めぐり逢わせのお弁当 (2013年) お弁当の誤配が生んだ600万にひとつの奇跡

d0235336_2245936.jpg

 インド・ムンバイでは、お昼どき、ダッバーワーラー(弁当配達人)がオフィス街で慌ただしくお弁当を配って歩く。その中のひとつ、主婦イラが夫の愛情を取り戻すために腕を振るったお弁当が、なぜか、早期退職を控えた男やもめのサージャンの元に届けられた。偶然の誤配送でめぐり逢った手料理の味に、サージャンは驚き、イラは空っぽのお弁当箱に歓ぶのだった。しかし、お弁当をきれいに食べたのが夫ではないと気づいたイラは、迷った末に、残さず食べてくれたまだ見ぬその人に手紙を忍ばせるのだった―。

厭世的なやもめの中年男サージャンと、夫婦仲に悩むイラは、人生の岐路を迎えている。虚しい毎日に、ひとつのお弁当を通じて知り合った男女は、顔さえかわらないままで、たがいの言葉に励まされ、惹かれ合い、やがてそれは真実の愛へと変わっていく―。

人生はただでさえ儚くて虚しいから、みんなそれを誰かと分かち合いたい。だれでもいいわけじゃなく、本当に孤独や空虚から救ってくれる出会いこそが尊い。
ふたりが交わす手紙の内容、一通一通返事を待ちわびる喜び、心の込もった美味しい食事があるしあわせ。偶然が物語を生まず、ふたりがもし出会わなかったとしても、人生はつづくけれど、らしく生きる素晴らしさを知ったふたりの出会いは、やっぱり尊い。
d0235336_22462044.jpg

歳を重ねるたび臆病になっても、サージャンはイラとの未来を必要だと、迷いながらも願った。強い想いが素朴でうつくしい。道ならぬ恋とはとてもおもえない、高純度な恋物語は、観る側に結末を委ねて、秀逸に幕を閉じた。

インドの喧騒のなかにさえ、デジタル時代特有の希薄化した人間関係ははびこる。そんな背景だからこそ、イラと、上階に住むおばさんのやり取りや、お弁当が運ぶ手紙ならではの気配に胸がほだされる。
ガンで死にゆくイラの父も、天井のファンに夫の命を重ね合わせるおばさんも、亡き妻の面影に揺れるサージャンも、念願の挙式が叶った孤児の同僚も、だれも彼もが人生の切なさを生きていた。


踊らないインド映画の記録的大ヒット作である本編は、主演のイルファン・カーンがことに素敵だ。壮年となっても変わらない体型で、どこか知的なカーン氏がすき。良き父を演じた『その名にちなんで』もすばらしかった。
飾らない家庭の食卓で生まれるとびきりスパイシーなインド料理の数々はどれもとっても美味しそう。だからこそ、後半からめっきり登場しなくなることが、すこしだけもったいなくおもえてしまった。

(インド=フランス=ドイツ合作/105min)
[PR]
by haru733 | 2014-09-06 01:09 | インド映画 | Comments(0)


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾  
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目