上を向いて歩こう 『コクリコ坂から』 

d0235336_2310788.jpg

 『ゲド戦記』から5年ぶりとなる宮崎吾朗監督最新作。前作は壮大な児童書の映画化でコケたけれど、本編はウソのようにおもしろかった。
父・宮崎駿氏の脚本の良さだとしても、高齢化の進むスタジオジブリに継承者がたしかに育っているとおもうと、うれしい。オリジナリティー溢れるアニメーションの灯を消してほしくないと願うから。

原作は、1980年に『なかよし』に連載された同名コミック。
1963年、横浜。港の見える丘に建つ古い洋館“コクリコ荘”に暮らす16歳の少女・海は、大学教授の母に代わって、この下宿屋を切り盛りしている。毎朝、いまは亡き船乗りの父に教わった信号旗を掲げるのが日課だ。
海の通う高校では、歴史ある文化部部室“カルチェラタン”の取り壊しを巡って学生たちによる反対運動が続いている。ひょんなことから彼らの騒動に巻き込まれた海は、反対メンバーの一人、風間俊と出会いしだいに惹かれ合っていくのだが―

昭和40年代ってすごい。『ノルウェイの森』と同じ時代。学生運動が盛んで、仲間意識が強くて、議論を楽しめる風潮があった、今はなき熱い世界情勢。吾朗監督が生まれたのは1967年だから、当時を知っているはずはないけれど、昭和40年代の雰囲気をみごとに感じた。

反面、学生運動と並行して描かれる、海と風間くんの恋模様は、切なくもくすぐったい。風間くんは両親と血が繋がっていなくて、本当の父親は、朝鮮戦争で戦死した海のお父さんだった・・・という・・・。
一枚の写真から事実を知ってしまった二人は、自分たちの関係にひたすら悩む。安っぽい<出生の秘密>的なシチュエーションだけれど、そこは少女漫画。
d0235336_23102749.jpg

“カルチェラタン”の造形もさることながら、海ちゃんのお勝手仕事の風景や、家具調度品の数々が懐かしくてじつに魅力的だ。もしも、過去の日本を経験できるならこの時代に生きてみたいーそう憧れる時代が背景となっていた。
文化系のいかにも風変わりな学生たちは、きっと監督自身もそうであるはずの愛ある風景。適度のユーモアが楽しい。
原作が少女漫画なのでもちろんセンチメンタルだし、ノスタルジックに傾倒しているけれど、古き良き時代を忘れたくない方はピンとくるなにかに出会えるかもしれない。
主人公たちが、ふつうの日常を大切にひた向きに、未来を見据えて生きてる姿は、ただもうそれだけで宮崎アニメを観る意味に直結していて、こころが一瞬だけまっさらになる。

吾朗監督は『ゲド戦記』で父親殺しをやった――といわれている。今回は歴史や伝統を守っていくことの大切さを体現してみせた作品になっているとおもう。

 監督 宮崎吾朗
 企画 宮崎駿
 原作 高橋千鶴  佐山哲郎
 脚本 宮崎駿  丹羽圭子
 声  長澤まさみ  岡田准一

(2011年/95min)

[PR]
by haru733 | 2011-08-02 00:00 | 日本映画 | Comments(0)


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾  
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目