<   2014年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

聖者たちの食卓 (2011年) みんなで作ってみんなで食べる、古くて新しい食卓の形

d0235336_2395721.jpg

 インド北西部、パンジャーブ州の都市アムリトサル。黄金寺院と呼ばれる”ハリマンディル・サーヒブ”はシク教の総本山であり、毎日10万食のカレーが巡礼者や旅行者のために無料で提供される。
宗教も人種も職業も関係ない、みんなが公平にお腹を満たす、「聖なる場所」の一日を見つめるドキュメンタリー。

ものすごい混沌かつユニティー。大食堂での食事とキッチン裏を一度に疑似体験できてしまう、1時間の小トリップ。
いくつもの大鍋で大量に作られる食事は、猛烈なスケールで完成していく。薪が運ばれ、食材が届き、刻む者、捏ねる者、焼く者、炒める者、配る者、洗う者、無数の分業と信心深さのなせる技。無償の尊い労働力が日に10万食というおそるべきキッチン・システムを成り立たせていく。
d0235336_23101243.png
d0235336_23102644.jpg

中庭に満ちる人工池の聖なる水はすべてを浄化するように、豊富にふんだんに汲まれ撒かれる。水はまさに生命力。インドの熱気のなかに息づく、人々のパワーが黄金寺院のたった一日の姿にもよくわかる。

来るもの拒まずとはいえ、旅行者らしきひとは意図的にか映ってはおらず、聖地には頭にカラフルなターバンを巻いたシク教徒が多い。本棚の『地球の歩き方』を覗いてみると、信者でなくても天まで昇るような神聖な気持ちになれる場所なので是非訪れたい、とあった。
そういえば、インドの旅のあいだに訪れたヒンドゥー教の寺院は、どこも靴を脱ぎ、灼熱に耐えながら見学したものだった。シク教はさらに厳しく、バッグに靴をしまうことさえ許されない。必ずターバンを巻き、おかわりはいいけど残してはいけない、というのがルール。
d0235336_23103886.jpg

おもしろいのは、食事を待つ人々もお手伝いをすること。家族そろって涙を流しながら玉ねぎを切り、にんにくを剥き、素早い手つきで野菜を刻む。ビニールシートに集められた大量の野菜は、運び人の手によって大鍋に運ばれていき美味しいカレーになる。

しばらくは、仏教的にでも、食べる事に感謝を抱きながら過ごせそう。インドという混沌たる国のパワフルな魅力は、いつかまた旅したいと切実に願わせた。   (65min)
[PR]
by haru733 | 2014-11-30 21:44 | ベルギー映画 | Comments(2)

山田真歩サン出演作 『SR サイタマノラッパー2』『自分の事ばかりで情けなくなるよ』

『SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー 傷だらけのライム』 (2010年)
d0235336_2153666.jpg

 さいきん気になる女優、山田真歩さんの出演作をふたつ。『SRサイタマノラッパー2』は前作から比べてかなり面白くなっていた!

高校時代に結成したラップグループ5人の面々は、今では散り散り。実家のコンニャク屋を手伝いながら退屈な毎日を過ごしているアユム(山田真歩)は、かつての仲間、ミッツ(安藤サクラ)らと共に、再度一夜限りのライヴを行おうと思い立つ。“伝説のDJ”タケダ先輩の聖地をライブの場所に選んだ5人は、そこで、同じく聖地を探して来た埼玉のラッパー、イック(駒木根隆介)とトム(水澤伸吾)に出会うのだが―。
d0235336_21531815.jpg

さまざまな現実が立ち塞がる、20代後半の女の子たちが、もう一度夢を懸けて挑む復活ライブへの道。そうそう甘くはないリアルに挫けながらも、すべてを受け入れ開放するのに、ラップのリズムは最高に無様で最高にかっこいい!そして口ずさみたくなる楽曲。

特徴ある声音の山田真歩さんが、鬱屈した主人公の葛藤と情熱とラップ魂を、見事な存在感で演じて、とにかくお似合い。
叩きつける音楽と言葉の応酬に予期せぬカタルシスが待っている。
これから始まる選挙戦もラップ調で過ぎていけばいいのに....そんな妄想を頭によぎらせつつ。

