タグ:モノクロ ( 13 ) タグの人気記事

市民ケーン (1941年) 奇跡のような名作

d0235336_8302574.jpg

 なんてすごい映画。当時25歳のオーソン・ウェルズが、製作・脚本・監督・主演をみずから務めた処女作。
実在の新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストをモデルに、超一級の風刺で描くミステリアスなドラマ。

荒廃した大邸宅で”バラのつぼみ”という最後の言葉を残して、新聞王ケーンは死んだ。彼の死を報ずるニュース映画が長々と映し出されたあと、物語ははじまる。
社の経営陣は、ケーンが遺した”バラのつぼみ”の意味を求めて、生前の彼をよく知る5人の人物を歴訪する。やがて立ち現れてくる、ケーンの真の姿とは―

構成そのものが、現代映画となんら変わらない。これが75年前に作られたものだなんて、にわかに信じられない。時間軸の交差、回想形式のおもしろさ、カメラワーク、違和感のない老けメイクまで、すべてにおいて驚異的だ。

破産寸前のインクワイアラー紙を買いとり、あれよという間に軌道に乗せる。偏った紙面で、姑息な手段もいとわず、ニューヨークで一番の新聞社へと育て上げるのだった。
やがて政治の舞台に踊りだし、知事選勝利まであとわずかに迫ったとき、オペラ歌手スーザンとの不倫を報じられ、落選。はじめて人生の挫折を味わったケーンは、この時から滑り落ちるように、冒頭の荒廃へとひた走っていく。
エゴで満ちた人生に、なにがあったのか。
幼い頃、両親から引き離されて深い孤独のなかで育ったケーンの、栄光と挫折の生涯を、回想形式で紐解きながら描いていく。

野望でギラギラした男から、愛情表現さえまともにできない惨めな男まで、奇才オーソン・ウェルズは撮り分け、演じ分ける。
しかも、キーワードの”バラのつぼみ”には、実在の新聞王ウィリアム・ハーストを揶揄する秘密まであるという。
本編では、田舎に暮らしていた懐かしい思い出の橇に描かれていた絵が”バラのつぼみ”だったというオチだが。実際は、新聞王が愛人の秘部をしてそう呼んでいると知ったオーソン・ウェルズによる悪意ある設定だという。

得てして、新聞社による妨害行為や脅しに屈して、上映を禁止する映画館が続出。当時、興行的には大失敗に終わったにもかかわらず、いまだに傑作映画ベストテンに登場する高評価ぶりで、愛されている。
ほんとうにものすごくよくできた作品だった。
にもかかわらず、理解できないほどの睡魔に襲われて、途中なんど挫折しながら見終えたか知れない。
すごくおもしろかったのに。

 (119min)
[PR]
by haru733 | 2015-02-23 09:49 | アメリカ映画 | Comments(0)

根無し草が奏でるオフビートな旅 『ストレンジャー・ザン・パラダイス』 

d0235336_214351.png

 なにかありそうで何もおこらない、ジム・ジャームッシュの世界観はいつだってステキだ。
NYに住むギャンブル仲間のふたりが、車に乗って、以前世話した従姉妹エヴァ(エスター・バリント)のいるクリーブランドへ。それから3人で当てもないままフロリダへ旅に出る―。ワンシーン・ワンショットの長回しでユーモラスに描いた会話劇が独特のリズムを刻む、ジャームッシュ監督の代表作。

斜に構えた主人公ウィリー(ジョン・ルーリー)の気だるい日常が、ブタペストからやってきた16歳のエヴァによって変調をきたす冒頭。マイペースなウィリーを巻き込むもっとマイペースなエヴァは、ホサボサの無造作ヘアがかわいい変わった娘。
いつしかそんなエヴァの存在を気に掛けはじめるウィリーだったが、あっさり彼女は10日後クリーブランドへと旅立ってしまう。
時は流れ。変わらない日常、ギャンブルに明け暮れるウィリーがいた。あるとき、イカサマ賭博で大金を手にした彼は、相方とともに、エヴァのいるクリーブランドへあてのない旅に出るのだった―
d0235336_2141849.jpg

