人気ブログランキング |

タグ:SF ( 23 ) タグの人気記事

『エイリアン』シリーズ考

d0235336_17551125.jpg

 せんじつ『プロメテウス』を観たあと、『エイリアン』シリーズが懐かしくなって、4作品再見しました。今なお楽しめるSFホラーの金字塔。
記念すべき第一作目は、1979年製作、監督は『プロメテウス』のリドリー・スコット。本作で最後まで生き延びる、シガーニー・ウィーヴァー演じるリプリーが、後にシリーズの魅力的な主人公となっていきます。
新作までの間隔がそれぞれ5~7年、監督がすべて違う。こうして見比べると個性がたのしい。

なかでもっとも異色なのはデヴィッド・フィンチャー監督の『エイリアン3』(1992)でしょうか。前作の救命艇が不時着した星が、犯罪者の矯正施設があった監獄惑星という設定ゆえ、武器がないという特異なシチュエーション。これまでと毛色がちがい、フィンチャーが描くと絵面も変わり、アクが出る。
スキンヘッドのリプリーが観られるのは本編ですが、やはり残念なのは、銃器の類がいっさいないという逆の発想ではないでしょうか。そもそもエイリアンは体液が強烈な“酸”だというのがゾクゾクする怖さで....銃器で抹殺してくれないと、エイリアンの返り体液を浴びて味方がやられるとか、宇宙船が溶けるとかいうお決まりの展開をみることはできません。それがない本編は、なんだか物足りない。
フィンチャー監督らしい俺様エグエグ作品であることは間違いないけれど、『ターミネーター2』に似すぎているリプリーの最期など釈然としないものが残りました。

ちなみに、シリーズで一番多く観ているお気に入りはジェームズ・キャメロン監督の『エイリアン2』(1986)。
脚本がずば抜けていて、文句なしにおもしろい。エイリアンが母性と人格と知恵を持っているかのような、心憎い演出がすきです。
登場人物も魅力的で、なんといってもリプリーの母性を目覚めさせるニュートちゃん、あの頃一際輝いていた(とおもっている)マイケル・ビーン演じるヒックス、そして人間味あふれる人造人間のビショップ(ランス・ヘンリクセン)がすばらしい。最後まで息のつけない展開にどれだけ恐怖したことでしょう。

そうして同じくらい怖い出来栄えだと密かに信じているのが、私的には『エイリアン4』(1997)。
監督は敬愛するフランスの監督、ジャン=ピエール・ジュネ。「エイリアン」にロン・パールマンやドミニク・ピノンが出演している可笑しみと、『デリカテッセン』や『ロスト・チルドレン』といった『アメリ』以前の輝かしきダークサイドを知るファンにとっては、SFホラーの世界観作り方が巧みでうれしくなるのではないでしょうか。
流石ジュネ監督はファンタジーだけのひとじゃない、エイリアンの恐怖を血みどろに描き、ウィノナ・ライダーをお人形さんみたいに可愛いらしく撮り、クローンのリプリーをリスペクトすら感じさせながら強靭に蘇らせた、その手腕に瞠目。
女性を賛美するジュネ・ワールドは、デヴィッド・フィンチャーの男気並に好きです。

まだCGに毒されていない時代に生まれたエイリアンの造形美や生々しいリアルさを超えるものは、この先、そう簡単に現れはしないのでしょう、さびしいけれど。古き良き『エイリアン』は郷愁となり、イコンとなり、SF映画史に燦然と刻まれてたくさんの人に観られ続けていくのでしょう。
by haru733 | 2013-07-09 21:48 | アメリカ映画 | Comments(0)

プロメテウス (2012年) 人類のルーツを求めて

d0235336_22133258.jpg

 子どものころ、SF映画のパラダイムといえば『エイリアン』でした。四作までつづいた『エイリアン』はリドリー・スコットにはじまり、ジェームズ・キャメロン、デヴィッド・フィンチャー、ジャン=ピエール・ジュネと名だたる監督たちによってシリーズ化されたお気に入り。
その世界観を再び描いた本編は、人類の起源を求めて未知の惑星へと旅立った宇宙船プロメテウス号の乗組員が目の当たりにする驚愕のドラマを描いたSFミステリー。

