ナインスゲート (1999年) 愛書狂を狂わす魔の書

d0235336_21534157.jpg

ニューヨーク。腕利きの稀覯書発掘人である本の探偵コルソ(ジョニー・デップ)は、名高い収集家バルカン(フランク・ランジェラ)の依頼を受け、世界に3冊しかない伝説の悪魔祈祷書『影の王国への九つの扉』を探すことに。バルカンが持つ1冊と、残る2冊を比べて真贋を鑑定してほしいというのだ。法外な報酬で引き受けたコルソだったが、不可思議な殺人が続発してゆくなか、謎の女に付きまとわれ、やがて何者かに命さえ狙われはじめる―。
d0235336_21532599.jpg

ビブリオマニアという言葉をしったのは、いつか読んでとてもおもしろかった『せどり男爵数奇譚』や、 A・ラングの『書斎』『愛書狂』でしょうか。敬愛するポランスキー監督による本編は、いままで観ずにいたことを激しく後悔させるほどおもしろかった。原作はスペインのアルトゥーロ・ペレス・レべルテの傑作オカルト・ミステリー。

依頼の稀覯本を求めて、ニューヨークからスペインへ、スペインからパリへ、ポルトガルへ。世界じゅうを飛び回るコルソは、稀覯本の魔力としか思えない恐ろしい事件に巻き込まれていく。後戻りできない不気味な味わいは、流石サスペンスの名匠ポランスキーというべきか。重厚で悪魔的な画面に惹きつけられて、本好き、とくに古書好きにはたまらない雰囲気が醸し出されてわくわくする。
d0235336_21532095.jpg

私的に、ジョニデ氏がいちばん輝いていたのは90年代だったと信じて疑わないけれど、胡散臭くも巧者であるコルソ役は、最高に似合っていた。そんな彼に付きまとう、謎の美女エマニュエル・セニエも、尋常でないフェロモンが魔的な役柄にぴったり。ポランスキー監督の妻である彼女は、いつか『赤い航路』でド肝を抜かれたのだったけれど、最近の『潜水服は蝶の夢を見る』や『エッセンシャル・キリング』を観ればお色気だけじゃないことがわかる魅惑なひと。しかし、レナ・オリンはなにを観てもすごいのだなあ....

古い本をめくる音、悪魔崇拝の秘密の儀式、炎の中の交わり...なんとも素敵に不気味なムードを音楽がさらに掻き立てる。やがて、挿絵版画の秘密は解かれて悪魔召喚の儀式が行われ、「第九の扉」が開かれるとき。果たして、生きてそれを成せたのはだれか―結末はご覧になってからのおたのしみ。
多分に細部が説明つかずのまま終わってしまうけれど、雰囲気が存分によければあとは不文律ということで。

 (133min/フランス=スペイン合作)
[PR]
by haru733 | 2013-11-09 22:49 | フランス映画 | Comments(2)
Commented by あぶく at 2013-11-18 00:10 x
自分の処は放っぽったままですが、久々にPCに向かえたので
お邪魔しますm(_ _)m

>ジョニデ氏がいちばん輝いていたのは90年代だったと信じて

激しく同感です♪
しかもこの作品はポランスキー監督の手による映像が素晴らしく美しいので(内容は私には少し怖かったのですが)、忘れられません。
余談ですが、ジョニデの映像では『ショコラ』の彼が好きです(´艸`)

Commented by haru733 at 2013-11-18 21:15
あぶくさん、こんばんは。
ポランスキー作品というのに、いままでどうして観ずにきたでしょう。映像よかったですねー。世界じゅうを飛び回る、国ごとのトーンがありましたし、キッチュな演出や古書など古もの好きにはたまりませんでした。

>ジョニデの映像では『ショコラ』

おもしろい作品でした、といいながら一度観たきり。ジュリエット・ビノシュと恋に落ちるのでしたっけ。。ファンタジックな好編の記憶です。
これを機に90年代を探してみると、ジョニデ氏の名作オンパレードですね!『アリゾナ・ドリーム 』『エド・ウッド』あたりが私的お気に入りです。好きな監督のせいもあるけれど。
できればナチュラルな顔色のジョニデに戻ってほしい今日このごろです。


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾  
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目