 (95min)


『自分の事ばかりで情けなくなるよ』 (2013年)
d0235336_21532583.png

 人気バンド“クリープハイプ”のメンバー尾崎世界観の原案を元に作り上げたミュージックビデオ3本に新作「傷つける」を加えて再編集した劇場版。
なるほど、音楽が前面に出た、きっとファンならばたまらない作品。音楽以外の間口から入った者は、置いてけぼりにされながらも、こういう世界はけしてキライではないけれど。

主要人物は、元カレが忘れられないピンサロ嬢。大好きな“クリープハイプ”のライブ当日に残業するOL。一途な想いを爆発させるオタク青年。そして、トレーラーハウスで生活する謎の青年と家出少女の恋……。
d0235336_21533230.jpg

ミュージックビデオならありでも、映画にするには物足りない。こういうの、マスターベーション映画と呼ばれかねない。とくに池松壮亮氏主演の最終話は、ありがちでこそばゆいばかり。
OL役の山田真歩さん、さいきん気になる池松氏など、キャスティングと音楽が良いだけにざんねん。

 (106min)
[PR]
by haru733 | 2014-11-28 22:24 | 日本映画 | Comments(0)

蟻パニック! 『黒い絨毯』『フェイズIV 戦慄!昆虫パニック』

d0235336_1113868.jpg 
  近未来SFの『フェイズⅣ戦慄!昆虫パニック』と、南米アマゾンを舞台にした替え玉夫婦のメロメロドラマ『黒い絨毯』をみる。似て非なる、蟻映画ふたつ。
アーティスティックな怪作なら前者。うじゃうじゃの蟻にリアルな戦慄を覚えたいなら後者をおすすめ。


『フェイズⅣ戦慄!昆虫パニック』 (1974年)

 宇宙の怪現象で高度な知能を得た蟻たちと、科学者たちの人類存亡をかけた戦いを描く。
グラフィックデザイナーのソウル・バス監督、劇場未公開作品。
時代特有のローテンポと、派手さのまったくない地味さを補うには足りないアーティスティックな画面。
驚くべきことに、蟻が演技しているらしい。人類との死闘に敗れた仲間たちの遺骸をキレイに並べて弔う蟻。
d0235336_11132613.jpg

緻密に攻撃を仕掛けてくる知能を持った蟻の恐怖が、じんわりと迫る。
砂漠の真ん中、登場人物はほぼ、研究施設の科学者ふたりと、生き残った地元の美しい少女だけ。
緩くて緩すぎてうとうとしてるうち、いつしか『2001年宇宙の旅』を彷彿する、モノリスモドキ、日の出と共に、新人類の幕開けがやってくる。
むずむずする蟻への恐怖はないけれど、異色のビジュアリSFだった。


『黒い絨毯』 (1954年)
d0235336_11133293.jpg

 『フェイズ』に期待したおぞましさを求めて、ずいぶん久しぶりに再見。バイロン・ハスキン監督。
南米アマゾンの上流を開拓しカカオ農園を経営しているクリストファー(チャールトン・ヘストン)の元に、替え玉結婚をして以来、はじめて顔を合わせる妻ジョアンナ(エレノア・パーカー)がやってくる。
しかし男気溢れる俺様男クリストファーは、美貌の持ち主で気位が高いジョアンナになかなか心を開こうとしない。しかも、彼女の結婚が2度目であることを知ると、アメリカに帰るよう一方的に命じるのだが―。

中年童貞夫のこじれっぷりに1時間。蟻パニックは残りの30分だったとは!記憶になくて驚いたけれど、これがどうして、どちらもおもしろい。d0235336_11133872.jpg
もどかしい恋愛模様にじれじれしているうち、アマゾンには数十年ぶりかで、すべてを食い尽くす軍隊蟻マラブンタの大群が黒い絨毯をなして迫り来る。農場を守るべく屋敷に立てこもったクリストファーと、彼と共に闘うと誓ったジョアンナは、夥しい数の蟻との死闘を繰り広げる。
人間さえあっという間に白骨と化す、知能を持ち、川さえ渡る。蟻パニック!『フェイズ』のような高度さはないけれど、大群をなすものはやはり怖い。これだけの蟻さん総出演版で『フェイズ』がリメイクされたときには、是非観てみたい。
[PR]
by haru733 | 2014-11-17 23:36 | アメリカ映画 | Comments(0)

