タグ:ホラー ( 14 ) タグの人気記事

悪魔憑き考 『汚れなき祈り』『エクソシスト』  

 悪魔憑きを猜疑の目でみてしまう、カトリシズムとは無縁なわたしでも、本当に怖かった悪魔祓い映画があった。それは1973年製作の『エクソシスト』。懐かしい傑作ホラーを再見しながら、現代にあってなお悪魔憑きに振り回される、欧米社会に浸透する暗をおもう。

『汚れなき祈り』 (2013年) 
d0235336_17491126.jpg

  ルーマニアの孤児院で育った後、国を出てドイツで働くアリーナ(クリスティーナ・フルトゥル)は、おなじ孤児院で一緒に育ったヴォイキツァ(コスミナ・ストラタン)に会うために、ルーマニアを訪れる。
唯一の友・ヴォイキツァと一緒にいることを願っていたアリーナだったが、修道院の暮らしで神の愛に目覚めたヴォイキツァは、今の生活に満足していて、院を出ることを拒むのだった。彼女を取り戻そうと次第に心を病んでいく彼女が、思いもよらない悲劇を引き起こしていく―。
2005年に実際に起きた事件を元に、人里離れた修道院で悪魔祓いの犠牲となった2人の若い女性の悲劇を描く。

凍えそうな冬の修道院。神父を”お父様”と慕う、清貧なシスターたちは互いに助けあい暮らしていた。その静寂をもろくも崩した、アリーナの異質さにヒリヒリする。
彼女に信仰はなく、あるのは一途にヴォイキツァを求める想いだけ。それは同性愛的ですらある。
情緒不安定な彼女の振る舞いに、秩序を失っていく修道院の面々は、狂い出した歯車をとめるどころか加速させながら、悲惨な結末へとむかうばかり。

怖いのは、理解できないものを排除する心理。心の病かと疑いつつも、良かれとして行われる儀式のほう。
病院を追い出されてしまったら、あとは宗教に頼るしかない思考停止が、集団ヒステリーを生む悪循環に寒気がする。外からみれば、悪魔憑きとは、こんなに滑稽であるのに。

神経質な顔のアリーナと、いかにも可憐なヴォイキツァ、対照的なふたりの女優さんが印象にのこる。ムンジウ監督は『4ヶ月、3週と2日』でも、対照的な女性を配置して、こころの機微を穿っていた。
つい10年前に起こった出来事とは、にわかに信じがたい。ヴォイキツァは、何もできずに親友から引き離され、ただ見ているしかなったけれど、いまも神に仕えて、いまも拘束されたまま死んでいったアリーナの無念を祈っているのだろうか。

 (監督 クリスティアン・ムンジウ /ルーマニア=フランス=ベルギー合作/150min)


『エクソシスト ディレクターズカット版』 (1973)
d0235336_1010139.jpg

 オリジナルに10分ほど追加された2000年公開バージョンで再見。もう、文句なしにいま観てもおもしろい。
 人気女優(エレン・バースタイン)のひとり娘リーガン(リンダ・ブレア)は、あるときから、不可思議な言動を繰り返すようになり、エスカレートさせていく。彼女の肉体に憑依した悪魔と、悪魔払いに立ち上がったエクソシストの恐怖の死闘を描いた大傑作。

愛らしかった12歳のリーガンが、あれよというまにおぞましい存在へと変わるショック!奇行を繰り返し、暴力を振るい、猥言を吐き散らすさまは、とても子どもとは思えない、リンダ・ブレアちゃんの怪演が最高。
他の悪魔憑き映画と一線を画すのは、なんといっても、終始、心身の病を疑う視点から描かれる展開。脳のカテーテル検査はじめ、あらゆる先進医療に頼って、心の病を疑い、それをリアルな映像でみせる説得力。
なにをやってもリーガンの様子は酷くなるばかりで、万策が尽きたところでようやく疑心暗鬼でたどり着くのが、悪魔祓いの儀式なのだった。