ニューヨークからクリーブランドへ。クリーブランドからフロリダへ。モノクロのオフビートが似合う退廃的な旅の一コマ一コマが、なんてオモシロイ。カッコよすぎる。
タバコを吹かし、小さな荷物で、当て所なく目的もなく。ケンカをしても有り金全部擦っても、後がなくなると先が見える、奇妙なツキに守られている彼らには、いつだってジャームッシュの愛を感じて、微笑ましくって羨ましくなる。できないと知りながら、真似た生き方がしたいとおもう。
d0235336_2144272.jpg

借りた車で流した1000キロの旅に、構える仕草はどこもなくて、あるがままの人々に、ミニマリズムへの憧れ覚える一本。

 (90min/1984年/アメリカ=西ドイツ合作)
[PR]
by haru733 | 2014-01-28 21:59 | アメリカ映画 | Comments(0)

大河のうた (1957年) オプーの旅立ち

d0235336_10374566.jpg

 前作『大地のうた』につづくオプー3部作の第2部。娘を喪い失意のもとベンガルを去り、信仰の町ベナレスへとやってきたオプー一家。倹しくも穏やかな暮らしは、しかし長くは続かず、一家はふたたび苦難にさらされる―。

信仰の町ベナレス、ことヴァーラーナスィーにあるガンジス河のガートのある風景に心を持っていかれる。
いつか旅した記憶が蘇ったのだけれど、半世紀も前の景色は変わっておらずに、ガンガーの流れの普遍性に憧憬が募った。敬虔な父親は、この土地で説法をして暮らしを立てはじめるけれど、あっさりと肺炎に罹り死んでしまう。母子はふたたび悲嘆にくれる。
父の死を境にした後半は、ベナレスを去り親戚のもとに身を寄せた母子の、その後の切ないすれ違いを描いていく。
d0235336_10375327.png

第2部の命題は、親の心子知らず。賢いオプーは、教師から都会の大学へ進学するよう勧められ、母の反対を押し切ってカルカッタへと出ていく。働きながら学び、徐々に自立していくオプーは、一人待つ母の元へはめったに帰らない。一方の母親は、会えない寂しさに耐えながら、病んだ体で遠くに暮らす息子を気遣っていた。老木に身を横たえ、息子が帰ってくるかもしれない汽車をいつも眺めている母の姿が切ない....。
いつの時代も変わらないのは親心、そして、亡くしてはじめてむせび泣く子の親を慕う思い。世界で絶賛された所以は、きっとそういうところにある。詩情豊かに捉えたインドという国の民の魅力。素朴で敬虔な人々が営む暮らしは、いまでこそ野暮にも粗略にも見えるけれど、昔のイタリア映画、たとえばデ・シーカの往年のモノクロの名作にある生きる力にちょっとだけ似ている。朴訥さは引力。
[PR]
by haru733 | 2013-12-15 00:00 | インド映画 | Comments(0)

二十四の瞳 (1954年) 心清らかになる名作

d0235336_21391197.jpg

 何度も映像化されてきた壺井栄の同名小説を、名匠・木下恵介が脚色・監督した名作。
このごろ、休日が少なかったせいで映画について書かずにいるけれど、その間観た作品のなかでとくに素晴らしかったこちらは、ぜひ書いておかなければ。

瀬戸内海の小豆島の分校に赴任した、新任教師大石先生(高峰秀子)と、12人の生徒たちとの交流を描いたこころ温まるドラマは、日本の懐かしい情景がいっぱい。そこにこれほど反戦のメッセージが色濃いとは知りませんでした。半世紀いじょう経てもなお色褪せない秀逸な脚色と、たしかなテーマ、丁寧な映画作りと完成度の高さが、いつまでも愛されつづける理由なのでしょう。

舞台は、奇しくも日本が軍国主義へと突き進んだ時代の長閑な片田舎。大らかに成長した生徒たちにも、国勢は容赦なく暗い影を落としていきます。大石先生の願いは、ただひとつ。はじめて担任をもった可愛い教え子たちに、大志を抱いて立派に生きて欲しい。
けれども、男の子たちの多くは軍人になることを夢見て、そのほとんどが帰ってはこなかった....。