凶悪 (2013年) ああ、無常 

d0235336_8463869.jpg

  獄中の死刑囚・須藤(ピエール瀧)の告発をもとに、記者の藤井(山田孝之)は白日にさらされていない殺人事件の究明をはじめる。須藤が語ったのは、首謀者である不動産ブローカー、通称”先生”(リリー・フランキー)と起こした事件の仔細で、藤井は取材を進めていくうち、家庭を顧みることも忘れて事件に没頭していくのだが―。
雑誌『新潮45』の報道をきっかけに注目された、実際に起こった殺人事件の全貌を描くサスペンス・ドラマ。

とにかく”悪”がいっぱい。目に見える悪人だけでなく、借金のカタに家族の命を売る、名もなき市民の悪や、家族をないがしろにする藤井自身の悪。寒々しい画面のなかで、みんなの掌には、隠していてもはっきりとそれが見えていて、しじゅう居心地が悪い。

事件の真相とおなじくらい丁寧に描かれていくのは、藤井と妻(池脇千鶴)との確執。痴呆の母を自宅で介護する藤井は、事件にのめり込むことで、さらに母親をないがしろにする。介護疲れの妻を精神的に追い詰める。やがて互いに暴力を振るうまでなったふたりを横目に見ながら、最後まで上の空で生気のない偽善者夫っぷりが、誰より狂気の似合う山田孝之ゆえ、一等物静かで不気味だった。私的には、寒々しい藤井家のリビングを観てるだけで泣きそう。
d0235336_8465265.jpg

誰にも感情移入できないまま、回想形式で明らかにされていくのは、凄惨な殺人事件の奥に潜んだ、人間心理の闇か。断罪する観客の側にも、正義とはなにかを突きつける。

頑張って悪人を演じる胡散臭いピエール氏と、シュールな悪役が似合うリリー氏と、偏執的でありながら努めて静かな山田孝之氏と、3人揃ってどこまでも弾けないのはなぜだろう。内容の割りに常軌を逸することなく、脱力。
イカレっぷりが凄まじくて実に魅力的だった『冷たい熱帯魚』は、おなじく脚色ありのノンフィクションだった。女ひとり描くのも、黒沢あすかと池脇千鶴では雲泥の差で、”凶悪”を描くには度量が違う。でんでん氏と、吹越満氏の役者根性は、抑えた演技など目もくれないすばらしさ。園子温監督がいかに奇才かを知らしめる。
d0235336_8465820.jpg

上司からゴーサインのないまま、ジャーナリスト魂に突き動かされて事件の裏をとっていく、藤井に待ち受ける境地とは…告発の真の狙いとは・・・。
法廷で放たれる最後の言葉ともども、意外性はなく、どこまでも魅力に乏しかった。

 (監督 白石和彌 /128min)
[PR]
by haru733 | 2014-11-17 22:25 | 日本映画 | Comments(0)

『第二の性〈2〉体験』 ボーヴォワール 

d0235336_21194485.jpg
 〈1〉事実と神話につづいて、〈2〉体験も、女としてやはり考えさせられる。
〈1〉で受けたほどの爽快感はないけれど、数多の有名小説を取り上げて言及する中盤からが退屈だったのは、単にほとんど未読で内容についていけなかったせい。

ボーヴォワールというひとは、幸福な”女”を生きたのでしょうか。サルトルとの“契約結婚”はどんなものだったのでしょう。映画『サルトルとボーヴォワール 哲学と愛』を観てみなければ。

それにしても、この本を手に取らせるなにかが私の中で起こっているとおもうと薄ら寒い。家庭という閉鎖的な空間には、第二の性に関する疑問がごろごろしていて、観察したり、浮き足立ったり。たしかなのは、目を背けたくはないなあということ。

先日観た映画、『それでも夜は明ける』は黒人奴隷のお話だった。d0235336_2119531.jpg
本書にもたくさん、奴隷に関する箇所がでてくるけれど、差別の在りようには類似性があるそうで、同時期に気持ちをリンクさせながら読んだ本だった。 
[PR]
by haru733 | 2014-11-11 22:19 | | Comments(0)

