人気ブログランキング |

東京公園 (2011年) 都会の秋に優しくかよう心たち

d0235336_21113778.jpg

 ひょんなことから、都内の公園をあちこち散策する人妻(井川遥)の隠し撮りを依頼されたカメラマン志望の大学生・光司(三浦春馬)。彼と周囲の人々が織りなす切なくも温かい人間模様を瑞々しく描いた、青山真治監督によるヒューマンドラマ。

これ、おもしろかったです。厭世的に都会の孤独を描き出す作品もすきだけれど、深いところで結びついた人々の物語もすきです。俳優たちが魅力的なのは、青山監督の手腕。
幼い頃、カメラマンだった母親を亡くした光司は、将来、写真家になりたいと夢見ている気の優しい大学生。一人暮らしの光司の家には、なぜだか彼にしか見えない、生前親友だったヒロ(染谷翔太)のお化けが住みついていて、その息吹を感じるため、ヒロの元カノ・富永は度々光司の家にやってくるのでした。

異性同士でありながら深い友情で結ばれた富永(榮倉奈々)と光司の関係、血の繋がらない姉・美咲(小西真奈美)と光司の関係、隠し撮りを依頼した歯科医と人妻の関係....ちょっと奇妙な幾つもの関係に目が離せません。それぞれが胸にしまい込んできた想いを溢れさす背景に、都会の秋の公園の情景があまりにもよく似合う。
瑞々しさも感性もユーモアも人間観察眼も、ありふれたものとはちょっとだけ違う青山テイスト。
d0235336_21121827.jpg

平凡な日常に、変化は些細なきっかけで訪れるのでしょう。本編では、母親の入院をきっかけに、血の繋がらない美咲と光司のあいだにはおおきな変化が。小西真奈美と三浦春馬は、密かに抱きつづけてきた思いを表面化させる姉弟を長回しで熱演していてドキドキしました。ふたりだけではなく、自然体の井川遥も、中性的な榮倉奈々も、俳優陣の魅力を再発見させてくれる好編ではないでしょうか。富永が語るホラー映画談義がまたおもしろい。

(119min)
by haru733 | 2013-06-09 00:00 | 日本映画 | Comments(4)
Commented by 荻々亭主人 at 2013-06-28 22:28 x
懐かしいですね。およそ2年前に東京に所用で上京して、新宿の映画館で鑑賞しました。当時のブログの感想を読み直してみると、震災直後のせいか、小難しいことを書いていますが、原作も含め、普通にやさしい雰囲気の作品だったと思います。

そうそう、このころ、原作者の小路幸也氏や青山真治監督とTwitterでちょっとばかり会話していた時期です。クランクインしてからは青山監督からリプはありませんでしたが、小路氏は感想を書くと、必ず返信してくれました。懐かしいなぁ。

現在は、いつでも映画館に行けるという自由な選択肢が手元にあるためか、すっかり映画館に足を運んでいませんが、そろそろ映画館通いを始めようかな、などと考えております。

それでは♪
Commented by haru733 at 2013-06-29 23:05
荻々亭さんへ
およそニ年前に跳んできました。
>死の受容...
ああ、たしかにそうだったなーとおもいます。表面に見えている以上に奥行のある作品との出会いは、無条件にうれしくなりますね。
青山氏は邦画の未来を担う中堅の監督さんという印象です。

>小路幸也氏や青山真治監督とTwitterでちょっとばかり会話していた時期です

あ!そういえば、監督と並んで用を足したのもこの頃では。
原作者のお話がきけるなんていいですね。原作と映画の空気感は似ているのでしょうか。ちょっとユーモアがあったり?

映画館通いは、ぜひ再開してください。今年はリバイバル上映にも気持ちが向いていて、せんじつは『八月の鯨』観てきました。スクリーンで観るのは良いものですねw
Commented by 荻々亭主人 at 2013-06-30 21:24 x
そうそう、ツレションしました。これも、また、懐かしいです。

原作を読んだのは、ブログで確認してみると2年半前になります(名前をクリックすると2年半前に飛びます)。ブログに書いてあることしか記憶にない、といった感じですが、空気感は似ているけれどそれぞに独特、といった感じだったでしょうか? う~む。

目的は違うかもしれませんが、リバイバル、田舎にいる間に見逃した作品、リバイバルしてないかな、と探しています。「冷たい熱帯魚」とか「ヒミズ」なんか、映画館でじっくり観たい作品なんですよね。生活にリズムも出てきましたし、近く、映画館通い再開しようと思います。でも、八月中にはもう一度引っ越ししなければならないので、九月からになるかな。ま、年内には積極的に再開します、はい♪

それでは(^_-)-☆
Commented by haru733 at 2013-06-30 22:07
荻々亭主人さん

原作の感想へ跳んできました。なるほどー、映画とはちょっと違う雰囲気なのかなとおもいました。原作のほうが朧ろのような。
夫婦の設定が、たしかに『フォロー・ミー』に似ています。尾行することで相手を再認識して、あらためて愛を深めるところなんか、いい映画でしたね。

>「冷たい熱帯魚」とか「ヒミズ」

まさに劇場だともっと楽しめたかも、という園作品です。
過激すぎてか「冷たい熱帯魚」は札幌駅のシネコンではかからずススキノのシネコンでした、こちらでは。
二度目の引越しなどお忙しそうですが頑張ってくださいねw


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾  
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目