いたるところにある『エイリアン』へのオマージュがたのしい。あの頃、最強の女と信じて疑わなかったシガーニー・ウィーヴァーの(あえてそう呼びたい)後任は、中性的で締まった肉体を持ち、今後スキンヘッドにだってなれそうな『ミレニアム』シリーズのノオミ・ラパス。続編がありそうな予感がします。

2089年、世界の古代遺跡が地球外知的生命体からの“招待状”であることを発見した科学者のエリザベス(ラパス)とホロウェイ(ローガン・マーシャル=グリーン)は、巨大企業ウェイランド社が出資する宇宙船に乗りこみ、はるか彼方の惑星を目指します。2093年、長い人工冬眠から目覚めた彼女たちは、ついに目的の惑星に降り立ち、人類を導いた未知の生命体を探し始めるのでしたが....
d0235336_22134547.jpg

エイリアンの卵そっくりな惑星人たちの墓、寄生妊娠、白い体液を持つアンドロイドの活躍.....
ウェイランド社の思惑など絡み、映像技術は進化しても到底かのシリーズには敵わない作品であるけれど、シリーズが好きだったファンにはうれしくなるシーンもおおいのではないでしょうか。

余談ですが、宇宙船内をひとりの男が理知的な物腰で動き回っている―そのオープニングがいいのです。精巧なアンドロイドであるデヴィッドは、『エイリアン2』でいうところのビショップで、彼を彷彿とさせるキーパーソンを演じているのは、さいきん殊に気になるマイケル・ファスベンダー氏。彼の風采端麗ぶりはアンドロイド役も似合います。このひとはほんとうにカッコいい。

(監督 リドリー・スコット/124min)
by haru733 | 2013-06-20 00:00 | アメリカ映画 | Comments(0)

ミスター・ノーバディ (2009年) 誰でもない、二度と戻らない

d0235336_20114895.jpg

 せんじつの『トト・ザ・ヒーロー』がだいすきだったジャコ・ヴァン・ドルマルによる、13年ぶりの監督作。
医学の発達で不老不死の世界となった近未来を舞台に、もはや唯一にして最後の“死を迎える人”となった世界最高齢の老人(見事な老けメイクのジャレッド・レトーがすごい)が、自らの過去を振り返り、彼が選んだ、あるいは選んだかもしれない3人の女性と辿る幾通りもの人生を、美しい映像とともに壮大なスケールで描き出していくSFヒューマン・ファンタジー。
『トト』でも印象深かった音楽は、ドルマル作品すべての音楽を担当している、監督の兄で、今は亡きピエール・ヴァン・ドルマル氏。

118歳の老人ニモが死の床で回想する、懐かしくも痛々しい記憶の断片。3通りの人生すべてが真実にも妄想にもおもえてくる、後悔とノスタルジーで彩られた目眩くファンタジーは、人好きのするユーモアと、瑞々しい初恋のイタミと切なさで溢れています。
ドルマル監督が描く初恋の描写は、琴線に触れるものばかりでこころを持ってかれる。
d0235336_20115124.jpg

圧倒的な映像の美しさと、バタフライ・エフェクトや物理学に分入ったような、哲学チックな脚本が魅力。些細な出来事が未来を分ける、可能性や不可能性にドキドキする。何をすることができて、何をすることができないか―SF映画ばりにリアルな近未来と、ノスタルジックな回想シーンを巧みに行ったり来たりして、もう二度ともどらない過ぎ去った時に想いを馳せる、切ない切ないフシギなファンタジーでした。

 (137min/フランス=ドイツ=ベルギー=カナダ合作)
by haru733 | 2013-06-12 00:00 | 多国合作映画 | Comments(0)

