人気ブログランキング |

<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

劔岳 点の記 (2008年) 日本地図完成のために命を懸けた男たちの記録

d0235336_2124417.jpg

 年の功という言葉があるけれど、まさに若い監督には撮れそうにない、いい作品でした。
名だたる邦画の名作で幾度も撮影を手掛けてきた木村大作氏が、初めてメガフォンを取った渾身の一作。

 明治39年、陸軍参謀本部の測量手、柴崎(浅野)は、国防のため日本地図の完成を急ぐ軍から、最後の空白地点である劔岳の初登頂と測量を果たすよう命ぜられます。前人未踏の難峰に挑んだ男たちの、命を懸けた真実の物語を、圧倒的なスケールで描いたロマンあふれるドラマ。

名カメラマンが時間を掛けて捉えた壮大な大自然、美しくないはずがありません。飛騨立山連峰の雄大さ、眼下に広がる雲海、地平線に沈みゆく太陽の茜色や曙や、すべてを覆いつくす厳しい吹雪―どこをとっても圧倒されるばかりです。
帝国主義に従わざるをえない形で、未踏の頂きに挑む測量手たち一行と、そしてもうひと組、小鳥烏水(仲村トオル)率いる日本山岳会の面々もまた、劔岳登頂を虎視眈々と狙っているのですが―。(山岳会の描きかたはちょっと笑えるかも)
d0235336_2124284.jpg

一番に頂を制するべく、陸軍のお偉方や山岳会の男たちは、栄誉やポリシーを賭けて意地を張り合い競い合うけれど、そんな男たちを横目に、柴崎と、案内人を務めた宇治(香川照之)だけは違うことを考えています。
なぜ命を賭けても制することが必要なのか、いったい座標を採り、地図を作ることになんの意味があるのか―悩み自問しながら、出た答えとは....。

人はなぜ山に登るのか―
そんな王道をいく疑問に答えを貰いつつ、物語は幕を閉じて行きました。実話をベースにしていることで、重厚さは増し、原作に敬意を払っていることで、なんともいえない爽やかさを残します。信仰の山にたいする畏れや神秘が、観る者を神聖な気持ちにさせてくれる。

こだわりすぎて、あまりに過酷で危険だったという撮影現場ですが、観客としては新たな骨太邦画の誕生がうれしいです。
映像に負けないくらいインパクトあるテーマ音楽「サラバンド」が、私的にはだいすき。大自然のパワーに耐えうるし、釣り合うのでした。ヘンデルのサラバンドは、キューブリックの『バリー・リンドン』でも映画の感慨二倍増しというくらい作品を引き立てた曲。

 (監督・撮影  木村大作/ 原作  新田次郎  『劔岳 点の記』/139min)
by haru733 | 2009-06-23 00:00 | 日本映画 | Comments(0)

ウィンタースリーパー (1997年) 運命のいたずら

d0235336_1712885.jpg

 もっとも敬愛する監督のひとり、トム・ティクヴァによる初期の長編。キェシロフスキの遺稿『ヘヴン』では、運命を感じさせる演出が見事だったけれど、本作でもキーワードとなるのは、やはり運命でした。

 祖母からの遺産である広い家に、友人のレベッカと暮らすローラ。ある夜、レベッカに会いに来ていた恋人マルコの車を、通りがかりの記憶障害の男レネが、酔ったうえの遊び心で乗り逃げしてしまう。しかし、途中で小型トラックと衝突事故を起こしてしまい、やがて意識を取り戻したレネは、事故の記憶を忘れてそのまま帰宅してしまうのだった……。

酔いと出来心から自動車を盗んで、レネはローラたちと繋がり、たまたま父親の運転する小型トラックにこっそり乗り込んでいた娘は、事故で昏睡状態になる。昏睡状態の少女は、看護師であるローラと繋がり、偶然がいくつも重なって、関係は生まれ運命は回り出す。

映画の中心となるのは、対照的なローラとレベッカの恋愛。中盤で結ばれるローラとレネは、理性的でなんでも語りあうカップル。一方、レベッカとマルコは、感情的で喧嘩が絶えず、肉体的結びつきの強いカップル。
かたや精神、かたや肉体で繋がっている、二組の相反する男女の運命は、自然の働きによって自ずと幸不幸が導き出されていくのだからおもしろい。
d0235336_1705269.jpg

事故で娘が昏睡状態となった家族も、もうひとつの運命の物語をもつ。父親は、現場から消えた男を執念深く探すけれど、警察は単独事故だと信じて疑わない。それもそのはず、レネが運転していた車は路肩の雪に隠されていた。気が狂ったと囁かれ、事故のせいで破産してなにもかも失っても、父親は執念の捜索を続けて、ついに探し当てた事故車の持ち主は、もちろんマルコ...復讐は、当然マルコの元に下されてしまう...!
少女の命が決定させられる終盤。希望どおりの未来へと真実は捻じ曲げられて物語は幕を閉じた。それは予想だにしていなかった、後味の良さで。
d0235336_1715197.jpg
「ヘヴン」の究極の愛を希薄したようなローラとレネの愛に注目。ふたりの間で交わされる、連想ゲームのような理知的会話が魅力的。
人物ごとにはイメージカラーがあって、ローラの緑、レベッカの赤、マルコの青、レネの黒と、クリスマス時期の舞台はさらにカラフル。

すでに、のちのティクヴァ作品の片鱗は窺えるものの、やや長く無駄がないとはいえないけれど、見応えのあるサスペンスの小品でした。恋愛もの、人間ドラマとして観るとより楽しめそう。


 (122min /出演  ウルリッヒ・マティス、マリー・ルー・セレン、フロリアン・ダニエル、ハイノ・フェルヒ、他)
 
by haru733 | 2009-06-18 00:00 | ドイツ映画 | Comments(0)


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾  
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目