それでも夜は明ける (2013年) 人間の残虐性をとことん炙り出す

d0235336_95654.jpg

 遅れてやってきた蠍座での上映を観てからずいぶん経ちますが、とても良かったのでなにか一言でも残しておきたい、衝撃の実話を元にしたドラマ。
19世紀半ば。アメリカでは、黒人奴隷の輸入が禁止され奴隷不足がおこり、北部の「自由黒人」たちを誘拐してくる事件が多発していた。主人公のソロモン(キウェテル・イジョフォー)は、ニューヨークで家族とともに暮らす自由黒人で音楽家だった。しかし、旅先で突如誘拐され、奴隷としてアメリカ南部のニューオーリンズへ売り飛ばされてしまう―
d0235336_951432.jpg
過酷すぎる12年もの年月、身分を証明して再び自由になる日をひたすら求め続けた男の、壮絶な奴隷体験記。
買われていく先々で起こるあまりに非人道的で残酷な仕打ちは、見るに耐えない。良心ある人物の登場ははわずかで、おおくの白人たちは男女問わず、微塵の疑問も抱かないまま黒人を家畜扱いにする。
虐殺、暴力、凌辱。よくぞここまで人の残虐性はエスカレートするものかとゾッとはしても、ホロコーストにしても集団に入れば自分だってどう転ぶかわからない、人間心理の危うさに肌を粟立たせて観た。

スティーブ・マックイーン監督の『SHAME シェイム』からずっとタッグを組み続けているマイケル・ファスベンダーが、ドSの農場主を演じている。あえて言葉にするまでもなく、サイテー男が板につく、この方はほんとうに大好き、巧い!神経の細い農場主にはベネディクト・カンバーバッチ、その卑劣漢な使用人にはポール・ダノ。
そして、奴隷制度反対のカナダ人労働者役にはブラッド・ピッド。存在感あるバイプレイヤーとして脇をたしかに固めているブラピ氏が、後々主人公を救うことになる。
d0235336_952274.jpg

絶望を前にして、足搔くことも生きることも諦めてしまった仲間たちがいるなかで、ソロモンは12年間希望を捨てなかった。家族との再会を夢見て、廃人になることを拒み続けた。
植物の茎でペンを作り、こっそり紙を手に入れて”字”を書こうとする冒頭のシーンが忘れられない。それは終盤につながる大事なエピソードで、人間的に生きる根源的な欲求を感じさせる名場面だった。

 (134min)
[PR]
by haru733 | 2014-11-11 10:32 | 多国合作映画 | Comments(0)

悲夢 (2008年) ふたりでひとつ

d0235336_23183566.jpg

 印鑑彫刻師のジン(オダギリジョー)は、ある日、交通事故を起こすリアルな夢を見る。翌日、現場を訪れたジンは、代わりに逮捕されていくラン(イ・ナヨン)に出会う。不思議なことに、夢遊病を患うランは、ジンが夢でみたままを代わって行動していたのだ。
奇妙な運命に導かれた男と女が、不可思議な夢の呪縛によって引き裂かれていく、切ない恋の物語。

偏愛するヘビーでグロテスクな純愛もの。ジンとラン、ふたりと別れたばかりの不実な恋人たちは二股をかけあい愛し合っていた。3つのカップルが壊れながら夢現の狭間で血に染まり、崩壊していく。
未練残るジンの見る夢は、いつも別れた恋人のこと。おかげでランは、もう二度と会いたくない男の元に、夜な夜な夢遊病で会いにいってしまう。
無意識下の行動にやがて心を引き裂かれていくランと、それに同情するジンは、いつしか眠らない努力をしはじめるのだが―。