AKIRA (1988年) ネオ東京で繰り広げられる空前の近未来ウォー

d0235336_20451296.jpg

 原作者かつ監督の大友克洋氏をプロジェクトチームにむかえて、2006年から数年制作されていた日清カップヌードルのCMが好きでした。23世紀をテーマに“FREEDOM”を求める少年たちの物語(上・画像)は独自の世界観を醸し出していて、『AKIRA』があらためて気になり出したのはこの頃。
公開から20年、『AKIRA』はいまでも独創的で先見性にあふれていました。時代を感じるのはアニメーションの古さだけ、ストーリーやビジュアルは未だに驚きをもって観ることができるという。『死ぬまでに観たい映画1001本』に選ばれているジャパニメーションは、ジブリを除いて本作だけ。

d0235336_20452437.png
d0235336_2045353.jpg

第3次世界大戦終結後の2019年、ネオ東京―。謎の存在“アキラ”を巡って、金田をリーダーとする不良少年たち、軍隊、ゲリラ、宗教団体を巻き込んで起こるサイキック戦争を描いた大作アニメーション。

主人公は、かの有名な赤いバイクで疾走する金田。そして謎の小男を目撃したはずみの事故で怪我を負った、仲間の鉄郎。軍によって極秘ラボに収容された鉄郎は、大量の薬物投与を受けて特殊能力を覚醒させられていく。
冒頭のテールランプの美しさから、猥雑な近未来、残酷描写に至るまで、印象深いシーンの連続。
先進と荒廃の併存するネオ東京で、能力開発された鉄郎は、制御できない憎悪と恐怖に支配されながら、かつての仲間・金田やすべての者を敵に回して、グロテスクな死闘を繰り広げていく―。

いちルパン三世ファンとしては、極秘プロジェクトで覚醒させられた能力者たちのビジュアルや脳神経の発想がマモーを彷彿とさせます。『ルパンVS複製人間』は1978年製作なので、生みの親はモンキー・パンチさんということになるのでしょうか。一度見たら忘れられない強烈なキャラクターデザインがいい。
ヘビーな傑作は、きっと原作ならもっと良いのでしょう。
                                   
 (原作、監督、脚本 大友克洋 /124min)                                                     
by haru733 | 2013-04-15 00:00 | 日本映画 | Comments(0)

ラース・フォン・トリアーの憂鬱

  間違いなくメランコリックになれそうな、ラース・フォン・トリアー作品ふたつ。
d0235336_23211933.jpg
『アンチクライスト』 (2009) デンマーク=ドイツ=フランス=スウェーデン=イタリア=ポーランド合作

 愛し合っているさなかに、幼い息子を転落事故で亡くし、深い悲しみと自責の念で精神を病んでいく妻(シャルロット・ゲンズブール)と、妻を救いたい一心で懸命に心理療法を施すセラピストの夫(ウィレム・デフォー)の姿を描いた問題作。

これまで観てきたトリアー作品の女性たちは、『奇跡の海』も『ダンサー・イン・ザ・ダーク』も、 誤解を承知でいえば愚かだった。見方を変えれば、きびしい状況下でなお純粋な心を保ち続ける女性たち―『イディオッツ』とあわせて黄金の心三部作ということになるらしいけれども、本編の妻にあっては黄金の心など持ち合わせてはいない。
息子の事故死以前から、すでにはじまっていた心神喪失は、人里離れた森の山小屋でエスカレートしていく。セラピーは功を奏さず、妻は夫を恐怖に陥れていく―。

タイトルのとおり反キリスト的に、男と女が背負った原罪を描きながら、罪深い人類の悪しき様を見せつけられる、いつもながら不快感いっぱいのドラマは、サスペンスといってもいいかもしれない。
モノクロではじまるスーパースローな冒頭の映像美から、やがてグロテスクで邪悪なものへ、痛々しい極限状態まで、サブリミナル効果を使ったりしながら、気を逸らすことなくラストまでひた走る。