時代に翻弄される教え子たちの辛い人生に憂いで、いつも涙を流している大石先生が、たまらなく魅力的です。それは、主演・高峰秀子さんの魅力と演技力にほかならないとおもう。
洋服で颯爽と自転車を漕ぎ登場する新任教師時代、結婚して、やがて夫を戦争で失い、女手一つで子どもを育て上げる立派さ。大人になって苦労する教え子たちに、どうか幸せになってほしいと尽力する、人柄や涙脆さや気丈さが、非凡な演技によって胸に迫ります。
やがてまた、あの懐かしい分校へ教師として戻っていく中年までの物語が、深い余韻を残すのです。
d0235336_21391342.jpg

本編がすごいわけは、子役たちのキャスティングにもあるのかもしれない。それぞれ本当の兄弟たちが成長した姿を演じて、大人役にも子役にそっくりの役者陣を起用したというこだわり。だからこそ、自然な12人の成長をかんじて、なお胸に響くものがあるのでしょう。
これからどんなにリメイクされても、高峰秀子さんを超える大石先生像は生まれそうにないし、数十年に渡る人生の哀切歓喜を演じ切る女優さんを、思いつくことができません。
そうして、デジタル化され画質の向上したいまだからこそ、画面の曖昧さがいかに美徳であったかと。

 (まったく長さをかんじさせない156min)

それにしても、このての作品の笠智衆さんの存在感は、白眉!
[PR]
by haru733 | 2013-09-06 09:24 | 日本映画 | Comments(0)

ニーチェの馬 (2011年) 映画の極点

d0235336_2144840.jpg

 荒涼とした大地が広がる人里離れた農場。とある貧しい農夫とその娘は、日々素朴な暮らしを営んでいた。やがて不吉な風が彼らを支配して、禍々しい出来事が終焉を予感させながら確実に近づいてくる―。

ハンガリーの鬼才タル・ベーラ監督が、厳粛に生と死の寓話を綴ったドラマ。公開当時のコピーは〝映画の極点〟。 監督自身、これが最後の作品だと公言しているだけあって、映画ファンとしては目撃しておきたい一本。
不要なもの一切を削いだ様式は、たしかに極北といっていいのかもしれない。台詞、色彩、物語さえ最小限に留めたなかに静謐が満ちていて、終焉の予感がひたひたと広がっていく。
d0235336_21442514.jpg

逃れる術など存在しない深い不穏。起きて、働き、ジャガイモひとつだけを食べて、また寝る。これ限りの描写が6日間繰り返されていくだけ。神は6日間で世界をつくった―そんな聖書の一文をふと思い出させるけれど、違っているのは、先にあるのが終末であるらしいこと。

何度も繰り返されるテーマ曲と、陰鬱なモノクロ画面の長回しロングショットが延々154分。見る価値はあっても、似たような作風のタルコフスキーさんやアンゲロプロスさんに比するほどすごいとはおもえなかった初タルベーラさんでした。
それにしても極北に至るまでの厳しさたるや、睡魔に抗えず、なんど意識を失っただろう。

 (154min/ハンガリー=フランス=スイス=ドイツ合作)
[PR]
by haru733 | 2013-08-25 20:39 | 多国合作映画 | Comments(0)

恐怖と欲望 (1953年) キューブリック幻の劇場映画デビュー作

d0235336_20412098.jpg

 もっとも敬愛する監督のひとりスタンリー・キューブリックは、手がけた作品すべてどれもそれぞれにすきです。1999年に亡くなるまで遺した映画は、わずか13タイトルという寡作の人でありながら、史劇、アクション、SF、ドラマ、ホラー、戦争、エロス、サスペンス、ミステリー、コメディとほとんどすべてを網羅している鬼才。
一般に代表作とされるのは、『2001年宇宙の旅』『時計じかけのオレンジ』『博士の異常な愛情』『シャイニング』『フルメタルジャケット』ということになるのでしょうが、原作ともども大好きな『ロリータ』や、もの侘しいライアン・オニールとサラバンドのテーマが脳裏に焼きつく『バリー・リンドン』は、目立って評価されることはないけれど私的お気に入り。
これまでキューブリックのデビュー作は1955年『非情の罠』とされてきましたが、監督自らアマチュアの仕事として封印した幻の処女作があることは、わりと広く知られていました。それが、いつかこうして観られる日がこようとは!喜びを隠しきれないまま、ミニシアター蠍座へ足を運びました。

