人気ブログランキング |

はじまりのみち (2013年) 名匠が来た道

d0235336_10443953.jpg

 木下作品を知ったのは、この数年のことです。初めて観た『お嬢さん乾杯!』が洒脱で、そのあとすぐ、アニメ界の監督が、加瀬亮さん主演で木下監督の人生を撮ると聞いて、過去の有名どころを知っておきたいと、幾つか観漁ったのでしたが、どれもおもしろかった。
監督の原恵一さんは、『劇場版クレヨンしんちゃん』で有名なアニメーション界の実力派。そんな人が、リスペクトする名匠の人生を、なぜか”実写”で撮るというから興味ぶかく。初の実写本編が失敗か成功かは、、そこに愛があれば、たいていは肯定的に受け入れたくなるのが映画好きの弱みかもしれません。

(あらすじ) 太平洋戦争下の日本。木下惠介(加瀬亮)が身を置く映画界では、国策映画の製作が求められていた。そんな中、彼が1944年に監督した「陸軍」は、内容が女々しいと当局の不興を買い、以後の映画製作が出来なくなってしまう。夢破れた惠介は松竹に辞表を提出し、失意のうちに郷里の浜松へと戻る。最愛の母(田中裕子)は病気で倒れ、療養を続けていた。しかし戦局が悪化する中、惠介は母をより安全な山間の村へと疎開させることを決意する。彼は病身の母と身の回りの品を2台のリヤカーに乗せると、兄(ユースケ・サンタマリア)と雇った“便利屋さん”(濱田岳)と3人で力を合わせ、過酷な山越えに向かって歩みを進めるのだったが―。 <allcinema>より
d0235336_1043360.jpg

長い映画人生のなかから、戦時中のエピソードだけに焦点を絞ったことは良かったのではないでしょうか。若き木下青年がふたたびメガフォンを取ることができたのは、良き理解者であった病身の母の支えあってこそ―という。
きっと、数作品知っているだけではわからないようなオマージュが、各所に散りばめられていたのでしょう。

印象的だったのは、やはり、のちの『二十四の瞳』を彷彿させる、宮崎あおいと子どもたちの場面。それから、リヤカーを引いてゆく山道で、滝のような雨に降り篭められる場面。どちらもドラマチックで、いかにもではあっても、悪人の登場しない善良な作品は、どこまでも透明で誠実な空気が流れています。
d0235336_10435641.jpg

惜しむらくは、それらのドラマを、脈絡ごと無視するかのように多く、木下作品が引用されていることでしょうか。木下惠介の人生とはいいながら、わずか96分のなかに代表作のダイジェストを盛り込んだために、実際の本編は、さらに短く、敬愛する加瀬亮さんの見せ場もかなり少なくなっていました。

たとえば岩井俊二監督が、敬愛する市川崑監督の半生を撮ったドキュメンタリー『市川崑物語』というのがある。スタイリッシュでユーモラスで、ちょっと遊びすぎてはいるけれど、独自の構成が好きでした。
それに比べて、『陸軍』ラストの長回しを堂々通しで引用した場面はともかく、ドラマのなかで作品紹介をやってのけた本編は、やや反則技感が否めない違和感があります。
若い監督たちが、お気に入りの名匠・巨匠の人生を撮る―そんなシリーズがあったらきっと楽しいのだけど。

生誕100年記念作品として、木下作品がもっと観られていく良いきかっけになりそうな本編は、希望の瞬間を見つめた好編だっただけに、ぶつ切りになる構成だけがじつに残念でした。

 (96min)
by haru733 | 2014-05-15 21:34 | 日本映画 | Comments(0)


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾  
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目