いつもながら難解で、妻が頓挫した論文の内容や、息子を無意識のうちに虐待していたらしい真相は分からない。ただ、無神論であっても、宗教まがいの荘厳さをただよわせた重厚さは稀有のもの。
『メランコリア』にも出演しているシャルロット・ゲンズブールの、自然体の狂気のさまがいい。ウィレム・デフォーの苦悩もまた、その顔の深く刻まれた皺におなじく味わいがあった。



『メランコリア』 (2011) デンマーク=スウェーデン=フランス=ドイツ合作
d0235336_23212998.jpg

 巨大惑星の異常接近によって終末を迎えようとしている地球を舞台に、世界の終わりに立ち会うことになった人々の、不安と憔悴を描く―。

冒頭から情緒不安定な花嫁として登場するジャスティン(キルステン・ダンスト)と、正常な姉夫婦ジョン(サザーランド)、クレア(ゲンズブール)の立場が、逆転していくおもしろさ。
まともな精神とはなにか、地球規模の異常事態に陥ったとき、はじめて見えてくる真理の淵にドキッとさせられる。
前作『アンチクライスト』でも印象的だった(と同時にもどかしくもあった)スーパースローで描かれる冒頭は、目を見張る美しさ。地球へと迫る“うつ病”という名の惑星メランコリアはすばらしく幻想的で、いままでにない異色のSF作品といえるかもしれない。
絶望に対してあっさり命を絶つジョンも、理性を完全に失ったクレアも正常な反応であるのなら、滅亡を前に落ち着きを取り戻したジャスティンの静観は、あまりにも異常で、あまりにも羨ましい。
by haru733 | 2013-03-03 00:00 | デンマーク映画 | Comments(0)

月世界旅行 (1902年) / メリエスの素晴らしき映像魔術 (2011年)

d0235336_21232047.jpg
 『月世界旅行』

 ずっと観たかった、映画創成期、史上初のSF作品。魔術師メリエスによるわずか16分のフィルムで、彩色バージョンがスペインで発見されてから長い期間を経て修復され、現代に蘇った名作。

大砲で打ち上げられたロケットが月に到達(突き刺さる)。探検隊は月面人と出会い戦闘を繰り広げるが囚われてしまう。しかし、まんまと脱走に成功した面々は、地球の大海原に見事帰還して群衆の大歓迎を受けるのだった―。

H・G・ウェルズの原作を元に、宇宙旅行など夢のまた夢だった時代、空想力のチカラだけで作り上げたこのシュールな映像世界は、たまらなく魅惑的。
どんなに映像技術が発展しても、二度と作り出すことのできない永久の名作。
単色カラー作品に、『ナポレオン』(1927)というのがあったけれど、フィルムのひとコマひとコマに色を塗った作品を観るのはこれが初めて。昨年同時上映された『メリエスの素晴らしき映像魔術』では、彩色工場の光景も見ることができるので感慨深い。できれば、モノクロのオリジナル版も観ておきたい。

大好きなカレル・ゼマン(1910~1989)作品を思い出したのだけれど、映画創成期に生まれた彼が、いかにSF世界を愛し刺激を受けてきたか垣間見た気がして、うれしくなった。


『メリエスの素晴らしき映像魔術』  セルジュ・ブロンベルグ、エリック・ランジュfilm
d0235336_21233313.jpg

 キネマトグラフのはじまりを丁寧に紹介する、ファンにはうれしいドキュメンタリー。
2001年に偶然発見されたSF映画の原点『月世界旅行』カラーバージョンの修復作業の模様とともに、メリエスの映画魔術に魅せられた映画人へのインタビューを通して、今なお色褪せないその魅力に迫る―。

