人気ブログランキング |

レッド・バイオリン (1998年)

d0235336_2132557.jpg
 伝説の名器“レッド・バイオリン”に魅せられた、さまざまな人々の波乱に満ちた運命を描いたドラマ。1挺のバイオリンをめぐり、17世紀のイタリアからオーストラリア、イギリス、中国、そして現代のカナダまで壮大な物語を紡ぐ―

 手にした者が数奇な運命を辿る曰く付きのレッド・バイオリン。1681年のイタリア、出産で妻子を失った悲しみから、職人ブソッティ(カルロ・セッテ)が生み出したその赤いバイオリンは、何年にも渡り様々な人間の運命を翻弄します。そして現代―モントリオールでオークションに出品されるのです。
時間軸の交差や、サスペンスの趣は、2時間を越える物語に起伏を与えていて好感持てます。過去と現在を行き来する構成が、作品に深みを与えていく。

物語の軸となるのはレッドバイオリンを作った職人と、お腹の大きなその妻。臨月を迎えた妻は、使用人にお腹の子の未来を占わせます。タロットカードに出た未来予想図が、一枚めくるごとに、後々のバイオリンの持ち主の運命にシンクロしていくという、とても不思議なお話。
はたして持ち主たちは、難産で死んだ妻の生まれ変わりだったのか....不思議な占いを数百年に渡って体現したのは、持ち主たちだけじゃなくレッドバイオリンも同じ。妻の魂は、バイオリンに宿っていたということなのでしょうか....ややわかりにくさが残りました。

現代のシーンでも、様々な人間ドラマがあります。鑑定の仕事を受け持ったモリスもそのひとり。 レッド・バイオリンが辿った数奇な運命とその赤の意味を知り、すっかり虜になったモリスは、自らが手に入れることしか考えられなくなってしまいます。犯罪に手を染めてまでも…。
ここで、さらにひとつ、持ち主の運命を狂わせて、モリスの手に落ちるレッドバイオリンだが―。

d0235336_21315076.png

‘何故、赤なのか’
その秘密を知った時、ぞくっとします。修道院の少年、音楽家、上海の革命家、音楽教師....。それぞれの運命にも、5カ国を渡る壮大な物語にも惹かれるものがありました。ただ題材とスケールのわりには、残るものが少なかったという感想。

バイオリンの音色は文句なしに美しいです。はじめの持ち主である、天才少年カスパーを演じたクリストフ・コンツェの演奏シーンに注目。音は吹き替えているのかもしれませんが、演奏する姿は本物にみえました。
フランソワ・ジラール監督に次回作がないのは残念。


監督  フランソワ・ジラール
製作  ニヴ・フィックマン
脚本  ドン・マッケラー  フランソワ・ジラール
撮影  アラン・ドスティエ
音楽  ジョン・コリリアーノ
出演  サミュエル・L・ジャクソン   カルロ・チェッキ  イレーヌ・グラジオリ  クリストフ・コンツェ 


(カナダ=イタリア合作)
by haru733 | 2006-02-27 00:30 | カナダ映画 | Comments(0)


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾  
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目