修道女 (1966年) 煩悩の餌食となった無垢な魂

d0235336_119182.png
 さすがジャック・リヴェットというべきか、すごい作品。
修道院制度に翻弄される無垢な修道女の末路は、悲惨でショッキング。彼女を貶める俗欲の数々がおぞましい。

18世紀フランス。不義の子であるシュザンヌ(アンナ・カリーナ)は、追いやられる形で修道院に入れられてしまう。優しいド・モニ修道院長の支えで立派な尼僧に育った彼女だが、次期院長で冷酷なクリスチーヌらの迫害に合い、修道誓願撤回の訴訟を起こすに至るのだった。
訴訟には敗訴するものの、迫害の事実は公となり修道院を後にするシュザンヌだが、つぎの修道院では、さらなる試練が待ち受けている。院長は同性愛者で、噂の美女シュザンヌを日夜誘惑しはじめるのだったー

一神教と縁のない者には、修道院内部の不道徳な数々の出来事に滑稽さを感じずにいれない。
ただひたすら祈りを捧げても、神は不在で、現実に救われることはない。無神論的嘲笑と、敬虔なものへの憧れ、どちらもおなじくらい持ち合わせながら、シュザンヌが救われることを祈るけれど叶うことなく。

聖女のようにまっすぐ生きてきただけのシュザンヌは、生まれながらに美しく、不本意にも人々を惑わせてしまう。彼女を第二の修道院から救い出した聖職者の男さえ、俗世に出ればすぐ、禁欲を破り我が物にせんと襲いかかってくる。俗欲は彼女のことをそっとしておいてはくれない。
簡素な情景に、ゾッとするほどおぞましい人間心理が描かれてぞわぞわする。
生きるために身を堕とし、気高さから、最後にはとても生きていけずに自ら命を絶ってしまう、主人公の潔い生き様が儚くて憐れで悲しかった。

ふとロベール・ブレッソンの『少女ムシェット』という作品を思い出した。清貧な少女が犠牲者となり無残に死す内容はどこか似ていて、どちらも印象深くて忘れられない佳作。

原作は18世紀のフランス人哲学者、ドニ・ディドロの同名小説。教会制度への嘲笑と同時に、いじめ抜かれる少女の姿には、エロティシズムと趣味の範疇を感じさせる異質さがあるそうだ。

d0235336_1184397.jpgいま映画がおもしろくて原作を手にとり読んでいるマシュー・G・ルイスの『マンク』も、同じく18世紀の暗黒小説で、著者が若干19歳のとき書いたものだけれど、共にセンセーショナルだとはいえ、きっと似て非なるもののような気がする。
映画の出来栄えでは、公開当時上映禁止になったという本編が、断然素晴らしい。いま観てもえぐい。

 (131min)
[PR]
by haru733 | 2014-09-11 17:36 | フランス映画 | Comments(0)


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾  
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目