d0235336_20422358.jpg

(あらすじ) どこの国かは分からないとある戦場。乗っていた飛行機が墜落し、敵陣の森に取り残された4人の兵士たちは、筏をつくり川を下る脱出計画を立てるのだが―。

裕福な叔父から資金援助をうけて、ほとんど未経験のスタッフと出演者で完成させたという、一時間ほどの小品。
『非情の罠』に比べるととうぜん完成度は落ちますが、惹きつける画の魅力ひとつとっても、鬼才の片鱗をみた気がします。人間本質に迫るテーマは、のちの『突撃』や『フルメタルジャケット』に通じる。

死の恐怖に怯えながら脱出計画を実行に移す4人は、そのとちゅうで、現地の女に姿を見られてしまいます。密告を恐れた彼らは女を捕え、下っ端の二等兵に見張りを任せるのでしたが....木に縛り付けられた美しい彼女と一緒に取り残された二等兵は、置き去りにされたかもしれない疑心と、異性への情欲に我を失い、やがて狂気の淵へとさ迷っていくのでした。
同じころ、残る3人は、図らずも敵の将軍を発見したことで、手柄を立てる欲にかられ、脱出計画は徐々に危険な懸けへと変わっていくのです。

撮影シーンごとのロケハンの様子がダイレクトに伝わる編集がワイルド、あえて言えば、こなれなさを感じさせる唯一の要素かもしれません。完璧主義の監督が、弱冠25歳の処女作を許せなかった気持はわかったけれど、役者たちのすごい表情を捉えたインパクトや、ラストの筏が流れ着くシーンなど、お蔵入りするにはもったいない完成度だとおもいます。

 (製作・監督・撮影・編集 スタンリー・キューブリック/62min)
[PR]
by haru733 | 2013-07-22 22:30 | アメリカ映画 | Comments(0)

飢餓海峡 (1965年) 飢餓感に蝕まれた時代を巡る運命劇

d0235336_859842.jpg

 せんじつまで札幌のミニシアター“蠍座”では、三國連太郎追悼企画として『飢餓海峡』がリバイバル上映されていました。気になりつつも終わってしまい、しかたなく今回はDVDで。
物心ついた時から三國さんは『釣りバカ日誌』のスーさんで、役者としての凄みを感じさせる立派な主演作を見ておきたかったのでした。

水上勉の同名推理小説を内田吐夢が監督した、サスペンスタッチの壮大な人間ドラマ。
昭和22年、函館地方を襲った台風で青函連絡船が転覆、折しも岩内町では大火が発生する。火災は質屋の店主を殺害し現金を奪った犯人による放火と判明。そして転覆した連絡船からは二人の身元不明死体が見つかり、質屋に押し入った三人組強盗のうちの二人であることが分かるのだった。函館警察の弓坂刑事(伴淳三郎)は、事件の夜に姿を消した第三の男、犬飼多吉(三國)を追って下北半島へ赴くのだが....。
物語は、迷宮入りした放火殺人事件から10年。樽見京一郎と名を変え、舞鶴で名士として成功している犬飼の元に、あの事件の日親切にされた下北の娼婦・八重(左幸子)が訪ねてきて劇的な変化の様相をみせていく―。
d0235336_8595390.jpg

砂の器』と並び称されるだけあって、鑑賞後の印象は似ています。年代特有の古さがある殺人事件を追う刑事ものは火曜サスペンス劇場のゴージャス版のよう。日本映画を代表する傑作にむかってとても失礼だけれど。
黒澤明監督の『天国と地獄』を新鮮な驚きを持って観たことをおもうと、3時間を長くかんじた本作は過大に期待し過ぎてしまったのかもしれません。