過去の恋から、いま出会った相手に徐々に惹かれていくふたりでも、恋の道行きはあまりに激しい。
眠れば傷つくランのため、寝まいと闘うジンだけれど、猛烈な睡魔にはとうてい勝てない。ふたりは交互に眠ることを覚え、毎夜、それぞれの睡眠を監視して過ごす壮絶かつプラトニックな夜が訪れる。
眠気を殺すために、針で刺したり、ノミで突いたり。目で覆いたくなるヘビーな描写は、敬愛する塚本晋也作品を彷彿とする。キム・ギドク氏もわれらが塚本晋也氏も、壮絶な男気映画はたいていグロくてエロくてすき。
共に眠ってしまった夜、慢性不眠が決定的な犯罪を引き起こしてしまった悲劇後、幻想的な物語は観るものに解釈を委ねて終わっていった。きっとすごく幸せだけれど、悲しい結末。
二度と眠らないことを誓ったジンの壊れゆく血まみれの狂気と、精神病院のランの狂気が相まって、フシギな余韻をのこしてくれる。
d0235336_23185148.jpg

日本人俳優を起用した本編は、韓国語のなかに、オダギリジョーだけが日本語を話すという異色作。何事もなかったように会話が成立しているので、ありとおもえる。
ほかにも多言語を同時進行させていた忘れがたい作品に『永遠(とわ)の語らい』というのがある。過去の日記を調べてみると5言語、ギリシャ、イタリア、フランス、ポルトガル、英語で会話が交わされる驚くべき結末の作品だった。

(93min)
[PR]
by haru733 | 2014-11-08 11:37 | 韓国映画 | Comments(0)

夢と狂気の王国 (2013年) ロマン出る国より

d0235336_23233380.png
d0235336_23234468.jpg

 いつか、そう遠くない未来、ジブリという会社はなくなってしまうのかもしれない。
実感を伴いはじめた寂しさのなかで、ジブリの裏側をほんのちょっぴり覗き見させてくれる、貴重なドキュメンタリー。
ふたりの奇才、高畑勲と宮崎駿、敏腕プロデューサー鈴木敏夫の50年にも及ぶ、愛憎と確執と信頼の歴史。身を切るような厳しい世界の、緊張感に溢れた制作現場から見える景色は、狂気でもなければ続けてこられないと語る。

時は、昨夏。ちょうど『かぐや姫の物語』と『風立ちぬ』の完成へ向けて、ジブリが大わらわなころ。自然光と緑溢れるスタジオで、ひとつの作品が出来上がっていく過程を見つめる。『風立ちぬ』の声優が庵野秀明氏に決定する瞬間などはそのライブ感が、すごい。

驚くべきは、高畑勲監督の超然とした変人ぶりと、この人こそジブリの頂点だったのではないかと気づかされる驚異の存在感かもしれない。『かぐや姫の物語』が素晴らしかったことを、『風立ちぬ』以上に再認識させられるほど。
d0235336_23235317.jpg

宮崎駿監督の佇まいをみればみるほど、いつも、わたしは同じ時代に生きれたことを幸せにおもいます。多感な時期に出会えて、作品を観続けられたこと。刷り込まれた審美眼や観念に、これからも従属していくじぶんが見えるから。

少し前まで、スタジオ・ジブリに立派な後継者が出てきてほしい、そう祈るような気持ちでいたけれど、これを観たいまではもうちがう。奇才といわれる逸材はそうはいなくて、いまのジブリにはいない。『山賊の娘ローニャ』が倒れんばかりにおもしろくないのも事実。
そんななかで、庵野秀明氏は逸材で、宮崎監督らから全幅の信頼と親愛を受けていたことが印象深かった。これからのジャパニメーションをリードしていくのはジブリじゃない。その一握りの”奇才”と呼ばれる人たちなのでしょう。寂しいけれど。

(監督・脚本 砂田麻美/118min)
[PR]
by haru733 | 2014-11-04 14:45 | 日本映画 | Comments(0)

アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ (2009年) 跳べ!洋製カンフー・ムービー

d0235336_21254163.jpg

 あの名コンビが戻ってきた!潜入捜査官と地元民の凸凹ナイスコンビの活躍にわくわくする。
パルクールのレイトと、カンフー使いのダミアンが、無法者たちを巻き込んで、バンリュー13地区を抹殺しようと画策する秘密保安局らの陰謀に立ち向かう―。