教区の神父カラス(ジェイソン・ミラー)は、貧しいスラムの人々をおもうように救えず、老いた母の介護もままならず、信仰を揺るがさせている。その不確かさがいい。当初、悪魔祓いの儀式にさえ懐疑的なのだ。
イラクから呼び戻された、学者でありカトリック神学者でもあるエクソシスト、メリン神父(マックス・フォン・シドー)と悪魔の対決を目の当たりにして、はじめて、想像を絶する世界を信じ、対峙していくことになる。

いまとなっても演出にまったく古臭いところがない。えぐいシーンのオンパレード。語り草となっている、リーガンの蜘蛛歩きと、ゲロシーンなど、まさに悪魔憑き映画の金字塔だとおもう。
ラストで、なんの抵抗もなく、悪魔の存在をちょっとだけ信じさせる、不気味な幕引きがすきだ。


1976年にドイツで、悪魔憑きを法廷で争った事件を基にしたのが、法廷サスペンス映画の『エミリー・ローズ』(2005年)。
昨年観た『ポゼッション』は、2004年に起こった出来事を基にしていたらしい。
こうみても、欧米では悪魔がとり憑くという概念がまだ存在している。それは日本にいると、とても奇妙な現象で、馬鹿げているけれど、概念の刷り込まれる恐ろしさは、宗教に限らず目に見えないとても恐ろしいことにちがいない。

 (監督 ウィリアム・フリードキン/アメリカ/132min)
[PR]
by haru733 | 2015-03-07 13:16 | ルーマニア映画 | Comments(0)

武器人間 (2013年) ナチス最終兵器、出撃! 

d0235336_17442859.jpg

 影のダーク映画大国、オランダが生んだ珠玉のホラー、と私的にはいいたい。
第二次世界大戦末期のドイツに踏み込んだソ連の偵察部隊は、繋がらなくなっていた無線に、仲間からの援護を求める無線を受け取る。駆けつけた古い教会には、何者かによって大量虐殺が行われた痕跡があり、内部へ降りていく彼らを襲うのは、さらなる驚愕の事態だった...!

一部始終を映し出すのは、従軍した記録カメラの映像であるという、心憎い演出。手振れの臨場感に否応なくドキドキする。追い詰められたドイツの最終兵器は、狂気の博士が造り出す”武器人間”だった・・・
敬愛する『鉄男』へのオマージュなのか、特殊メイクで造られた、手作り感漂う武器人間の、種類豊富な愛すべきフォルムたち。わりとスローな武器人間は、速さ的には逃げられる。無敵とはいえ、手榴弾ならやつけられる、設定が最高。
ハーケンクロイツが乱舞するところも、わくわくせずにはいれない。
d0235336_17404655.jpg
d0235336_17443692.jpg

鎖に繋がれた奇妙な生き物が、突如、襲いかかって隊長を殺す。あれよという間に突き落とされる、出口のない恐怖。肉片の海で、無敵の最終兵器と死闘を繰り広げる彼らは、隊長を失ってから統制を失い、バラバラ寸前の状況。
訳ありカメラマンのポーランド人セルゲイ、その若き助手サシャ、横暴な俺様隊員、マッドサイエンティストなど個々のキャラクターが秀逸。
しかも、冒頭からは察することのできない展開が待ちうける脚本はかなりおもしろい。ソ連部隊に、なぜ、ポーランド人がいたのか。無線が通じなかった謎も合わせて、中盤からの展開には更なる魅力があった。
協力し合えない面々がたどり着く当然の報いと、好人物だから生き残る、定石かつシュールなオチがとてもすき。

監督・脚本はリチャード・ラーフォースト氏。本業は売れっ子CMディレクターだという本編は、とうていデビュー作とは思えないほどおもしろかった。

 (84min/オランダ=アメリカ合作)
[PR]
by haru733 | 2014-10-20 09:59 | オランダ映画 | Comments(0)