『月世界旅行』を誕生させたジョルジュ・メリエスの躍進的な活躍と、やがて写実作品に押されて衰退していくその末路。
偶然発見されたカラー版『月世界旅行』の修復作業をベースに、当時の撮影技術やスタジオの再現などをとおして、映画生まれたて時代に想いを馳せる好編。

インタビューを受ける映画人には、コスタ=ガヴラス、ジャン=ピエール・ジュネ、ミシェル・ゴンドリーなど、敬愛するフランス人監督が登場してわくわくした。せんじつの『アーティスト』が記憶に新しいミシェル・アザナヴィシウスもいる。なぜかトム・ハンクスも。
d0235336_21233838.jpg

1885年、フランスのリュミエール兄妹が発明したシネマトグラフに目をつけたメリエスは、当時有名な手品師だった。
500本に及ぶ作品を撮り、第一線で活躍してきた彼は、けれど映画が一大産業となる頃から、衰退の一途を辿る....。
引退後、玩具屋を営む落ちぶれたメリエスの姿を描いたのが、去年、同時期に劇場公開となったマーティン・スコセッシ監督による『ヒューゴの不思議な発明』だ。
『ヒューゴ―』は、映像が美しく、登場する小道具が魅力的で、機械仕掛けのロボットなどかなりステキだったのだけれど、内容はイマイチで、“映画”を描いているのにほとんどワクワクすることがなかった。
映像挿入される、懐かしのロイドやキートンやチャップリンの勇姿には心胸躍っても、大作特有の不感症はいかんともしがたいこのごろ....。

ちなみに、『月世界旅行』『メリエスの素晴らしき映像魔術』はDVDに同時収録ちゅう。
映画愛と叫ばれる『アーティスト』より、何倍も多くワクワクした。             (63min)
by haru733 | 2013-02-06 00:00 | フランス映画 | Comments(0)

宇宙人王(ワン)さんとの遭遇 (2011年) ワンさん嘘つかない

d0235336_22433386.jpg

イタリア、ローマ。中国語翻訳家のガイア(フランチェスカ・クティカ)のもとに、同時通訳を依頼する緊急の電話がかかってくる。仕事内容も場所も機密として目隠しで連れてこられたのは真っ暗な地下室。ワンさんと呼ばれる男性への厳しい尋問を通訳していくガイアだったが―。

マルコ&アントニオ・マネッティ兄弟監督によるインディーズムービー。
イタリア映画のSFは、ほとんど観たことがない。そもそも中国語を操るという宇宙人も見たことないが、その理由が「世界一多く話されている言語だから」と答えるワンさんにすこし笑った。
ワンさんは常に低姿勢、まるで拷問のような取り調べにも真摯に答える。

突然の状況下に怯えるガイアに、追い討ちをかけるように、暗闇からの照明点灯。通訳の相手が完全に地球上のものじゃないワンさんを見て腰を抜かすガイアだったが・・・・苦痛に顔を歪めながらも誠実に応答を繰り返す彼に、いつしかたったひとり味方となっていく。

果たして宇宙人ワンさんの目的はなんなのか。光る装置の正体はなんなのか―。
うすうす感づいてしまうものの、驚愕のオチが待っている。

中国(アジア)への偏見ありあり。ワンさんが聞き分け良く低姿勢であること自体、かなりシニカルだったりする。中国語のやかましいイメージ覆すワンさんの抑えた対応と相反するように、軍関係者たちは非人道的で酷い。
しかし、そんなワンさんが時々耐え切れなくなって、ぶぅんわーー!とエラのようなものを出して威嚇するところはとっても怖い。
ギリギリの取調室から助けを求めて逃げ出すガイアが、命懸けで見たものは、ありえない光景だった―。

いかにも低予算の画面のなかで、失笑と賞賛をかうワンさんの造型が最高。
とはいいながら、、半ドンの仕事を終えた昼下がり、ひさしぶりに映画館でうとうとしてしまった。 (83min)
by haru733 | 2013-01-17 00:00 | イタリア映画 | Comments(0)

