<   2015年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

市民ケーン (1941年) 奇跡のような名作

d0235336_8302574.jpg

 なんてすごい映画。当時25歳のオーソン・ウェルズが、製作・脚本・監督・主演をみずから務めた処女作。
実在の新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストをモデルに、超一級の風刺で描くミステリアスなドラマ。

荒廃した大邸宅で”バラのつぼみ”という最後の言葉を残して、新聞王ケーンは死んだ。彼の死を報ずるニュース映画が長々と映し出されたあと、物語ははじまる。
社の経営陣は、ケーンが遺した”バラのつぼみ”の意味を求めて、生前の彼をよく知る5人の人物を歴訪する。やがて立ち現れてくる、ケーンの真の姿とは―

構成そのものが、現代映画となんら変わらない。これが75年前に作られたものだなんて、にわかに信じられない。時間軸の交差、回想形式のおもしろさ、カメラワーク、違和感のない老けメイクまで、すべてにおいて驚異的だ。

破産寸前のインクワイアラー紙を買いとり、あれよという間に軌道に乗せる。偏った紙面で、姑息な手段もいとわず、ニューヨークで一番の新聞社へと育て上げるのだった。
やがて政治の舞台に踊りだし、知事選勝利まであとわずかに迫ったとき、オペラ歌手スーザンとの不倫を報じられ、落選。はじめて人生の挫折を味わったケーンは、この時から滑り落ちるように、冒頭の荒廃へとひた走っていく。
エゴで満ちた人生に、なにがあったのか。
幼い頃、両親から引き離されて深い孤独のなかで育ったケーンの、栄光と挫折の生涯を、回想形式で紐解きながら描いていく。

野望でギラギラした男から、愛情表現さえまともにできない惨めな男まで、奇才オーソン・ウェルズは撮り分け、演じ分ける。
しかも、キーワードの”バラのつぼみ”には、実在の新聞王ウィリアム・ハーストを揶揄する秘密まであるという。
本編では、田舎に暮らしていた懐かしい思い出の橇に描かれていた絵が”バラのつぼみ”だったというオチだが。実際は、新聞王が愛人の秘部をしてそう呼んでいると知ったオーソン・ウェルズによる悪意ある設定だという。

得てして、新聞社による妨害行為や脅しに屈して、上映を禁止する映画館が続出。当時、興行的には大失敗に終わったにもかかわらず、いまだに傑作映画ベストテンに登場する高評価ぶりで、愛されている。
ほんとうにものすごくよくできた作品だった。
にもかかわらず、理解できないほどの睡魔に襲われて、途中なんど挫折しながら見終えたか知れない。
すごくおもしろかったのに。

 (119min)
[PR]
by haru733 | 2015-02-23 09:49 | アメリカ映画 | Comments(0)

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015

d0235336_1653161.jpg
d0235336_16531140.jpg

 はじめての『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』へ。メイン会場であるアディーレ会館ゆうばりには、大勢の観客や関係者が集まってすごい熱気です。
25周年を迎えた映画祭が、年に一度、過疎の町に人を集める立派なお祭りとして定着している。目の当たりにすると、こころからいいなとおもいます。
夕張のゆるキャラ、メロン熊くんが、迫力の襲い芸でお出迎え。ガウガウされるとまぢおっかない。


こんかい鑑賞したのは『インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門 プログラムD』でした。


d0235336_2063928.jpgd0235336_2065134.jpg『カー子のスワローハット』 大岩智佳監督 2014 日本/28min
『Green Glows』 白田明日香監督 2014 日本/20min


d0235336_207381.jpgd0235336_207228.jpg『恵まれたマシーン ⅴ』 ジョシー・マリス監督 2014 アジアプレミア/12min
『真田志郎、5年生になる』 ダニエル ・トイヴォネン監督 2014 ワールドプレミア/30min