道化死てるぜ! (2012年) グ・ロ・グ・ロ・ピ・エ・ロ

d0235336_1857876.jpg

 主人公トミーの誕生パーティに呼ばれてきた道化師リチャード(ロス・ノーブル)は、興行のとちゅう邪魔してはしゃぐ子どもたちの悪ふざけが原因で死んでしまう。あれから6年。ふたたび誕生日を迎えたトミーは、ややトラウマ気味のネクラな高校生に育つ。友達を招待してパーティを開くことになるのだが、道化師が墓から蘇り復讐しにやってくるのだった―。

俗悪ブサイクなピエロが狙うのは、しょーもない高校生に成長した幼馴染たち。大勢集まったクラスメイトを皆殺しにしそうなものだけれど、いがいと律儀なピエロ男は、自分を死に追いやった幼馴染しか殺さない。
スプラッターもの、エログロナンセンス、お約束の三つ巴。主人公トミーと、初恋の相手と、わずかな友人以外、徹底して登場人物みんなが浅ましくて嫌なヤツなのが笑える。
d0235336_18583820.png

親不在のパーティは、見てるだけで吐き気を催す、下劣でえげつないいかにもな欧米風。ジャンクなフードに、酒、タバコ、薬物、SEX。こんなイカレタ高校生、俗悪ピエロに成敗されても致しかたなく思えるほど、どうかしてるティーンエイジャー。

蘇ったリチャードの復讐の手口は、もちろん道化師風で、一度死んだ不死身な体で、ひとりまたひとりと血祭りに上げていく。肉片、臓器がグログロ飛び散る。そこに平行して、情けないトミーが恋をして強くなっていく成長を描くのもまた、定石どおり。
アイルランド発、劇場未公開作。ひさしぶりに笑えるスプラッターものは、とびきりのくだらなさで、より面白かった。
d0235336_18573299.jpg

取り出した腸で、はいプードル。
     

(監督・脚本・編集 コナー・マクマホン/86min)
[PR]
by haru733 | 2014-10-16 23:39 | アイルランド映画 | Comments(0)

ポゼッション (2012年) 呪いの木箱を巡る実録ホラー

d0235336_20562781.jpg

 これを観てアメリカ人はほんとうに怖いのだろうか…真剣に疑問におもってしまった。
西洋文化特有の刷り込みをもってしても、悪魔祓い系でいまなお怖い作品があるのだろうか、つと悩む。

3ヶ月前に離婚した中年男クライド(ジェフリー・ディーン・モーガン)は、週末になると、2人の愛娘たちと一緒に過ごしていた。ある時、次女エミリー(ナターシャ・カリス)が、ガレージセールでアンティークな木箱を手に入れるのだが、それからというもの、箱に異常な執着を示し、やがて凶暴な振る舞いすら見せるようになってしまう。崩壊した家族と、エミリーに巣食った邪悪な何かとの対峙を描く―。
d0235336_20564769.jpg

ゾンビ映画は笑いながら、という見方がある。しかし悪魔ものはどうしてもおもしろくない。悪魔つきは精神の病、そんな観念から抜け出せないせいだろうか。
本編の家族も両親が離婚したばかりで、木箱にこじつけて本当は、感じやすい次女エミリーが心を痛めた結果に見えてしかたがなかった。爪の先ほども恐怖できなくてがっかり。。

まだ観ぬ恐怖を探して、とある『ホラー映画論』の新書を読んで未見のタイトルをメモしてみたりもしたけれど、やはりホラーは悪趣味系かスプラッター系が好きだな。

(92min/アメリカ=カナダ合作)
[PR]
by haru733 | 2014-10-07 23:37 | アメリカ映画 | Comments(0)

バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所 (2012年) ホラー的ニュアンスの積み重ね

d0235336_18344192.jpg

 原題『Berberian Sound Studio』から『バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所』とは、なんと素敵な邦題。劇場未公開作は、あらゆるホラー映画のエッセンスだけでできている、血も惨劇もない、地味ながらもちょっと良い変り種ホラー。
『ムカデ人間2』のローレンス・R・ハーヴェイ氏を彷彿する主演トビー・ジョーンズ氏が、小太りで醜い小男の風貌でホラー映画によく似合う。