むかし夢中になっていたカンフー映画を思い出す。ジャッキー・チェンが、ユン・ピョウが、サモ・ハン・キンポーが輝いていたころ、脅威の肉体業にユーモアを交えた香港映画が大好きだった。いつか香港映画にも新たな風が吹き、ジャッキー人気も衰え、カンフー映画は廃れたけれど、ハリウッドからジェット・リー主演の本格派アクションが出てきて、懐かしさから夢中で観ていた時期があった。
そして、いま、その息吹を感じられる作品がここに誕生。フランスが生んだ新生カンフー映画だ。
小物を巧みに使い、エンドロールはNGシーン(一作目)、いたる所にオマージュをかんじる、ユーモアと神業で王道を往く快作シリーズ。
d0235336_21255444.jpg

白黒はっきりした前作に比べて、味方の登場人物が増してごちゃごちゃした感のある続編だけれど、あの強靭でキュートだったレイトの妹がいないことだけが残念..彼女はいて欲しかった。
作中で流れるラップとの相性が抜群で、気がつけば、跳び跳ね廻るキレキレのアクションを見ながら、にわかにノリノリでエンディングを迎えているのだった。

前作でレイトを脱獄させたダミアンが、今度はレイトの手によって脱獄させられる、小気味よい脚本を書いているのは、あのリュック・ベッソン氏。流石というべきか遊び心がある。
副題は”マッスル・ネバー・ダイ”。なんて素敵。

 前作で、無法地域の隔離開放を約束して終わったバンリュー13地区は、3年経ったいまも、状況に変化はない。治安はむしろ悪化の一途を辿っていた。この地区に生まれ育ったレイト(ダヴィッド・ベル)は、街を守ろうと孤軍奮闘を続けているが、政府による地区の一掃政策に陰謀の匂いを嗅ぎつける。そのころ潜入捜査官のダミアン(シリル・ラファエリ)は、何者かに濡れ衣をきせられ投獄されてしまう。ダミアンはかつてタッグを組んだレイトに脱獄の手助けを要請するのだが―。

(101min)
[PR]
by haru733 | 2014-11-02 23:03 | フランス映画 | Comments(0)

『新千歳空港国際アニメーション映画祭2014』/ファンタスティック・プラネット(1973年) 爆音上映

d0235336_1554653.jpg 新千歳空港の映画館”じゃがポックルシアター”では、国際アニメーション映画祭2014が開催されています。
ラインナップに『ファンタスティック・プラネット』を見つけて、本日一回きりの上映を観てきました。しかも、北海道初上陸の爆音上映版。大音響で映画を観るというのは初めてです。もうひとつの爆音プログラムには、よりコンセプトに似合いそうな『AKIRA』。


(あらすじ) 青い体に赤い目の巨人ドラーグ族の支配する惑星で、小さなオム族は虫ケラのように扱われていた。オム族の孤児テールは、ドラーグの娘に拾われ愛玩動物として飼われていたが、やがて逃げ出し、知識を学習した彼は、仲間と共にドラーグに反乱を起こしていく―。原作はステファン・ウルのSF小説「オム族がいっぱい」。

グロテスクでシュールで、ものすごく残酷で、高次元的な愛すべき世界が広がる。虫けら同然に排斥されているオム族は、人類だといっていい。種族間争いの背景には、哲学や宗教が潜んでいるようで、休日の居間にずっと垂れ流しておきたい、気色悪くも蠱惑的なビジュアルと合わせて奥深い。宮崎駿氏が、例えてヒエロニムス・ボスの悪魔的な絵画と言ったことが頷けるものです。

伝説のアニメーション映画は1973年製作。積年のノイズとシンセサイザーの効果音が、爆音に映えておもしろかった。映画と音の蜜月関係を楽しむには、この上映方法はありだとおもえる。来春には、札幌でも爆音上映が計画されているそうです。
それにしても、ものすごく観たかった映画だというのに、デカイ音だというのに、うとうとしてしまうのはなぜだろう、、ところどころ記憶がありません。

”じゃがポックルシアター”に足を踏み入れたのは、この日はじめて。3スクリーンあるなかで、一番大きな229席のスクリーン1は、ほぼ満員でした。 
(フランス=チェコスロバキア合作/72min)
d0235336_15542940.jpg

[PR]
by haru733 | 2014-11-02 17:53 | フランス映画 | Comments(0)


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目