ロボット (2010年) ボリウッド発、奇想天外超大作 

d0235336_8324598.jpg

 ことしの最初のトンデモ映画は、ボリウッド映画の歌って踊るエンタテイメント・アクション超大作。
天才博士が開発した自分に瓜二つのロボットが、博士の恋人サナに恋してしまい、やがて世界の脅威となる大暴走を繰り広げていく―。

インドのスーパースター、ラジニカーント演じるロボットが(博士と二役)、サナに恋してからの超展開がすごい。ありえねー。のコピーでヒットしたのはチャウ・シンチーの『カンフーハッスル』だけれど、いやはやこっちも「ありえねー」。

国内で大ヒットしたCG満載の超大作とはいえ、インド独特の民族性が好きな外国人には味気なく感じてしまうのかもしれない。インド映画に期待しているのは、昔ながらの歌でありダンスでありキッチュさ。
ここまで途方もない世界観を惜しげなく披露されても、似たようなSFはハリウッドにごまんと転がっているのだから。
d0235336_8325183.jpg

インドの混沌が、いつか近代化によって薄れてしまうのは寂しい、いつまでもそのままで・・・・なんて利己的な希望と知りながら、おもう。この『ロボット』を観ていたらなおさらに。
同じように、昔のチャンバラ映画が好きだった外国人ファンは、近ごろ日本映画は変わったな・・・と寂しい思いをしているのかもしれないな。国ごとのカラーは映画を観る上でとても大切。
d0235336_832584.jpg

それにしてもすげぃ。とんでもなさすぎてすんげぃ。
ラジニカーント氏がどんなに大スターだろうと、勢ぞろいした姿はウンパ・ルンパ。

(監督 シャンカール/139min)
by haru733 | 2013-01-13 00:00 | インド映画 | Comments(2)

吸血鬼ゴケミドロ (1968年)

d0235336_16231941.jpg すてきなネーミングに惹かれて、松竹の怪奇SFを鑑賞。

(あらすじ) 旅客機が空飛ぶ光体と遭遇、計器が狂い岩山に不時着した。乗客たちはからくも一命を取り留めたかに思われたのだが、乗客の一人は、吸血宇宙生物ゴケミドロに身体を乗っ取られていたのだった・・・・。

特撮つながりか仮面ライダーのような茶色の岩場で繰り広げられる、宇宙生命体による地球侵略。アメーバ状のゴケミドロは、旅客機の乗客のひとり、殺し屋(高英男)に入り込み、生き残った彼らを襲う、、!
一時代を偲びながら、そっと笑って見るのが一番。いまとなってはすごい描写がいっぱいで、それに輪をかけるように、DVD特典には、カウチ・コメンタリーと称して樋口真嗣監督×みうらじゅんによる愛ある毒舌トークが収録されているので、再見する際はカウチバーションで再生するのもたのしい。
『マタンゴ』を彷彿とさせるエゴのオンパレード。エロスはホラーと切ってもきれない関係というけれど、無意味にエロティックな場面が多かった。ゴケミドロに寄生されたおでこの傷なんか、みうらじゅんさん曰く見ようによってはかなりエロかったりする。

d0235336_16233645.jpgd0235336_16232298.jpg














気がつけば高英男氏の画像ばっかり(笑) 体を乗っ取られただけで、この人が宇宙人なわけではないのだが、本業の“シャンソン歌手”という経歴さえ忘れさせる怪演がすごい。吸血場面の目力はタダモノでない独壇場。
d0235336_16235612.jpg画像を探していて見つけたゴケミドロ・フィギュアも、いまだに愛されキャラであることを偲ばせる。

右は、人形が代役を務めた、額の割れ目から寄生するシーン。アナログ時代の貴重なあじわいだ。
人類滅亡を匂わせるラストといい、この時代のSFはなんともおもしろい。

(監督 佐藤肇/84min)
by haru733 | 2012-08-27 22:50 | 日本映画 | Comments(0)