個人的に気に入ったのは、アニメーション作品の『Green Glows』でした。不思議な姿をした動物たちが、うつくしい森で、吐息のように生きては死んでいく―。ささやくようなオリジナル言語のやわらかさとはうらはらに、残酷で、儚い。とても惹かれる世界でした。
驚いたのは、いかにもアニメ怪獣大国日本らしい、軽いノリの『真田志郎、5年生になる』という作品。なんと、山田洋次監督の映画に憧れて留学してきたという、フィンランド人学生の卒業製作。客席に笑いが起こる遊び心満載な作品で、日本人の感性をよく捉えていてびっくり。
『恵まれたマシーン ⅴ』は創世記からとどまることを知らない人類殺し合いの歴史を、風刺を込めて現代に至るまで描いたおもしろくも考えさせられるアニメーション。台詞がないのが魅力。
『カー子のスワローハット』だけが全編こそばゆくて、どうも苦手でした。「新潟市水と土の文化創造市民プロジェクト」だそう、なるほど。

d0235336_16523278.jpg

上映後は、監督たちのトークライブを。撮影の苦労や裏話をきいて、会場をあとにしました。


ここまでやってきたからにはと、迷わず寄り道した先は。もちろん『幸福の黄色いハンカチ』―思い出ひろば。来たことあるような、ないような。
d0235336_16532795.jpg
d0235336_1653371.jpg

喫煙所を囲む、すりガラスの風情が懐かしい。むかしの家はみんなこんなガラスだった。

立て付けの悪いドアをこじ開け、長屋のなかへと入ると、そこは一面黄色のメッセージカードで埋め尽くされた、一見怖いくらいの空間が広がっています。(ローカル表現では、幸福駅のよう)

高倉健さんが亡くなって、はじめて、テレビの追悼放映で観た『幸福の黄色いハンカチ』はおもしろかった。
大御所たちの、うら若きころ。ロードムービーが映し出す、懐かしい北海道各地の風景に目を見張りました。
さすが山田洋次作品は、いつだってコミカルでユーモラスで、それでいて切ないぬくもりがあります。敬愛すべき名匠です。
d0235336_16535029.jpg
d0235336_1654138.jpgd0235336_16541353.jpg












d0235336_16544765.jpg

帰り際に、メッセージカードを書きました。

「健さん、ありがとう。映画ばんざい。」 

これからもいろんな映画に出会って、泣いたり笑ったり叫んだりすることがすごく楽しみになりました。わたしは本当に映画が好きなんだ。
いつか、もうすこし近い場所で関わっていけるように、この一年をがんばろう。
d0235336_16551770.jpg

[PR]
by haru733 | 2015-02-22 21:41 | 鑑賞 | Comments(0)

『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ

 はじめて『麦ふみクーツェ』を読んだとき、”いしいワールド”にすっかり嵌ったものでした。
おすすめして読んだ家人が、たいそう面白がっているのをみてじぶんも再読したくなって、いま久しぶりに手にとっています。
なかなか長編が書かれなくなり、短編やエッセイや旅本のようなものが多いこのごろのいしいさん。
とりあえず出たばかりの『京都ごはん日記』を買ってあるので、ちかく読みたいとおもうけど、薄気味の悪い奇妙な長編物語の新作を、また読みたいものです。

いつか書いた『麦ふみクーツェ』の感想を、ふるいブログからお引っ越し。


                      
*



 すごくおもしろかった、はじめてのいしいしんじ作品。曖昧で、やさしくて、滑稽で、あったかい。
人生の真実が背筋を伸ばしてちゃんとあり、あらゆる音に満たされている。

音楽家を目指した少年が経験する、デタラメだけれど温かい、人生賛歌の成長物語。
数学教師の父と、ティンパニストの祖父と、3人で暮らすぼく。
みんなは祖父の真似をして、ぼくのことを「ねこ」と呼ぶ。

おじいちゃんが束ねる街の音楽隊、港町をおそった災難、用務員さんの事故死、「ねずみ男」の最期・・・・・
ゆっくりと時間軸が前後して、さまざまなことが起こる。
つらいことも、嬉しいことも、とびきりおかしなことも、愛おしい出来事も。出会った人々や事件をとおして、ぼくは成長していく。

普段、当たり前のように感受している、音や色を、無性に愛おしくなる本だった。
人ごみの喧しさも、色の氾濫も、うちゃっておくにはもったいないほど大切なものに思えて、読んでいる間じゅう、いつもより五感を研いでいた気がする。

