バベットの晩餐会 (1987年) 至福の晩餐へようこそ

d0235336_20234432.jpg

 日記をサボっているあいだにも、感想を残しておきたい作品との出会いはあって溜まるいっぽう。
ことし最初の私的五つ星作品は、この『バベットの晩餐会』でした。味わい深い名作。

19世紀後半、デンマークの小さな漁村に、俗世を離れて倹しく暮らす敬虔な人々がいた。弟子たちに深く慕われる伝道師には、美しい娘がふたり。
あるとき、娘たちに恋する男がそれぞれ現れる。ひとりは士官のローレンス、ひとりはオペラ歌手のパパン。ともに深く姉妹を愛するのだが、神と生きる彼女たちとの結婚は諦めざるを得なかった・・・・。
やがて父が亡くなり、ふたりは未婚のまま、村の暮らしを守り歳をとっていく。
そんなある時、パリ・コミューンで家族を失い国を追われた失意の女性が、パパンの遺した紹介状を携えて姉妹を尋ねてくる。ふたりはバベットという名の、そのフランス人女性を引き取り、無給の家政婦として共に暮らすようになるのだった。
そしてさらに十数年の歳月。ある時、知人から貰った宝くじで一万フランを手にしたバベットは、姉妹に感謝を込めた晩餐会を開きたいと申し出た。バベットの手により、フランス料理のフルコースが振舞われたその晩餐は、厳しい宗教生活の人々を、生まれて初めての安らぎへと誘っていく。
そして列席者のなかには、かつて姉妹に恋したローレンス将軍の姿があるのだった―。
d0235336_20233762.jpg

清廉な人々の、はじめて経験する夢のような晩餐会は、純粋な思いが繋ぐ奇蹟のような一夜。
贅を極めたフルコースに、皆ははじめ、戸惑いを隠せない。しかし、おなじ料理をパリの『カフェ・アングレ』で食べたことがあるという唯一の客人・将軍ローレンスの振る舞いに導かれるように、やがて彼らも人生初の食の悦びを享受していく。
ストイックであることに慣れた村人の、素直に「おいしい」と言えない摩訶複雑な表情に、クスッと笑がこぼれた。

とにかく、フランス料理の様式の美と、バベットの作り出す品々が魅力的でしかたがない。彼女こそ、パリ・コミューン以前、名店『カフェ・アングレ』で働くシェフだったのだ。
言葉も生活様式も違う土地で、失意の底から立ち直ることができたのは姉妹のおかげ。
姉妹の誠実さが、恋した男たちのその後の人生を変えて、バベットを救った。バベットの純粋な感謝が、敬虔な村人たちの老齢によるひがみを溶かし、ローレンスの昔の恋を奇麗な思い出に変えていく―。
たった100分のなかに、どれほどの時が流れ、浪漫とロマンスを感じたことだろう。こんなに芳醇な感慨を得られる作品は、めったに巡り会うことはできない。

 (監督  ガブリエル・アクセル /102min)
[PR]
by haru733 | 2013-01-27 00:01 | デンマーク映画 | Comments(0)


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾  
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目