人気ブログランキング |

『エイリアン』シリーズ考

d0235336_17551125.jpg

 せんじつ『プロメテウス』を観たあと、『エイリアン』シリーズが懐かしくなって、4作品再見しました。今なお楽しめるSFホラーの金字塔。
記念すべき第一作目は、1979年製作、監督は『プロメテウス』のリドリー・スコット。本作で最後まで生き延びる、シガーニー・ウィーヴァー演じるリプリーが、後にシリーズの魅力的な主人公となっていきます。
新作までの間隔がそれぞれ5~7年、監督がすべて違う。こうして見比べると個性がたのしい。

なかでもっとも異色なのはデヴィッド・フィンチャー監督の『エイリアン3』(1992)でしょうか。前作の救命艇が不時着した星が、犯罪者の矯正施設があった監獄惑星という設定ゆえ、武器がないという特異なシチュエーション。これまでと毛色がちがい、フィンチャーが描くと絵面も変わり、アクが出る。
スキンヘッドのリプリーが観られるのは本編ですが、やはり残念なのは、銃器の類がいっさいないという逆の発想ではないでしょうか。そもそもエイリアンは体液が強烈な“酸”だというのがゾクゾクする怖さで....銃器で抹殺してくれないと、エイリアンの返り体液を浴びて味方がやられるとか、宇宙船が溶けるとかいうお決まりの展開をみることはできません。それがない本編は、なんだか物足りない。
フィンチャー監督らしい俺様エグエグ作品であることは間違いないけれど、『ターミネーター2』に似すぎているリプリーの最期など釈然としないものが残りました。

ちなみに、シリーズで一番多く観ているお気に入りはジェームズ・キャメロン監督の『エイリアン2』(1986)。
脚本がずば抜けていて、文句なしにおもしろい。エイリアンが母性と人格と知恵を持っているかのような、心憎い演出がすきです。
登場人物も魅力的で、なんといってもリプリーの母性を目覚めさせるニュートちゃん、あの頃一際輝いていた(とおもっている)マイケル・ビーン演じるヒックス、そして人間味あふれる人造人間のビショップ(ランス・ヘンリクセン)がすばらしい。最後まで息のつけない展開にどれだけ恐怖したことでしょう。

そうして同じくらい怖い出来栄えだと密かに信じているのが、私的には『エイリアン4』(1997)。
監督は敬愛するフランスの監督、ジャン=ピエール・ジュネ。「エイリアン」にロン・パールマンやドミニク・ピノンが出演している可笑しみと、『デリカテッセン』や『ロスト・チルドレン』といった『アメリ』以前の輝かしきダークサイドを知るファンにとっては、SFホラーの世界観作り方が巧みでうれしくなるのではないでしょうか。
流石ジュネ監督はファンタジーだけのひとじゃない、エイリアンの恐怖を血みどろに描き、ウィノナ・ライダーをお人形さんみたいに可愛いらしく撮り、クローンのリプリーをリスペクトすら感じさせながら強靭に蘇らせた、その手腕に瞠目。
女性を賛美するジュネ・ワールドは、デヴィッド・フィンチャーの男気並に好きです。

まだCGに毒されていない時代に生まれたエイリアンの造形美や生々しいリアルさを超えるものは、この先、そう簡単に現れはしないのでしょう、さびしいけれど。古き良き『エイリアン』は郷愁となり、イコンとなり、SF映画史に燦然と刻まれてたくさんの人に観られ続けていくのでしょう。
by haru733 | 2013-07-09 21:48 | アメリカ映画 | Comments(0)


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾  
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目