10年前の逃亡のさなか、しとねを共にしたあと犬飼は、親切な八重に盗んだ金から大金を包み去ってゆくのでした。その金で借金を返して都会へ出て親孝行まで果たした八重は、たった一夜の情交で得た恩を忘れられず、犬飼の残していった親指の爪を大切にしまい込んで心の支えにしてきたのです。
そんな彼女が、ふと手にした新聞。そこに犬飼の顔を見つけた衝撃は大きく、居てもたってもおられずに名前こそ違えど写真の男・樽見京一郎を訪ねていったところで、第二・第三の悲劇は起こるのです。

廉潔とはいえないまでも懸命に生きてきた八重の無念の短い人生。事件に翻弄されながらも父親として立派に息子たちを育てあげた弓坂刑事の人生。そして、敗戦後のどん底からのし上がろうと強かに生きる犬飼の人生が絡まりあう。10年間の物語は、中だるみはあるけれど、構成は緻密。なかなか見ごたえがありました。
やがて追い詰められた犬飼の見事なラストシーンは圧巻、日本映画史に残る名デッド・シーンではないでしょうか。

 (183min)
[PR]
by haru733 | 2013-06-21 00:00 | 日本映画 | Comments(0)

マドモアゼル (1966年) 傲慢な女教師の欲望 

d0235336_884294.jpg

 フランスの農村。村人から信頼の厚い女教師は、欲求不満から裏で悪質ないたずらを繰り返している。やがてイタリアからの出稼ぎ労働者である木こりを誘惑し、息子共々不幸へと追いやる、魔性の女の行状を描いたスリラー。

これはたしかにトラウマ系の作品かも。欲求不満のマドモアゼルって...想像に難くない(爆)。脚本にはジャン・ジュネと、あのマルグリット・デュラスが名を連ねている凄みがあります。

極端に潔癖で神経質なマドモアゼル(ジャンヌ・モロー)は、淑女の仮面をかぶった厳格な教師。しかし実際は陰険で、どす黒くて、ど変態。
村の女たちと同じように、イタリアからやって来たヤモメの木こりの虜となり、放火を繰り返しては、騒ぎのなかで活躍する彼を見つめるのが悦楽の時となっているのでした。

マドモアゼルが欲望を募らせ疼いているさまはなんとも強烈。ついに淑女の仮面を剥いだ彼女の奔放な淫らさは、間接的描写ではあるけれど執拗でエロティックです。
束の間、愛し合う男と女―。しかしことの顛末は、悪女マドモアゼルの冷酷な仕打ちによって悲劇へとむかうばかり。

彼女の正体を見抜けるのは、木こりの一人息子で、マドモアゼルの教え子である少年、ただひとりだけ。
彼は倒錯したマドモアゼルによって、父親への欲望の裏返しに虐められ蔑まれるというのに、先生が犯人であることを、さいごまで黙っているのです。いたいけでなんて可哀想なの!
しかし、マゾヒズム・マドモアゼルはどこまでも下劣、親子の絆を裂いて欲望を貪ったあとは、そそくさと村を去っていくのでした。

抉くてこわくて、無駄のないおもしろさでした。



 (102min/イギリス=フランス/監督 トニー・リチャードソン)
[PR]
by haru733 | 2013-04-22 00:00 | イギリス映画 | Comments(0)

ムカデ人間2 (2011年)

d0235336_22465126.jpg
 なんたること、前作は、単なる序章に過ぎなかったのらしい。

もっと、たくさん、
つ・な・げ・て・み・た・い。


こんなかわいらしいコピーからは想像もつかない、これまで観たどんなホラーよりも嫌悪感マックスのすごい続編となっていた。間違いなく映画史に残っていくでしょう。


(あらすじ)
ロンドンの地下駐車場で警備員として働くマーティンは映画「ムカデ人間」をこよなく愛していた。勤務中にDVDを繰り返し見るだけでは飽きたらず、「ムカデ人間」に関するスクラップブックを作り、暇さえあれば眺めている。
やがて欲望は膨れあがり、ついには自分も実際にムカデ人間を作りたいという衝動に駆られるようになっていく。古い貸倉庫を手に入れ、十二人もの人間を拉致したマーティンは、そして…。