ホラー映画の巨匠サンティーニ監督に雇われ、イタリアのB級怪奇映画専門特殊音響スタジオ、バーバリアン・サウンド・スタジオに赴任してきた音響技師ギルデロイは、突如異国の地に放り込まれた上、高慢な女優やお役所仕事しかしない事務員たちに囲まれ戸惑うばかり。毎日のように残虐シーンに触れ続ける彼は、やがて自身に潜む凶暴性を目覚めさせていく……。
d0235336_1834585.png

舞台がサスペリアなイタリアというだけあって、原色を多用した映像美と、恐怖を増幅する音楽などアーティスティック。製作に名を連ねるキース・グリフィス氏は、過去にヤン・シュヴァンクマイエル作品を手がけてきた人で、キッチュな手作り感など何気に微笑ましくさえあった。
全然怖くないけれど、絶叫する声、野菜を切り刻む音、色彩の妙だけで構成される不気味な小品は、単にニュアンスの積み重ねであっても、捨てて置けないホラー映画へのリスペクトに溢れていた。
d0235336_1835178.jpg

(監督・脚本 ピーター・ストリックランド/92min)
[PR]
by haru733 | 2014-09-30 20:42 | イギリス映画 | Comments(0)

モールス (2010年) 初恋が来たす道

d0235336_20454375.jpg

 凍てつく鉛色の情景に描かれた、スウェーデン映画の『ぼくのエリ 200歳の少女』は、ピュアな初恋が恐ろしくも切なくて忘れられない。
世界的にヒットしたダークファンタジーをハリウッドでリメイクした本編は、CGの多用で興を削ぎ、前作を超えることはなかった。12歳の少年が下す旅立ちの決断に、おなじような切ない余韻はあるものの、静謐さの失われたホラーでは見所を失ってしまう。
d0235336_20474841.jpg

先日、劇場で観た『思い出のマーニー』もそうだった。仕草や表情で読みとる作業の余地がないのが、さみしい。
解釈できるギリギリまでしか描かないスウェーデン版から、想像の余地を与えないほどわかりやすくなったリメイク版は、味気ない作品に生まれ変わってしまったと言わざるをえなくて。
モノローグで語らせない、想像と解釈の自由が、映画を楽しくすると信じています。

ちなみに、中性的であってほしい吸血鬼の少女アビーに、クロエ・グレース・モレッツちゃんは、ちょっと儚さと陰が足りないかも。まったくおなじ理由でリメイク版『キャリー』への食指が動かないのも、またさみしい。
[PR]
by haru733 | 2014-09-02 20:02 | アメリカ映画 | Comments(0)

静かに迫り来る恐怖 『永遠のこどもたち』 

d0235336_22572626.jpg
  かつて育った孤児院再建のため、海辺の廃墟に移り住んだ主人公のラウラ(ベレン・ルエダ)と、医師で夫のカルロス(フェルナンド・カヨ)は、施設の準備を終えた矢先、7歳になる愛息子シモン(ロジェール・プリンセプ)の突然の失踪事件に見舞われる....
子どもを取り戻すべく、孤児院に潜む不気味な因縁と対峙していく母の物語が、母子の強い絆を軸にスリリングに描かれていく―。

これは面白い。あらゆるホラー映画の感覚要素を網羅した、絶妙な恐怖。
歴史ある孤児院はゴシック調の薄気味悪さで、少しずつ明らかになる過去と真実が、見るものを驚きと恐怖に陥れていく。
設定の悉く心憎いことに、愛に満ちた家族が、奇怪な事件を境に崩壊していく喪失感が、まず観客を苛む。
d0235336_22573690.jpg

