ぼくを葬る (2005年) 自らの死と向き合い過ごす最期の時間を静かに見つめる

d0235336_23275887.jpg

   パリで活躍する気鋭の人気ファッション・フォトグラファー、ロマンは、ある日撮影中に突然倒れてしまう。診断の結果は末期のガン。化学療法を拒んだ彼の余命は3ヶ月と告げられる。折り合いの悪かった家族には、このことを秘密にすると決めたロマン。一方、恋人の青年サシャには、冷たく別れを告げてしまう。そんな中、唯一心を許す祖母にだけは自分の苦しみを素直に打ち明けるのだが―。

主人公が命の期限を知り、自らの死と向き合う。テーマはありがちだけれど、こういう形で死を扱うフランス映画は珍しいような、そんな印象を受けました。『まぼろし』から、死をめぐる三部作として撮られた2番目の作品。 これからあと一作、死をテーマにした作品が生まれるということでしょうか。

主人公ロマンはゲイ。彼の家族はむかしから不仲で、愛情足りなく育ちました。ゲイであることを隠さないながらも、どこかで負い目を感じ続けてきたロマンは孤独で、余命わずかと知っても家族に一切を知らせません。
唯一心を開けるのは遠方に住む祖母(ジャンヌ・モロー)だけ。彼女には真実を話し、別れの挨拶と「愛してる」を遺すのですが・・・

自分が死ぬとき、ロマンのようにはひとりでいられない。恋人の青年にさえ真実を告げず別れて、自分を孤独へと追いやっていく痛々しい死に様です。
少年の頃から男の子が好きだった・・・そんな負い目や懐かしい記憶と共に、彼が見たくてやりたくて求めてるものは、自らの孤独を埋める過去を遡る行為のようでした。過去を埋め、傷を癒して、ほんとに求めてる場所へ行くのが、一番楽かのように。

死に様がキレイすぎるとか、ガンに対するリアリティがないとか、当然のように感じますが、このいいとこどりな上手さがフランソワ・オゾンという人の味なのかなと思います。精度が高く、うつくしく、上手い。だけれど、これまで観たどの作品も、心かき乱されたり鷲掴みにされたりすることがありません。本作では、直接死を扱っているけれど、それでも淡々とした感情が湧くに留まりました。

演じたメルヴィル・プポーは素敵です。そつなく上手い。だんだん痩せて、最期には頬もこけ、髪を刈って丸坊主にしたロマンが、いかに死を見つめたか、プポーの演技でしんみり感じとることができました。
一番の見所といっても過言ではない祖母とのシーンでは、大女優ジャンヌ・モローが情感たっぷりに演じています。 たったひとりでも、理解者がいたら寂しくない。ロマンは孤独だったけど、祖母の愛に満ちていたことが、ひとりで死ぬ勇気にもなっていたのかもしれません。

そして、代理出産の父親に突如なるエピソード。彼にとって見ず知らずの女性とセックスして子孫を遺すことは、どんな意味があったのでしょう。自分の分身を遺す。それは生きた証を得ることだけど、それは愛のない他人という間柄であったからこそ、できた偶然の出来事。愛する人の間にではないことも、大きなポイントであると思います。

カメラマンでありながら、家族を一切撮らなかったロマンが、家族にファインダーを向け始める。この変化は、弱いけれど心に残ります。 写真はいつか、なにも知らされなかった家族の目に入るのでしょう。けれど、一切を見せずに物語は終っていく―。
ちなみにこの作品も、また、海が行き着くところ。

 (監督 フランソワ・オゾン/カラー/81分)
[PR]
by haru733 | 2007-08-20 00:00 | フランス映画 | Comments(0)


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾  
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目