SPACE BATTLESHIP ヤマト (2010年)

d0235336_16505840.jpg
 この週末、熱だして寝こみながら観たDVD。

「宇宙戦艦ヤマト」は世代がずれていて、TV放送では見たことがないので、愛着は皆無。
内容もこのたび初めて知って、スケール大きな話だったんだなーと夢中になるファンの気持がちょっとだけわかったのでした。CGを使いまくって宇宙空間や戦闘場面をかなりリアルに映像化しています。

主役の木村拓哉はいたってふつう。黒木メイサちゃんはよかったです、ノックアウトされる気持ちわかる。
私的には、このての作品には緒形直人氏が一等似合うとおもっています。スーツ姿が激マッチ。
北京原人』のイメージが強烈に刷り込まれたせいでしょうか。
よくも悪くも、隊員の顔ぶれなどアメリカナイズされていて、ありがちな自己犠牲にがっかりもせず、2時間超飽きずにたのしむことができました。

(監督 山崎貴 / 138min)
by haru733 | 2011-10-31 20:49 | 日本映画 | Comments(0)


映画,読書,山,古物をめぐる―日々のきろく


by haru733

更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
日常



旅行
おでかけ
雑貨
鑑賞
映画index
ポーランド映画
スペイン映画
フランス映画
イギリス映画
イタリア映画
ドイツ映画
トルコ映画
ブルガリア映画
アメリカ映画
日本映画
多国合作映画
韓国映画
中国映画
香港映画
ノルウェー映画
フィンランド映画
デンマーク映画
スウェーデン映画
ロシア・ソ連映画
オーストリア映画
カナダ映画
オランダ映画
ベルギー映画
キルギス映画
ギリシャ映画
スイス映画
アルバニア映画
セルビア映画
南アフリカ映画
インド映画
インドネシア映画
イラン映画
メキシコ映画
ウルグアイ映画
ニュージーランド映画
ポルトガル映画
アイルランド映画
ボスニア=ヘルツェゴビナ映画
ルーマニア映画
モノローグ
脱原発

記録

タグ

(172)
(109)
(82)
(69)
(68)
(59)
(56)
(54)
(46)
(28)
(28)
(26)
(23)
(23)
(22)
(22)
(16)
(16)
(14)
(13)

最新の記事

『記憶の絵』 森 茉莉
at 2015-03-16 22:05
悪魔憑き考 『汚れなき祈り』..
at 2015-03-07 13:16
U Want Me 2 Ki..
at 2015-03-07 09:55
わたしはロランス (2012..
at 2015-03-06 12:41
アメリカン・スナイパー (2..
at 2015-03-06 09:53
市民ケーン (1941年) ..
at 2015-02-23 09:49
ゆうばり国際ファンタスティッ..
at 2015-02-22 21:41
『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ
at 2015-02-22 16:00
藻岩山 *冬
at 2015-02-19 18:00
ありがとう
at 2015-02-15 22:08

最新のコメント

はじめまして 映画に詳..
by ミキ at 18:11
このごろの暖かさ、いつか..
by haru733 at 21:04
昨日は穏やかな良い天気で..
by kanae at 17:04
あのシチュエーションで飛..
by haru733 at 21:24
おかえりなさいませ。 ..
by kanae at 19:51
あけましておめでとうござ..
by haru733 at 22:07
あけましておめでとうござ..
by kanae at 08:01
Merry X'mas☆..
by haru733 at 22:22
merry christ..
by kanae at 23:46
こんばんは。手放しにおも..
by haru733 at 21:35

ブログパーツ

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
more...

フォロー中のブログ

はなももの別館
ジャックの談話室
salvage anti...
古本とビール アダノンキ
手製本工房 O塾  
Собака и Кошка
やぁやぁ。
OSOに恋をして

ライフログ


麦ふみクーツェ


掏摸(スリ) (河出文庫)


話を聞かない男、地図が読めない女


図書館の神様


爪と目