ザ・レイド GOKUDO (2013年) エンドレス・バイオレンス!

d0235336_9482943.jpg

 ミニシアターの蠍座さんが、今年いっぱいで閉館してしまう。前作『ザ・レイド』との出会いが蠍座さんであったことを思い出して、いかにおもしろい映画の取りこぼしに気づかせてくれた映画館であったかと、つくづくおもう。これで札幌の単館映画館はシアターキノさんだけになってしまった。
キノさんの2スクリーンがあれば、北海道でも単館系の有名どころはたいてい観られるけれど、全国で初上映になるような異色作や、思いがけない佳作との出会いは、蠍座さんのようにとは望めない。
無類の信頼を置けた館主さん拘りの作品チョイスは、素敵な偏りがあったし、とくに、飾らない言葉で爽快痛烈であった「蠍座通信」がもう読めないことは、かなり寂しい。若者が映画を観ない時代なのだそうだ....
そんな、出会いは蠍座の『ザ・レイド』も続編はシネコンで。前作より、内容ができたぶん長く、単純明快な良さは減じる続編となっていた。
d0235336_9483548.jpg

インドネシアの伝統武術”シラッド”の使い手、イコ・ウワイスがなんといってもカッコいい!マフィアと汚職警官の繋がりを暴くため、命がけでマフィアに潜入させられる新人警官ラマを寡黙に演じる。
のっけから怒涛のアクション目白押し。信頼を得るため、マフィアの跡継ぎウチョ(アレックス・アッバド)と、おなじ刑務所に入所したラマ(イコ)は、のっけからR15指定のノンストップアクションをみせる。敵にはかならず止めを刺す!やりすぎなところが、『アクト・オブ・キリング』(まだ未見)を髣髴する、インドネシアおそるべし。

マフィアVS潜入捜査官VSヤクザ

日本から出演したのは、松田龍平氏、遠藤憲一氏、北村一輝氏。宣伝文句に騙された感のある存在感の薄さは、外国人目線の邦人という違和感で、世界共通そうなってしまうのは仕方がない。ただ、配給会社の誇張エゲツなく、がっかり。

本編の見所は、ヤクザではなくて、地元のマフィアと、新興マフィアの抗争劇。ボスで父親のバングンに反抗する若気の至りウチョが、新興マフィアに寝返って気狂いピエロになっていくドラマ、それに振り回される主人公のラマと、ドンの右腕エカなど、やはりGOKUDO以外のシーンに重厚な見ごたえがあった。
d0235336_94843100.jpg

ボスの右腕・エカ(オカ・アンタラ)が素敵だ。正体は、ラマとおなじく潜入で、脇役でありながら終盤へむけて存在感を増していく。
本命の”シラッド”よりもおもしろいのでは?とおもうほど、エカによるド派手なカーチェイス・アクションが最高にスリリングだ。

ずっと続編を楽しみにしていたくせ睡魔に襲われ、ところどころ記憶がないけれど面白かった。映画によく使われる偏愛クラシック「サラバンド」の響きに恍惚となったり。
ちなみに、前作で最強の敵マッド・マックスを演じていたヤヤン・ルヒアンは、プラコソという名前で再びラマと対決する。このヤヤン氏のビジュアルには、サブイボを立たせるような怖さがあって味わい深い。

驚異的な身体能力、潜入捜査、閉塞空間。近年ずば抜けておもしろかったアクション映画、『アルティメット』と『ザ・レイド』は似ていることに気づく。皮肉にもオーソドックスな一作目の方が面白かったところも同じ。

 (監督・脚本 ギャレス・エバンス/146min)
[PR]
by haru733 | 2014-12-08 12:00 | インドネシア映画 | Comments(0)


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾  
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目