オロフレ山 *夏

d0235336_20405050.jpg


 休日、胆振の旧オロフレ峠展望台から登るオロフレ山へ。いつもなら現地集合ルールだけれど、今回は遠方につき中山峠で待ち合わせ。山友達と乗り合わせて、2時間40分ほどのドライブで登山口につきました。
峠ですでに標高は930m。晴れているけれど霧が海のほうから流れてくるなか9時半ころ出発。
d0235336_20411497.jpg

d0235336_20413390.jpg


山道から、左手の崖に人工物をみつけました。右側の岩の上、気になってケモノ道をおっかなびっくりよじ登っていくと、そこには山神様が。切り立つ崖にどのように置かれたのでしょう、わたしたちは居るだけで怖かったのに。
d0235336_20414999.jpg



突然景色が変わって、赤土と白い小石が、いつかのイワオヌプリみたい。幻想的なこの景色がすきです。
d0235336_20421480.jpg

d0235336_20424216.jpg



オロフレはお花畑の山らしく、いたるところ色とりどりの花で溢れていました。
登山口からずっと山頂まで咲き続けた、花がふたつ。四葉塩竈/ヨツバシオガマ、千島風露/チシマフウロ。
d0235336_20431931.jpg
四葉塩竈/ヨツバシオガマ
d0235336_20433532.jpg
千島風露/チシマフウロ
d0235336_20430329.jpg
岩弟切/イワオトギリ

標高差わずかとはいえ、アップダウンを繰り返したあとの、最後の急登はやはり苦しかったです。
晴れていれば、山の姿を眺めながらの絶景登山となるはずが、景色はなくて道端の花に慰められながらのラストスパート。
何度か頂きのような雰囲気に惑わされ、ヌカ喜びしながら、1時間半ほどで山頂につきました。

オロフレ山、標高1230m。手作りの標識は、白と群青で描かれた、謎のマークが気になる仕様。

広い頂に腰掛けて、昼食のおむすびを「いただきまーす」。
なにも見えなくても、清々しさを満喫していたころ。ふと日差しが出て、ゆっくりと霞が晴れてきました。そうして美しい雲海、現る。

d0235336_20435627.jpg


d0235336_20443211.jpg


d0235336_20373212.jpg

感激で、すこし長めに山頂をたのしんでから下山の途につきました。アップダウンをくり返した帰り道は、いつもよりいっぱい苦しかった。

駐車場へと降りてきたところで、向かい合う小高い山から出てくる登山者の人影を見つけました。どこへ向かう道かと、好奇心でちょっとだけ登ってみたのは、来馬岳/オロフレ峠コースだったようです。バケモノ山があり、来馬岳へと続く道。
d0235336_20384288.jpg



d0235336_22224124.jpg
 
今日のお土産。寄り道した昭和新山の石屋さんにて。石英、アンモナイト、砂漠のバラ。

[PR]
by haru733 | 2014-07-04 22:33 | | Comments(2)
Commented by kanae at 2014-07-05 17:10 x
こんにちは。
先日はありがとうございました。ラクさせてもらっちゃって…
オロフレ山は急登あり、なだらかな道もあり、花も沢山で良い山でしたね。
もっと近くにあれば度々登りたい山ですー。
黄色い花、調べてもわからなかったのですが、イワオトギリというのですね。

天気も寄り道も、盛りだくさんのとっても楽しい登山でした。
いつもいつもありがとうございます。
また次の山が楽しみですー。
Commented by haru733 at 2014-07-05 22:06
kanaeさん
こんばんは。せんじつは楽しい山と寄り道、ありがとうございました。
魅力的な山でしたね。帰ってじっくりガイドブックをみると、本当に景色がよくて、またいつか晴れ渡った日に登ってみたいです。

>黄色い花

は、たぶん別かな。おなじ種類で白もあった方のは、花苦葉/ハナニガナというそうですよ。

つぎはどこへ行きましょう~ ほんと楽しみです~


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾  
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目