられなくなってしまいます。犯罪に手を染めてまでも…。
ここで、さらにひとつ、持ち主の運命を狂わせて、モリスの手に落ちるレッドバイオリンだが―。

d0235336_21315076.png

‘何故、赤なのか’
その秘密を知った時、ぞくっとします。修道院の少年、音楽家、上海の革命家、音楽教師....。それぞれの運命にも、5カ国を渡る壮大な物語にも惹かれるものがありました。ただ題材とスケールのわりには、残るものが少なかったという感想。

バイオリンの音色は文句なしに美しいです。はじめの持ち主である、天才少年カスパーを演じたクリストフ・コンツェの演奏シーンに注目。音は吹き替えているのかもしれませんが、演奏する姿は本物にみえました。
フランソワ・ジラール監督に次回作がないのは残念。


監督  フランソワ・ジラール
製作  ニヴ・フィックマン
脚本  ドン・マッケラー  フランソワ・ジラール
撮影  アラン・ドスティエ
音楽  ジョン・コリリアーノ
出演  サミュエル・L・ジャクソン   カルロ・チェッキ  イレーヌ・グラジオリ  クリストフ・コンツェ 


(カナダ=イタリア合作)
[PR]
by haru733 | 2006-02-27 00:30 | カナダ映画 | Comments(0)


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目