百円の恋 (2014年) 一子、32歳、独身、ひきこもり。いざ人生のリターンマッチへ

d0235336_21551935.jpg

 これおもしろい。期待した以上。安藤サクラちゃんがすごい!

 自宅にひきこもり、自堕落な生活を送ってきた一子(安藤サクラ)は、離婚した妹が出戻って以来、イライラ募る毎日だ。ある日、取っ組み合いの喧嘩の果てに家を出る決心をした一子は、百円ショップの深夜アルバイトをはじめる。
クセだらけのバイトメンバーにうんざりな一子の、唯一の楽しみは、帰りに通りかかるボクシングジムで、ストイックに練習に励むボクサー・狩野(新井浩文)の姿を覗き見ることだった。
ある日、そのボクサーがお店にやってきて、ふたりは急速に距離を縮めていくのだが―。

実家の弁当屋に寄生する、救いようのなかった三十路の一子が、2時間でモーレツに変わっていくそのパワーにノックアウト。
恋というよりセイアイ的であった狩野との関係が終わって、スイッチがはいったようにボクシングにのめりこんでいく一子がカッコ良かった。これまでしょうがない人生だったぶんだけ、本気出した凛々しい一子は、意思も心も体も強い。こんなステキな安藤サクラちゃんをみるのは初めて。そして、こんな力の抜けてカッコイイ新井浩文氏を見たのもはじめて。映画とはおもえないお似合いなふたりが、言葉少なに無様な生き様を晒し、互いの人生に向き合っていく姿が、なぜか泣ける。

バイト先に集う面々の個性は豊かで、そのほとんどがダメ人ばかり。同僚も、店長も、客も、廃棄弁当をたかる元店員も、底辺で蠢くような彼らは、きっとそのまま変わらない。
スタートは一緒でも、みるみる変貌していった一子は変われた。なにもかも自分次第、意思ひとつなんだと力の湧く物語だ。

無謀な初試合に挑んだ一子の、リング上での壮絶な殴りあいがあまりにもリアルだった。プロと思しき相手を前に、何度倒れても立ち上がるサクラちゃんは本気の形相。痛々しくて観てられないけど、会場に駆けつけた家族や狩野のように、必死に彼女の事を応援して、見届けてあげたくなる。気がつけばヒロイン”一子”の全力のリターンマッチに、涙が出てでてしかたがなかった。

いろんな痛みを経て成長した一子を、そっと出迎える狩野のさりげない優しさ。ふたりが、その後どうなるのかなんてどうだっていい。胸をジーンとさせながらこころからエールを送ったラストだった。

巨匠C・イーストウッドによるアカデミー賞受賞作、『ミリオンダラー・ベイビー』を否応なく思い出す。
当時のヒラリー・スワンクはもう本当に凄まじくすばらしく、作品としても超一級品だったけれど、邦画の小品に滲んだ安藤サクラちゃんの気迫も、それに負けてなかったと、確信持っていえる。

 (113min)
[PR]
# by haru733 | 2015-02-05 00:00 | 日本映画 | Comments(0)

HUNGER ハンガー (2008年) 政治犯として生きるための死

d0235336_16243550.jpg

 『それでも夜は明ける』のアカデミー作品賞受賞をきっかけに、日本でも遅れて上映された、スティーヴ・マックイーン監督の長編デビュー作。主演はマックイーン作品には欠かせないマイケル・ファスベンダー氏。
とても初期作品とはおもえない、静謐に削ぎ落とされたドラマ。IRAものとしては珍しく、戦闘シーンがなく、刑務所を舞台にした閉塞感のうちに、実際に起こった事件とIRAの悲惨な歴史を浮かびあがらせていく。

1981年、北アイルランド、メイズ刑務所。政治犯としての権利を奪われたIRAの囚人たちは、看守たちの凄惨な暴力によって制圧されていた。あらゆる抵抗を重ねても変わらない現状に、ボビー・サンズ(マイケル・ファスベンダー)を核とするメンバーたちは、最後の手段にハンガー・ストライキの決行を決意するのだが―

ついわたしは、食餌を絶つことを、神聖な行為として尊んでしまう。ハンガー・ストライキに悪印象はなく、たとえば生前、幾度も絶食したガンジーさんがイギリスを困らせた頑固な姿には、辟易しながらも尊敬やまない。だけど、ガンジーさんの場合、まだ死ねないと、思ってはいなかっただろうか。ボビー・サンズ氏を筆頭に餓死していった7名のメンバーたちは、死ぬことを覚悟していた。

ソツがない、スティーヴ・マックイーン作品はどれも好き。
冒頭は、新入りの囚人目線で、悪意と暴力に満ちた刑務所内部の恐ろしさに、一緒になって震える。並行して描かれる名もなき看守の目線は、その平凡な日常と、勤務中の暴力と、虚無感を映し出す。
やっと中盤になってボビー・サンズが登場してからは、死へと辿る道筋が淡々と描かれていく―。
d0235336_16244392.jpg

