『マンク』 マシュー・グレゴリー ルイス著/『魔の山』 トーマス・マン著

d0235336_192693.jpg
 18世紀の発禁本は、著者わずか19歳の時に完成したという。映画化された内容とは粗方おなじく、肝心なところはやや異なっていた。

信仰篤き若き僧院長アンブロシオが、見習い僧を装って修道院に入りこんだ美しい女マチルダの誘惑にかかり、姦淫の戒を破ってしまう。破戒僧になり本性をあらわにしていくアンブロシオは、魔性の女の意のままに、あらゆる悪徳に身を沈めていくのだった―

600頁を越える大作の早々に破戒僧となり下がる高僧の煩悩を前にして、信仰とは僧院とはいったいなにかと思わずにいれない。それはむかしの名作、『尼僧物語』や『修道女』をみてさらに増す感情で、宗教が隠しておけない、もうひとつの側面に違いない。
それにしても、病に侵され朦朧となったところをマチルダによって無理やり姦淫の罠に嵌められた、映画版のアンブロシオとはちがい、原作では自らが進んで情欲に溺れていく、人間性の塊であった高僧が生々しかった。
深く慕ってきた見習い僧が”女”であることを知ってから、情欲と親愛との狭間に揺れ動き、克ち得た地位を失う恐怖に怯える前半部がおもしろかっただけに、破戒僧となる前の件を600頁に渡って延々悶々と描くだけの作品でも、きっと私的好みだったにちがいない。
ここいらで、濁りのない静謐な僧院を見つめたドキュメンタリー『大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院』を観れば、きっとほどよく浄化されるだろうか。浄化、されたくなる。

もうずいぶん前からトーマス・マンの『魔の山』を遅々と読んでいるのだけれど、上下巻あわせて1500頁の大作は、セテムブリーニとナフタの高尚な会話場面や、作品を通して作者が論じる思想・哲学・宗教・政治の小難しい議論を、高橋義孝氏による雄弁な翻訳は難しいながらも、どこまでも凛として背筋が伸びるおもい。
それを考えると『マンク』は、井上一夫氏の翻訳によるものなのか、原文によるものなのか、後半は文章が損じているようで、首をかしげながら読んだ本だった。

d0235336_19262892.jpgd0235336_19263662.jpg
by haru733 | 2014-09-28 22:47 | | Comments(0)


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾  
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目