人気ブログランキング |

ディア・ドクター (2009年)

d0235336_2273874.jpg

  最新作 『夢売るふたり』 が劇場公開中の西川美和監督作品。深いテーマをおもしろ可笑しく、女性らしい機微に長けた丁寧さで描いた本作はとってもよかった。原作・脚本も手がけている物語の着地点はたしかで、シビアな内容なのに結末はじつに爽やかだ。

山あいの小さな村。数年前、長らく無医村だったこの地に着任して以来、村人から絶大な信頼を寄せられている医師・伊野(笑福亭鶴瓶)。そんな彼の元に、東京から研修医の相馬(瑛太)がやってくる。彼は僻地の厳しい現実に戸惑いながらも、唯一の看護師・朱美(余貴美子)とともに、神様のように慕われる伊野をサポートしながら、次第にやりがいを感じていくのだが。ある日突然、伊野が姿を消してしまう――。

d0235336_2281371.jpg

行方不明者捜索に来た警察は、すぐさま犯罪捜査へと転換。伊野は無免許医であったというのだ。聞き込みをすすめていくなかで知る、偽医者の憎めない素顔や真摯な姿が回想形式で綴られていくという、ユーモラスかつ緊迫感ある見事なドラマ。 
ひとりの無免許医が巻き起こす悲喜交々をとおして、無医村の抱える問題や、立派な医者とはなにかを問う。
偽医者の伊野は、医師にあってほしいとみんなが願うような、資質と人柄を持っていた。おなじものを都会の開業医や偉い医者に求めて、いったいどれくらい得られるだろう。
免許があれば医者だけれど、患者に慕われるかは結局はその人間性にかかっているのだ。

中盤の回想シーン。研修期間が終わっても伊野の元で働きたいと言う相馬に、伊野は真顔で告白する。

「オレは資格がないんや・・・・」

「なにいってるんですか。先生が僕の親父をみたら・・・経営のことしか考えてなくて笑っちゃいますよ」

「そうやない、資格がないんや・・・・」

医師免許の資格と、資質としての資格。伊野の言葉の真意を取り違えた相馬には、この時まだ、彼の苦悩を知る由もない。
そのころ伊野は、一人暮らしの未亡人かづ子(八千草薫)が胃がんに冒され、末期症状であることを確信していた。独学で医学書の知識を詰め込む彼に、かづ子は、都会で医師をしている娘には絶対内緒にするよう頼む・・・・。
彼女は、夫のように、都会で最新治療を受けてただいたずらに寿命をのばして死んでいくより、子どもたちに迷惑をかけず、村で自分らしく死にたいとおもうのだ。伊野は迷いながらも、彼女の願いを尊重する。
そしてこの判断が、伊野が姿を消さねばならなくなる、物語冒頭の状況へと至らせてしまうのだが。。

d0235336_2275087.jpg

伊野が無免許医であることに気づきながら、無言のサポートをつづけた朱美や、純粋に人のための医療を志す研修医の相馬、母の病気に気づけなかった、医師であるかづ子の娘など、医療に携わるみんなが揺れた、偽医者の生き様から、きっとこちら側もなにかを感じて学ばされるのではないだろうか。
ラストで伊野は、紛いなりにも医者を演じた日々に見出した、医師としてあるべき姿を貫く――微笑ましくも爽やかな結末が感動的。

患者たちの盲信に笑っているうち、いつしか笑福亭鶴瓶が田中邦衛に見えてくる。なんとも味わい、役者つるべえ、おそるべし。


(127min)
by haru733 | 2012-10-04 00:00 | 日本映画 | Comments(2)
Commented by あぶく at 2012-10-07 00:31 x
こんばんは♪
ご覧になったのですね。
西川監督の作品群のチクリとするところ好きです(笑)
でも皮肉ばかりでなく今回は温もりもあって、haruさんも書いていらっしゃるように爽やかに終わったところも、私もこの作品は良かったです。
憎めないこの役、観ているうちに鶴瓶さん以外にいないなぁと思えて来ました(*^^*)
Commented by haru733 at 2012-10-07 16:49
こんにちは!
やっと観ました(笑)なんとなく遅れましたが、とっても良かったですねー
西川監督の手腕はこうしてみると、やはり確かな気がします。刺してきますねーサクリと。
『ゆれる』ほどシビアじゃなくて、ユーモアと救いもあって、本編はかなり好きでした。

劇場へはいけないかもしれないけれど、最新作「夢売るふたり」は、良さげで期待しているのです。


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾  
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目