愛くるしいシモンは薬を切らせない重病を抱えていて、両親には見えないなにかが見えている。息子が失踪して半狂乱になるラウラの不安定は、育ちの不幸のせいかもしれないとおもう。おおらかなカルロスだけが頼りであったのに、息子が消えて牢獄と化した孤児院で暮らし続けるには、苦痛が長く続きすぎる.....。
すべて計算しつくされた物理的恐怖と心理的恐怖の狭間。ラウラの記憶に眠っていた30年前の孤児院での事件が浮かび上がるとき、衝撃の過去と、悲しみの真実と、愛に満ちたエンディングが待っていた。
d0235336_2257401.jpg

長編初となるJ・A・バヨナ監督は、とてもそうとはおもえない立派さ。有名監督が製作総指揮を務めても、面白くない作品は多々ある中で、ギレルモ・デル・トロ製作総指揮の本編はまちがいなくホラー映画の佳作だとおもいます。

館、異形、お人形、かくれんぼごっこ、数々のホラー因子がそろい踏み。猟奇ホラーを疑い、真の心霊現象を疑い、ダークファンタジーを疑ったその先に、『シックス・センス』ばりの死者と生者の交流と、計り知れない母の愛が待っている―感服のラストシーンがすばらしい。

(2007年/スペイン=メキシコ合作)
[PR]
by haru733 | 2014-01-19 17:21 | スペイン映画 | Comments(0)

ムカデ人間2 (2011年)

d0235336_22465126.jpg
 なんたること、前作は、単なる序章に過ぎなかったのらしい。

もっと、たくさん、
つ・な・げ・て・み・た・い。


こんなかわいらしいコピーからは想像もつかない、これまで観たどんなホラーよりも嫌悪感マックスのすごい続編となっていた。間違いなく映画史に残っていくでしょう。


(あらすじ)
ロンドンの地下駐車場で警備員として働くマーティンは映画「ムカデ人間」をこよなく愛していた。勤務中にDVDを繰り返し見るだけでは飽きたらず、「ムカデ人間」に関するスクラップブックを作り、暇さえあれば眺めている。
やがて欲望は膨れあがり、ついには自分も実際にムカデ人間を作りたいという衝動に駆られるようになっていく。古い貸倉庫を手に入れ、十二人もの人間を拉致したマーティンは、そして…。


モノクロになったことで陰惨さは増し、執拗に雨が降りつづき、倉庫はジメッとした不快な湿度に満ちている。
全編総出で、見る者を嫌悪の底に叩き込み、わずかな鎮静の兆しさえことごとく挫かれてしまう。
ホラーにありがちなエロスに逃げることもなく、変態ゲテモノ映画の金字塔を、わずか2作で打ち立ててしまった、トム・シックス監督、おそるべし。
d0235336_22464225.jpg

チビでギョロ目で気味の悪いマーティンは、猟奇殺人犯でも愉快犯でもない。ただ純粋に『ムカデ人間』が好きで、自作してみたいだけ。一作目が意外と硬派な一面を持っていたのは、この2作目のための序章であり小道具として必要だったからかと思うと、その周到さに唸るばかり。

d0235336_0255887.jpg
Rー18指定の"映画史上最もヤバい映画"は、グロさに免疫のあるハートの強いモノ好きな方だけにおすすめできる逸作。
未だ観たことのない壮絶な生き地獄体験、全世界絶句の感慨を、ぜひあ・な・た・も。
トム・シックス氏はすでに『ムカデ人間3』の制作に入っているとか、いないとか。いったいこの先、さらにどんな不快領域があるというのか、未知の世界はまだ繋がっているらしい。

                    オフィシャル・トイレットペーパ→はいかが。


(製作・監督・脚本  トム・シックス /オランダ=イギリス合作 /91min)


                                           
[PR]
by haru733 | 2012-10-10 00:00 | オランダ映画 | Comments(0)

吸血鬼ゴケミドロ (1968年)

d0235336_16231941.jpg すてきなネーミングに惹かれて、松竹の怪奇SFを鑑賞。

(あらすじ) 旅客機が空飛ぶ光体と遭遇、計器が狂い岩山に不時着した。乗客たちはからくも一命を取り留めたかに思われたのだが、乗客の一人は、吸血宇宙生物ゴケミドロに身体を乗っ取られていたのだった・・・・。