すごいのは、看守が雪のなかで煙草を燻らすシーンに漂う哀愁。得意とする凄まじいシーンの数々。
そして、ハンストを決意した主人公が、牧師と、4本の煙草を吸い終わるまで対話をつづける、驚異的な長回しだ。
食餌を絶った人の体はどんなふうに破壊され死に至るのか―。冷静な傍観者たるがゆえに見えてくる、事実の重さにおののいた。
『SHAME』の前にこんな凄い作品があったとは。

(イギリス=アイルランド合作/96min)

[PR]
# by haru733 | 2015-02-03 12:31 | イギリス映画 | Comments(0)

地獄でなぜ悪い (2012年) 史上最も命がけの映画クランクイン

d0235336_15485266.jpg

 構想から15年、新たに加筆して完成された園子温監督によるコミカルな極道アクション。
「なぜ悪い」ではなく、「なにが悪い!!」と聞こえてきそうな、血飛沫、肉片が乱舞する、ハチャメチャすぎる内容。しかし、映画愛を前面に出す事すことで批判は回避。どんな映画でも撮らせてもらえる、大物ぶりが窺える一本。

ヤクザの武藤組組長・武藤(國村隼)は、娘のミツコ(二階堂ふみ)を主演にした映画製作を決意する。組を守るため殺人を犯し刑務所に入った妻しずえ(友近)の夢を叶えるためだ。映画の神様を信じるうだつのあがらない映画青年(長谷川博己)と仲間たち、拉致してきた青年(星野源)を監督に迎え、スタッフ&キャストは全員ヤクザで構成。対立する池上組(堤真一、他)を巻き込んで、事態はとんでもない方向に展開してゆく―。

ハミガキ粉のCMで子役デビューした過去を持つミツコ。「ギリギリ歯軋りLet´s go♪」とかいう、キテレツなCMソングが脳裏に焼きつく。二階堂ふみちゃんの極道娘っぷりがカッコよくもセクシー。
池田組の城に乗りこんだ武藤組は、己を貫く映画バカたちと協力し合い、生涯最高で最後の傑作を撮る。皆殺しの大殺戮の大盛宴と化していく。すべては、出所間近の愛する極妻・しずえのために―。

これまでほとんど出演作を観ていない長谷川博己という役者さんの弾けっぷりに驚く。舞台で培ったらしい、発声と滑舌をフルに使い、台詞をまくし立てる。育ちのよさそうなこの人は、お父上が著名な建築家で大学教授なのだそうだ。
どこに出ていたかわからない岩下志麻さんなど、キャスティングは豪華絢爛。
遊びすぎているといえ、近頃はク○映画ばかりだぜ!そんなメッセージの色濃いパワフルな園様映画だった。

 (130min)
[PR]
# by haru733 | 2015-02-01 17:42 | 日本映画 | Comments(0)

東ベルリンから来た女 (2012年) 東と西、自由と使命と愛の狭間

d0235336_11552182.jpg

 緊張感に溢れたムダのない小品。これ、すごくおもしろかった。
 ベルリンの壁崩壊の9年前。東ドイツの小さな町の病院に、ベルリンから女医バルバラ(ニーナ・ホス)が赴任してくる。秘密警察に目をつけられ、左遷されたバルバラは、常に監視され孤立しながらも気丈に振舞う。同僚の医師アンドレ(ロナルト・ツェアフェルト)は、バルバラの確かな腕と、美しくも陰のあるところにすぐに惹かれていき、そんな彼女もまた、心優しきアンドレの人柄にほだされていくのだが。西に恋人のいる彼女には、国外脱出する運命の日が刻々と迫っているのだった―。

なにが起こるかわからない、ギリギリのバルバラを見守る事しかできない。医師として立派な彼女の生き様に打たれながら、アンドレがするように、西への逃亡計画が辿る道を、ただ黙って静観するだけ。すべてを決めるのは彼女だ。
そんな鉄の女を揺るがせたのは、患者として出会った少女ステラと、実直なアンドレと、医師としての使命だった。矯正収容施設から逃亡してきたステラは、バルバラに命を救われてから母のように彼女を慕い、救いを求める。医療ミスを犯し自らも左遷されてきたアンドレは、気取らない温厚さで、緊張で張り詰めた彼女の心を解かしていく。

情熱的な愛と、献身的な愛。西の恋人と、東の同僚。どちらを選べば幸福な未来があるだろう。
ただただわたしは、あまりにも誠実な同僚アンドレの人柄に、できれば寄り添ってほしいと、切に願ってしまった。
出奔の日、虚をつく出来事のあと。彼女の選んだ道は、胸をふるわす結末へと続いていた。

(監督・脚本 クリスティアン・ペッツォルト/105min)
[PR]
# by haru733 | 2015-02-01 13:57 | ドイツ映画 | Comments(0)


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目