登場人物は、みんなが魅力的な変人で、しかもなにかしらビョーキ。
背骨の湾曲したひと、盲目のひと、‘ねこ’は体の大きくなりすぎるビョーキだし、数学者の父は心の病だったと思う。
だれもがビョーキ持ちなんだけれど、それぞれの歴史が滲む人生は、誰ひとりとして捨てておけないいいものなのだった。おかしすぎる言動がこころをくすぐる。

私的に好きだったのは、チェロの先生と、その娘のみどり色と、ボクサーのおじさん。
茶色いもやもやのつなぎを着たチェロの先生に、ぼくがはじめて弟子入りした日。初対面の先生の台詞がいい。

「さあ、やれよ」
「部屋をかたづけてくれよ」
「床もふけよな」
「そうだな」
「それはすごいな」

一読すると、ものすごく可笑しなメチャクチャ会話なのに、そのうち潔いこの人の生き様に打たれてしまう。
そういったことの繰り返し。だれもが魅力的なのだ。
清々しく潔く生きる人々の浪漫がいっぱいに広がる。
ゆくゆく恋人同士になるのだろう、”みどり色”という名の女の子とぼくの関係も、またたのしい。

ぼくにしかきこえない、かわいたクーツェの声。あれは、いったいなんだったのだろう。麦ふみの音は。
無表情なそれは、もしかしたら、父と同じように心を病んでいた、ぼくの幻聴だったのかもしれない。
出会いと成長と共に、ぼくは治っていって、たしかな幸せの音を聴いた。
読後感の爽やかな幸福さがとてもよかった。  (2010.8.29)

d0235336_219157.jpg
[PR]
by haru733 | 2015-02-22 16:00 | | Comments(0)

藻岩山 *冬

d0235336_17154925.jpg

 きょうは、友人と藻岩山へ。10時ころ、慈恵会コースに着くとなにやら駐車場が騒がしい。レスキュー車、パトカー、上空にはヘリ、マスコミがたくさん。
いったいなにがあったのか分からないまま登山口までいくと、滑落事故がありました、取材させてくださいと言われて驚くのでした。心騒ぐなかのスタート。

とちゅう、すれ違った方から、28番の辺りで事故があったこと。ほとんど山頂のあたりで、通報された方から状況を聞いてやっと事態がわかりました。
生々しい足跡の横をとおって、ぶじ山頂へ。
ただ登るぶんには、静かな山でした。
d0235336_17194604.jpg
d0235336_17162149.jpg

暖かな日で、見晴らしよく、遠くの樽前山や恵庭岳がよく見えました。
下りにも取材させてと頼まれましたが、断りつつ。無事、登山口へ到着。

ちょうどお昼も過ぎて、山麓の沖縄料理店へ寄り道を。タコライス、ソーキそばをいただきました。
とても美味しかったです。手作りちんすこう、胡麻をお土産に。
d0235336_17163385.jpg

[PR]
by haru733 | 2015-02-19 18:00 | | Comments(2)

ありがとう

d0235336_2122238.png























 バレンタインデーには、手作りチョコをたくさんこさえて、家族みんなにもくれる娘が
ことしはテスト期間ちゅうなのでした。
しかたなく、アンチ・バレンタインなわたしがチョコを用意した、きのう。

今日になって、けっきょく彼女は、息抜きにとムースケーキを作りました。
家庭的なところに頭が下がる思いです。
いつもありがとう。
[PR]
by haru733 | 2015-02-15 22:08 | 日常 | Comments(0)

購い古書

d0235336_16566100.jpg

 お仕事帰り、寄り道の合間に覗いた”まんだらけ”にて。ここの古本部はステキに偏っていてたのしいです。
手前の詩集は戦後間もなくのもの。宮沢賢治のパロディ本と、『夜想』は気になるテーマだとほしくなる。

せんじつ、旅先の京都で書店に立ち寄って実感したのだけれど、どんなこだわりの本屋さんより、古本屋のほうがわたしは楽しいみたい。新本とはちがう偶然の巡り合いと、人の手を経てこなれた手触りが、真新しいページを神経質にめくるより好きだということ。
ポチリするだけで便利に本が届く世の中だけど、そればかりではときに味気なくて。
[PR]
by haru733 | 2015-02-11 21:06 | | Comments(0)