特撮つながりか仮面ライダーのような茶色の岩場で繰り広げられる、宇宙生命体による地球侵略。アメーバ状のゴケミドロは、旅客機の乗客のひとり、殺し屋(高英男)に入り込み、生き残った彼らを襲う、、!
一時代を偲びながら、そっと笑って見るのが一番。いまとなってはすごい描写がいっぱいで、それに輪をかけるように、DVD特典には、カウチ・コメンタリーと称して樋口真嗣監督×みうらじゅんによる愛ある毒舌トークが収録されているので、再見する際はカウチバーションで再生するのもたのしい。
『マタンゴ』を彷彿とさせるエゴのオンパレード。エロスはホラーと切ってもきれない関係というけれど、無意味にエロティックな場面が多かった。ゴケミドロに寄生されたおでこの傷なんか、みうらじゅんさん曰く見ようによってはかなりエロかったりする。

d0235336_16233645.jpgd0235336_16232298.jpg














気がつけば高英男氏の画像ばっかり(笑) 体を乗っ取られただけで、この人が宇宙人なわけではないのだが、本業の“シャンソン歌手”という経歴さえ忘れさせる怪演がすごい。吸血場面の目力はタダモノでない独壇場。
d0235336_16235612.jpg画像を探していて見つけたゴケミドロ・フィギュアも、いまだに愛されキャラであることを偲ばせる。

右は、人形が代役を務めた、額の割れ目から寄生するシーン。アナログ時代の貴重なあじわいだ。
人類滅亡を匂わせるラストといい、この時代のSFはなんともおもしろい。

(監督 佐藤肇/84min)
[PR]
by haru733 | 2012-08-27 22:50 | 日本映画 | Comments(0)

ムカデ人間 (2009年)

d0235336_2323315.jpg
  森の中の一軒家で独りで暮らす外科医のヨーゼフ・ハイター博士(ディーター・ラーザー)は、3つの人体の肛門と口をそれぞれつなぎ合わせて“ムカデ人間”をつくる実験に手を染めている変態マッドサイエンティスト。拉致されたあげく、彼の実験の餌食にされるアメリカ人旅行者と日本人男性の運命を、スリリングかつグロテスクに描く―。
観終えたあと、お休みの日の午後は、やや廃人のようにして過ぎていった。
d0235336_2324214.jpg

往年のホラー映画を正統に踏襲した気やすいオープニングから、気がつけば観たこともないエゲツない悪夢が疾走をはじめている。
“ムカデ人間”を創造した悪趣味もさることながら、繋がったことで起こるさらなる悲惨が3人を待っている。生きるために栄養を摂らなければならない先頭は食べる、そして、もよおす。その罪悪感といったら・・・。栄養状態の一番わるい尻尾に繋がれた者、真ん中ゆえの苦しみ、以下はご想像におまかせします・・・。
d0235336_2324954.jpg

“ムカデ人間”を満足げに見つめる冷酷なハイター博士の、妙に紳士然とした姿がかなりおそろしい。相当エゲツないのだが、何気に哲学チックになってくる良さもある。
人里離れた一軒家、ハイターから逃れようと必死に争う彼らには、やがて言葉や状況を超越した結束が生まれていく。行方不明者の捜索に乗り出した刑事の救いの手も加わり、物語は急展開をはじめるのだが。たとえ博士を追い詰めたところで、這いまわるしかない繋がった彼らは、運命共同体なのだ。先頭が死ねば生きてはいけない・・・・。
まさにその先頭役を演じているのが、日本人だというのだから奇妙だ。アメリカで演技を学んだという北村昭博が、関西弁まるだしでわめきまくっている姿は、その言葉を解する日本人に、より奇天烈かつ頼もしく映るはず。 
“ムカデ人間”は三部作
より評価の高い次回作もきっと観ようとおもう。


監督・脚本  トム・シックス
(90min/オランダ=イギリス)

[PR]
by haru733 | 2012-06-01 08:03 | オランダ映画 | Comments(2)


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目