人気ブログランキング |

2014年 12月 24日 ( 4 )

Silent Night

 きょうはお休み。なんだかとてもクリスマスぽい一日でした。
ラジオから流れる曲を聴きながら、ああ、クリスマスソング好きだなあと、おもうのでした。

買い物は午前中に済ませて、午後はゆっくり。
メインディッシュにはビーフストロガノフを作りました。みんながすきな定番メニューです。

いつの間にか、サンタクロースもこなくなり、小さい家人たちも成長したものだとしみじみかんじます。
穏やかにすぎる一日に、感謝します。

d0235336_2237556.png
by haru733 | 2014-12-24 23:11 | 日常 | Comments(2)

Merry Christmas

d0235336_8123730.png
by haru733 | 2014-12-24 15:36 | モノローグ | Comments(0)

昔々、アナトリアで (2011年) いつか話そう、この夜のことを―「昔々、アナトリアで....」

d0235336_14294333.jpg

トルコのとある田舎町。闇に包まれた草原で、容疑者と警察による遺体捜しがはじまる。同行するのは、検察官と検死医、それに発掘作業員たち。
容疑者の供述に振り回されながらの長い夜。まるで非現実の世界が幻想的に連なる。見つからない遺体にやり場のない怒りをぶつける者、この夜に所在無く存在する者。息子を殺めた容疑者の哀惜と後悔の涙。

だれにとってもこの夜は長く、長回しで映し出される光と闇のコントラストがリリックで美しい。
やがて、遺体が見つかり、果てしなくおもえた夜も終わりを告げる。彷徨の果てに発露しだす類稀な情感は、眠気も覚ますリアリティー。

数時間前の夜が嘘のように、検死医の元で開胸される死体は、やけにリアルな音を立てた。
夜と朝、光と闇、死者と生者。一個の死を前にして、一夜を共にしたそれぞれの人の人生が、思いがけない切なさを帯びて迫ってくる。
もう一個の死の物語がおもしろい。検察官が話す、死を予告して死んでいったという美しい人妻の逸話は、冒頭から検死医の心を捉えて離さない。検察官の妻らしい、その女の自死の真相が語られるとき、観るものの心まで巻き込んで余韻ある物思いに沈めてしまう。

劇場未公開の本編は、蠍座にて国内初上映されたもの。カンヌ審査員特別グランプリ受賞。
説明のない映画はほんとにおもしろい。
d0235336_14295999.jpg

(157min/トルコ=ボスニア・ヘルツェゴヴィナ合作/監督 ヌリ・ビルゲ・ジェイラン)
by haru733 | 2014-12-24 15:27 | トルコ映画 | Comments(0)

ゴーストライター (2010年) 知りすぎた男

d0235336_8514965.jpg

 国家を揺るがすスキャンダルの渦中にある大物政治家の回顧録を書くことになったゴーストライターが、巨大な陰謀に巻き込まれていく姿を見事な緊迫感で描き出す―

元英国首相アダム・ラング役にピアース・ブロスナン、ゴーストライター役にユアン・マクレガー。
サスペンスの名手・ポランスキーによる極上のエンタテイメントは、わかっていても気持ちよく騙されてしまった。
ナインスゲート』もそう、ポランスキー氏はきっと本好きに違いない。原稿用紙の無造作な束、ページをめくる音、名作へのオマージュとしかいいようのない素晴らしい紙ふぶきのラストカットなど、紙フェチにはたまらない作品。ポランスキーの絵面と音楽は、抗いようなくいつでも魅力的だ。
d0235336_852758.jpg

舞台はイギリスからアメリカへ。米国で講演中のラングの元へ急遽飛んだゴーストライターは、高額の報酬と引き換えに、前任者が不慮の事故で未完となったままの自叙伝を、たった一ヶ月で完成させる命を帯びる。
やがて、ラングの容疑と過去に疑念を抱き始めたライターは、ラングの右腕だった前任者の不可解な死を追い、いつしか恐ろしい秘密に触れていくのだった。

キーとなる謎めいた女がふたり。ラングの美しくも情緒不安定な妻ルース(オリヴィア・ウィリアムズ)と、優秀な秘書のアメリア(キム・キャトラル)だ。不幸な影を抱く謎めいたルースは、アメリアが夫と不倫していることを知っている。
あれよと言う間に取り込まれて、ルースと一夜を共にする、THEハンサム・マクレガーこと、ゴーストライターの運命に手に汗握る。騒然となるマスコミとデモで、事態は悪化の一途を辿り、正体を知った大物政治家のバックに命を狙われ出すゴーストライターの目の前で、ラングもまた暗殺者の手にかかって死んでゆく....。

ゴーストライターの存在を世間は誰も知らない。彼の身になにが起ころうと世界は回り続ける。
こうして名もなきゴーストライターはほんとうのゴーストとなり、物語は幕を閉じた。どんでん返しの見事さに拍手。

(128min/フランス=イギリス=ドイツ合作)
by haru733 | 2014-12-24 09:50 | 多国合作映画 | Comments(0)


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾  
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目