雪の国のアリス IN さっぽろ雪まつり

d0235336_16482624.jpg

 ひさしぶりの雪まつりへ。ことしは、沢則之さん演出による人形劇オペラ『雪の国のアリス』が開催中。
夜の目玉であります。沢さんが演出した作品をみるのはこれが3度目でしたが、人形デザインがすきで、大人なのにわくわくします。
30分も前に場所を確保して、ホットワインを飲みながら佇んでいたら、帰る頃には足の指の感覚がなくなっていました。それでもたのしかった。あっという間ではなく、みごたえある8分間でした。
d0235336_16483679.jpg
d0235336_16485546.jpg

不思議の国のアリスを下敷きに、舞台を札幌に移したファンタジー。演奏に歌に人形劇に、すべてが生の舞台です。オペラ歌手の見事な歌声にまけないくらい、子役のみんながハキハキとがんばってた。
雪像に映し出される砂絵とのコラボレーションが幻想的でした。
d0235336_16511785.jpg

開演前、客席のまえを飾らずに歩いていく沢さんを発見。上演前のあいさつでは、外国からのお客さんのため、ペラペーラな英語でもごあいさつ。誇れる芸術家が地元にたまに戻ってきてくれることはうれしいことです。
[PR]
by haru733 | 2015-02-11 21:00 | 鑑賞 | Comments(0)

シャトーブリアンからの手紙 (2013年) 真実の物語を記憶しよう

d0235336_1428080.jpg

 むかし、『ブリキの太鼓』という奇妙な傑作があった。そのフォルカー・シュレンドルフ監督の、10年ぶりの新作は、抑えた筆致で描いた戦争ドラマ。

1941年10月20日、ナチ占領下フランスで一人のドイツ将校が暗殺される。ヒトラーは即座に、報復として、収容所のフランス人150名の銃殺を命令する。人質は主に政治犯から選ばれ、シャトーブリアン郡の収容所でも、23人の人質が選ばれた。その中には、占領批判のビラを配って逮捕された、まだ17歳の少年ギィ・モケもいた―。

『ブリキの太鼓』のようなキッチュな奇怪さは無い。チラシにあるとおり、感傷の入る余地のない透徹した演出が潔い。ドイツ人であるシュレンドルフ監督が、フランスを舞台にフランス側の悲劇を綴ったことに意味がある。
彼らが残す遺書となった手紙の実物や、まだ存命の当事者たちが、ラストで登場してくるわけでもない。手の込んだ感傷には寄らず、真実を淡々と描くだけ。
ドイツとフランス、理不尽な命令に板ばさみとなる官と軍の面々と、人道的に動く事など不可能だった時代を通して、二度と命令の奴隷になってはならないと、強く現代に語りかける。

突然、死を宣告された23人の人質たちが、いかに不当な銃殺に立ち向かったか。感情移入すれば恐ろしい。ただ、それにもかかわらず、彼らの側にだけいるのではない。突然、銃殺する立場となった一介のドイツ兵の恐怖や、150人の死に煩悶する暗殺実行犯たち、馬鹿げているとわかりながら何もできない軍人らの苦しみを、ドイツとフランスの双方から達観する。

報復が報復を生むことは、いまでも変わらない。平和な世はなかなか訪れない。和解する難しさは深まるばかり。せめて、日本くらい、死ぬ気で平和主義を守り通してほしいけれど、戦争の記憶が世代ごと薄れていることは、戦争を知らないわたしにだって見ていてわかる。

終戦後、ナチ抵抗の悲劇の象徴となったギィ・モケの名前は、パリ地下鉄の駅の名前になったそうだ。 
(フランス=ドイツ合作/91min)
[PR]
by haru733 | 2015-02-11 16:20 | 多国合作映画 | Comments(0)

鉄くず拾いの物語 (2013年) 生きることを闘う

d0235336_11571663.jpg

 むかし10年以上前、『ノー・マンズ・ランド』という、奇妙で不条理なすばらしい反戦映画があった。
監督はダニス・タノヴィッチ。『美しき運命の傷痕』以降、ひさしぶりの新作となった本編は、母国ボスニア・ヘルツェゴビナを舞台に、実際のロマの家族が体験した貧困と差別が生む悲劇を、当事者本人に演じてもらう手法で描いた、まるでドキュメンタリーのようなドラマ。