モノクロになったことで陰惨さは増し、執拗に雨が降りつづき、倉庫はジメッとした不快な湿度に満ちている。
全編総出で、見る者を嫌悪の底に叩き込み、わずかな鎮静の兆しさえことごとく挫かれてしまう。
ホラーにありがちなエロスに逃げることもなく、変態ゲテモノ映画の金字塔を、わずか2作で打ち立ててしまった、トム・シックス監督、おそるべし。
d0235336_22464225.jpg

チビでギョロ目で気味の悪いマーティンは、猟奇殺人犯でも愉快犯でもない。ただ純粋に『ムカデ人間』が好きで、自作してみたいだけ。一作目が意外と硬派な一面を持っていたのは、この2作目のための序章であり小道具として必要だったからかと思うと、その周到さに唸るばかり。

d0235336_0255887.jpg
Rー18指定の"映画史上最もヤバい映画"は、グロさに免疫のあるハートの強いモノ好きな方だけにおすすめできる逸作。
未だ観たことのない壮絶な生き地獄体験、全世界絶句の感慨を、ぜひあ・な・た・も。
トム・シックス氏はすでに『ムカデ人間3』の制作に入っているとか、いないとか。いったいこの先、さらにどんな不快領域があるというのか、未知の世界はまだ繋がっているらしい。

                    オフィシャル・トイレットペーパ→はいかが。


(製作・監督・脚本  トム・シックス /オランダ=イギリス合作 /91min)


                                           
[PR]
by haru733 | 2012-10-10 00:00 | オランダ映画 | Comments(0)

鬼婆 (1964年)

d0235336_11272594.png

 はじめて観る巨匠・名匠の作品はできるだけ昔のものから―そう暗黙のルールが働くようになったのはいつからだろう。年を経て丸くなった作品から入ると、わりと驚きがなくすぎてしまう。
たとえば黒澤明監督にはじめて触れるとして、『八月の狂詩曲』や『まあだだよ』から入るのと、『静かなる決闘』や『羅生門』から入るのとでは、違う。より深い印象を刻むのは、初期や中期の作品だとおもう。
5月に亡くなられた新藤監督も、そのひとり。未知の作品群が気になりながら、遺作『一枚のハガキ』は敬遠してしまって、追悼リバイバル上映で知った本作を、新藤監督初鑑賞作に選んでしまった。

それにしてもこの凄まじさ、大正解!乙羽信子と吉村実子の形相に度肝をぬかれる。奥さん(乙羽さん)をすこしも美しく撮ろうとしないおぞましい画面に圧倒されるのみ。

時は戦国時代。落武者を殺しては武器と鎧を売りさばいている娘とその義母の元に、村の男がひとり生きて戻る。やがて娘は男と恋仲になり、夜な夜な男の元へ通うようになるのだが、義母は欲情と若さへの嫉妬に狂っていく。
あるとき、芒ケ原に迷い込んだ落武者を殺した母は、その武者がつけていた般若の面を奪う。彼女は、男の元へ急ぐ嫁を待ち伏せ、面をつけて鬼となり嫁を脅かすのだが・・・・いつしか呪いの面は顔から取れなくなっていた・・・・。

モノクロの画面に、戦国時代の農民の壮絶な生き様が劇的。芒ケ原の草いきれと葉のさざめきが脳裏に焼きついて離れない。獣のように食い、獣のようにまぐわい、生きるために殺す。エゴと野性むき出しの3人に、自然淘汰はあたりまえのようにやってくる。
およそ美しいものは排斥された、嫌悪を催すこのての作品は、時代の流れでもう作ることができない往年の傑作として、ちゃんと「死ぬまでに観たい映画1001本」に選ばれていた。
名匠と呼ばれるワケがこの一本で頷けた新藤監督、次はなにを観よう。『原爆の子』 『薮の中の黒猫』 が気になっているとこ。


(監督  新藤兼人/100min)
[PR]
by haru733 | 2012-09-22 23:15 | 日本映画 | Comments(0)


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目