ナジフとその妻セナダは、二人の娘たちに囲まれ慎ましいながらも幸せな生活を送っていた。ナジフは拾った鉄くずを売って一家の生計を支え、セナダは3人目の子をお腹に身ごもっている。そんなある日、ナジフが帰宅すると、セナダが強い腹痛を訴え横になっていた。翌日、病院で診てもらうと、5か月の胎児は腹の中で死んでいて、すぐにでも手術を受けないと命に関わる状態だというのだ。しかし、貧しい鉄くず拾いで保険証を持たない夫婦には、980ボスニア・マルク(500ユーロ)の大金はとうてい用意できないのだった。手術をしてもらえないセナダを抱え、一家は路頭に迷う事になる―

保険制度がとりあえず平等にある日本人目線では、とんでもないお話。ひとりの人の命を前に、お金を持ってこなければ手当てしませんと、突っぱねられる恐怖。
倹しくお隣さんと助け合いながら暮らしてきた一家を救ったのは、結局、心ある内政機関でもロマの協会でもなく、身内から借り受けた保険証だった。

車の貸し借りから、子守まで、ご近所同士の助け合い精神に、目から鱗がおちる。弟だろうが隣人だろうが、無用な気遣いいっさいなし。古き良き日本で、お隣から醤油を借りるような気安さがいい。それはロマという流浪の民特有のものかもしれないけれど。だって、都会の大病院に温情は皆無だった。

民間兵士として闘ったナジフはいう。紛争後、国から保障されたものはなにもなかったと。景気は悪く、失業率は高く、現実は厳しい。
極寒のただ中、廃車をバラした鉄くずだけではどうにもならない窮地に、愛くるしい娘たちがただ元気に笑っていることは救いだった。だけど、「めでたし、めでたし」で終わらない場合の結末は、想像に難くない。
そしてたぶん、そんなことが実際に起こりうる母国の闇と、世界へ向けた警鐘のため、タノヴィッチ監督はひさしぶりにメガフォンを取ったのかもしれない。飾らない真摯なドラマだった。

 (74min/ボスニア・ヘルツェゴビナ=フランス=スロベニア合作)
[PR]
by haru733 | 2015-02-11 13:39 | ボスニア=ヘルツェゴビナ映画 | Comments(0)

東京難民 (2013年) 社会の底辺へと転落する若者の恐怖

d0235336_17101444.jpg

 大学生の時枝修(中村蒼)は、生活費を工面していた父親が借金を抱えたまま失踪して、突然、大学を除籍になってしまう。アパートからも強制退去、ネットカフェ難民となった修は、日払いのバイトでなんとか食いつなぐのだが、騙されて入店したホストクラブで高額な料金を支払えず、その店でホストとして働くようになるのだった―。

ブルーな気分で130分、辛くて酷なドラマ。社会派に分類しようか迷うけれど、格差社会の歪だけではない、無思慮な主人公が招いた当然の成り行きはシリアスとは全然ちがう。

あれよという間に一文無しになって、ホストになって、あとはボロボロ。修に貢ぐヒロイン(大塚千弘)の心理も、夜な夜なホストクラブに通う家出少女(山本美月)の気持ちも、なにもかも理解しがたく、誰にもさいごまで感情移入は難しかった。ただただ痛々しい、愚かさや都会の孤独以外になにもない。

ホストクラブへ行き着くまえに、その時々に、もっと違う軽率でない別の道があった。どんなに堕ちてどうにか生きれてしまう人の怖さと、それが避けられた不幸であるところに、ため息が出る。

結局、彼に正しい道を教えるのは、日雇い労働者の男と、修を保護したホームレスのおじいさんだった。ありがちで綺麗事がお茶を濁す、とびきり憂鬱なドラマ。
中村蒼くんがちっとも良くなくてざんねん。ハッとして懐かしかったのは、日雇い労働者を演じた小市慢太郎氏のすてきな佇まい。  (130min)
[PR]
by haru733 | 2015-02-09 19:02 | 日本映画 | Comments(0)


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目